ニュース速報

ビジネス

ホンダ、10―12月期営業利益22%減 タカタのリコール費用追加

2016年01月29日(金)19時31分

 1月29日、ホンダは2016年3月期の連結業績予想(国際会計基準)について、売上高を前期比9.2%増の14兆5500億円になる見通しと発表した。従来予想から500億円下方修正した。写真は都内で27日撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 29日 ロイター] - ホンダ<7267.T>は29日、2015年10―12月期の営業利益が前年同期比22.3%減の1630億円だったと発表した。為替の影響のほか、品質関連費用を含む販売管理費の増加が響いた。タカタ<7312.T>製エアバッグのリコール(回収・無償修理)費用も膨らんだ。

トムソン・ロイターのスターマイン調査によるアナリスト10人の10―12月期営業利益の予測平均値は1992億円で、実績は市場予想を下回った。同期の売上高は同3.4%増の3兆6172億円、純利益は同18.5%減の1241億円だった。

竹内弘平常務は会見で、16年3月期通期の売上高に占める品質関連費用の割合が2.2%に増えるとの見通しを明らかにした。従来は前期並みの1.9%を見込んでいたが、15年10―12月期にタカタ製エアバッグ部品によるリコール費用を追加計上した。

岩村哲夫副社長によると、追加したタカタ関連リコール費用の対象台数は約500万台。リコールが拡大するなか交換部品の不足が懸念されているが、「足りている機種と足りていない機種がある」と語った。また、ホンダが独自に実施しているエアバッグの異常破裂の原因究明調査の報告が出る時期については「もう少し(時間が)かかると思うが、今年いっぱい待つことはできない」と述べた。

ホンダ広報は、タカタが29日午前に自動車メーカー各社を集めて開いた会合にホンダが出席したことも明らかにした。ただ、タカタを支援するかどうかなど会合での詳細については言及を避けた。

<二輪低迷で今期売上高予想を下方修正>

16年3月期の連結業績予想は売上高のみ下方修正した。売上高予想は前期比9.2%増の14兆5500億円。二輪車の世界販売見通しが想定より下振れるため、従来予想の14兆6000億円から500億円引き下げた。今期の二輪車の世界販売計画は従来の約1751万台から1719万台に減らした。

今期利益予想は従来通りで、営業利益は同2.1%増の6850億円、純利益は同3.1%増の5250億円を見込む。今期の前提為替レートは1ドル=120円とし、従来の118円から見直した。

今期の四輪車の世界販売計画は473万5000台と従来から5000台上積みした。日本は67万5000台(従来は69万台)と引き下げたが、アジアは173万台(同170万5000台)へと引き上げた。北米は従来のまま191万台とした。

*内容を追加しました。

(白木真紀 編集:山川薫)

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

UDが30年までに電動トラック量産化へ、ボルボ内で

ビジネス

オープン外債、ドル100─105円の押し目捉え増額

ビジネス

焦点:金融庁報告書、地銀統合ありきの声 脱落した日

ワールド

トランプ米大統領、年央に訪英へ=英紙

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    中国市場依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖

  • 2

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 3

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 4

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 5

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 6

    空自F2後継機、米ローキードがF22・35ベースの開発打…

  • 7

    対北朝鮮融和に一直線、韓国文政権の「検閲」が始ま…

  • 8

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 9

    世界で50年ロングセラーのバッグが、なぜ今の日本人…

  • 10

    韓国で後を絶たないパワハラ事件 SNSでさらに表面化

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 10

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!