ニュース速報

ビジネス

ドル116円台に続落、米指標弱く=NY市場

2016年02月05日(金)07時21分

 2月4日、終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが円やユーロに対して大幅に下落した。2014年10月撮影(2016年 ロイター/Philippe Wojazer)

[ニューヨーク 4日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが円やユーロに対して大幅に下落した。前日のニューヨーク連銀のダドリー総裁によるハト派的発言や最近の弱い米経済指標で、米連邦準備理事会(FRB)の今年の利上げについて懐疑的な見方が広がっている。この日発表された12月の米製造業新規受注も1年ぶりの大幅マイナスとなり、ドル売りが継続した。

ドル/円は1%超下げ、約2週間ぶり安値の116.525円に下落。ユーロ/ドルも1%以上値を上げ、15週間ぶりとなる1.1239ドルの高値を付けた。

またドル/スイスフランは、約3週間半ぶり安値の0.9921スイスフランまで売られ、これも1%超の下げだった。

その結果ドルの主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は、約15週間ぶり安値の96.259に下落。1日の下げ幅としては2カ月間で最大となった。

今年の市場はおおむねFRBの金融引き締めと、欧州中銀(ECB)や日銀の追加緩和の見通しのもとドル高のシナリオで始まったが、クレディ・スイス(ニューヨーク)でFX戦略部門のグローバル責任者を務めるシャハブ・ジャリヌース氏はそれについて「修正を迫られている」と指摘する。

投機筋はドルの持ち高を減らしている。米商品先物取引委員会(CFTC)が発表したIMM通貨先物の非商業(投機)部門の取組をもとに、ロイターが試算したドルの買い持ち額は1月26日終了週で238億5000万ドルとなり、5週連続で減少した。

またCMEフェッドウォッチによると、フェデラルファンド(FF)金利先物市場でのFRBの3月利上げ織り込み度はわずか10%で、年内の利上げ織り込み度も41%となっている。昨年12月には、FRB当局者は今年4回の利上げを行うとの見通しを示していた。

市場は5日発表の1月の米雇用統計に注目している。「市場は弱い数字を望んでいるわけではなく、それに耐える余裕もない」とみるTJMブローカレジ(シカゴ)の外為共同責任者・リチャード・スカローン氏は、数字が悪ければユーロ/ドルは1.14ドルに向かうとの見通しを示した。

ドル/円 NY時間終値 116.68/116.73

前営業日終値 117.85

ユーロ/ドル NY時間終値 1.1207/1.1211

前営業日終値 1.1101

*内容を追加しました

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

日経平均は6日ぶり小反落、半導体関連株売られる

ビジネス

ドル107円後半、実需のドル買いなど受け

ビジネス

JGB残高減らしていく=18年度あいおいニッセイ同

ワールド

進退考えず、調査しないと何とも言えない=麻生財務相

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能潜水艦が見つかる 

  • 3

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 4

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 5

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 6

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    ナゾの天体「オウムアムア」の正体 これまでに分か…

  • 9

    米中貿易戦争は中国に不利。習近平もそれを知ってい…

  • 10

    怖くて痛い虫歯治療に代わる、新たな治療法が開発さ…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    アメリカの2度目のシリア攻撃は大規模になる

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    フェイスブックはなぜ全米を激怒させたのか

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 10

    4年前に死んだ夫婦に赤ちゃん誕生! 中国人の祖父母…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    金正恩がトランプに懇願か「あの話だけはしないで欲…

日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!