ニュース速報

ダウ800ドル安、長短金利逆転で景気後退懸念

2019年08月15日(木)06時26分

[ニューヨーク 14日 ロイター] - 米国株式市場は大幅安となり、主要3指数は揃って約3%下落した。ダウ工業株30種は800.49ドル安で終了し、下げ幅は2018年10月以降で最大だった。米国債の長短金利が12年ぶりに一時逆転したことを受け、景気後退懸念が高まった。

景気後退(リセッション)入りの兆候とされる長短金利の逆転に加え、ドイツと中国の経済指標が軟調となったことで、米中貿易戦争や英国の欧州連合(EU)離脱のほか、地政学的な緊張の高まりにより世界経済が減速しつつある可能性が示唆された。

ホライゾン・インベストメント・サービシズ(インディアナ州)の最高経営責任者(CEO)、チャック・カールソン氏は「今日はマイナスのニュースばかりで、プラスのニュースはほとんどなかった」と指摘。「(9月初旬の)レーバーデー(労働者の日)後までこうした状況は続く」との見方を示した。

こうした中、「恐怖指数」とも呼ばれるシカゴ・オプション取引(CBOE)のボラティリティー・インデックス(VIX指数)は22.10と、4.58ポイント上昇した。

S&P500の主要11部門はすべてマイナス圏で終了。金利動向に敏感な銀行株<.SPXBK>が4.3%下落したほか、エネルギー<.SPNY>、金融<.SPSY>、素材<.SPLRCM>などが3%を超える下落となった。

個別銘柄では百貨店メーシーズが13.2%安。第2・四半期(8月3日まで)決算は利益が2年ぶりに市場予想を下回り、通期利益見通しを下方修正した。他の百貨店ではノードストロームが10.6%安、コールズが11.0%安で終了した。

製薬のマイランは8.5%安、テバ・ファーマシューティカルの米市場上場株は10.5%安。米下院監視・政府改革委員会の指導部はこの日、議会が進めるジェネリック(後発医薬品)の価格高騰を巡る調査の一環で、マイラン、テバ・ファーマシューティカル、ヘリテージ・ファーマシューティカルズの3社に文書の提出を求めた。

フェイスブックは4.6%安。欧州連合(EU)の規制当局が利用者の音声データの文字起こしを巡り調査を行っていると伝わったことが売り材料となった。

ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を4.44対1の比率で上回った。ナスダックも5.33対1で値下がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は86億8000万株。直近20営業日の平均は74億7000万株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 25479.42 -800.49 -3.05 26035.0 26035. 25471. <.DJI>

8 08 59

前営業日終値 26279.91

ナスダック総合 7773.94 -242.42 -3.02 7877.33 7900.2 7762.8 <.IXIC>

8 7

前営業日終値 8016.36

S&P総合500種 2840.60 -85.72 -2.93 2894.15 2894.1 2839.6 <.SPX>

5 4

前営業日終値 2926.32

ダウ輸送株20種 9842.40 -306.28 -3.02 <.DJT>

ダウ公共株15種 818.21 -7.03 -0.85 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1442.54 -47.12 -3.16 <.SOX>

VIX指数 22.27 +4.75 +27.11 <.VIX>

S&P一般消費財 906.10 -29.36 -3.14 <.SPLRCD>

S&P素材 348.25 -11.72 -3.26 <.SPLRCM>

S&P工業 614.04 -18.95 -2.99 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 602.63 -9.71 -1.59 <.SPLRCS>

S&P金融 430.82 -15.90 -3.56 <.SPSY>

S&P不動産 234.23 -3.75 -1.58 <.SPLRCR>

S&Pエネルギー 416.27 -17.88 -4.12 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 1029.94 -30.04 -2.83 <.SPXHC>

S&P通信サービス 161.67 -5.11 -3.07 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1347.85 -43.24 -3.11 <.SPLRCT>

S&P公益事業 304.99 -2.89 -0.94 <.SPLRCU>

NYSE出来高 10.65億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物9月限 ドル建て 20125 - 455 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物9月限 円建て 20120 - 460 大阪比 <0#NIY:>

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる韓国でベテラン俳優が問題提起

  • 2

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査 莫大な損失の恐れ

  • 3

    韓国で広がる東京五輪不参加を求める声、それを牽制する韓国政府

  • 4

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 7

    過熱する韓国キッズ・ユーチューバー ベンツ運転から…

  • 8

    香港デモと中国の対立が台湾に飛び火、三つ巴の緊張…

  • 9

    韓国、日本との軍事情報協定破棄へ 米国防総省「強い…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安倍政権批判集会以上が参加か

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 5

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 8

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 9

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 9

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

  • 10

    「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!