ニュース速報

ビジネス

中国、金融リスク管理で人民銀の役割拡大へ=国営テレビ

2017年07月17日(月)12時47分

 4月15日、中国の習近平国家主席は、中国全国金融工作会議で、国内金融市場のシステミックリスクを管理する中国人民銀行(中央銀行)の役割を拡大する方針を明らかにした。写真は中国人民銀行、2013年6月北京で撮影(2017年 ロイター/Jason Lee)

[北京/上海 16日 ロイター] - 中国の習近平国家主席は、中国全国金融工作会議で、国内金融市場のシステミックリスクを管理する中国人民銀行(中央銀行)の役割を拡大する方針を明らかにした。

国営テレビの中国中央電視台(CCTV)が15日、伝えた。

国務院(内閣に相当)の管轄下に金融安定委員会を設置し、金融リスクを管理する人民銀行の役割を拡大、規制当局間の結束を強化するという。

習主席は、会議で「われわれは、人民銀行のマクロプルーデンス管理とシステミックリスク回避の役割を強化する」と発言。規制当局の説明責任や当局に対する監督も強化するとした。また、金融セクターにおける中国共産党のリーダーシップを強化すると付け加えた。

金融安定委員会の詳細や、人民銀行の役割がどのように強化されるのかについては明らかにされていない。

同会議では人民銀行が金融リスク管理で、国内主要規制当局である銀行業監督管理委員会(銀監会)、証券監督管理委員会(CSRC)、保険監督管理委員会(保監会)との連携をいかに改善できるかが焦点になるとみられていた。

投資家らは金融システムの異なる分野を監督する規制当局を統合して1つの大きな監督機関を設立する案を支持しているが、そうした体制改革が近く行われる兆しはないようだ。

習主席はまた、国内経済におけるデレバレッジを推し進めると指摘。国有企業の債務比率を引き下げることが最も差し迫った課題だと述べた。

さらに、新規の地方政府債務を厳格に管理するほか、インターネット金融の監視も強化するとした。

会議には李克強首相も出席し、穏健な金融政策を維持し、流動性を基本的に安定させつつ適切なクレジットの伸びを実現すると表明した。

上海の投資助言会社、Kaiyuan Capitalのマネジングディレクター、ブロック・シルバーズ氏は「システミックリスクを軽減しようという中国の計画は称賛に値する一方で、中国共産党第19回全国代表大会を控えたポーズの側面も大きい。規制当局は具体的な措置を公表しておらず、党大会前に公表することもおそらくないだろう。しばらくは一元化された規制当局の創設といった大きな変化はないのではないか」と述べた。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2017 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

中国人民銀次期総裁、劉鶴政治局委員が最有力=関係筋

ビジネス

米政権、北朝鮮に大規模な制裁 船舶・海運会社など対

ビジネス

アングル:欧州企業の業績上振れ鮮明、通期2桁増益予

ビジネス

日産とDeNAが実証実験、「技術革新の先」の移動サ

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷なぜ?

  • 2

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結弦と真逆の演技はこれだ

  • 3

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 4

    仮想通貨クライシス、それでも成長は止まらない

  • 5

    思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユ…

  • 6

    銃乱射の被害者を訪問したトランプ、ご機嫌で大顰蹙…

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    オランダのスケート選手「犬を大切にして」に韓国ネ…

  • 9

    10年目の「ふるさと納税」に逆風 返礼品に頼らない…

  • 10

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷なぜ?

  • 3

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結弦と真逆の演技はこれだ

  • 4

    思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユ…

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    仮想通貨バブルの崩壊で、腐ったリンゴを取り除け

  • 7

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 8

    オランダのスケート選手「犬を大切にして」に韓国ネ…

  • 9

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 10

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通…

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷な…

  • 7

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 8

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 9

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 10

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!