ニュース速報

英ポンド、労働党政権なら上昇=影の財務相

2019年07月16日(火)12時19分

[ロンドン 14日 ロイター] - 英野党・労働党で「影の財務相」を務めるジョン・マクドネル議員はサンデー・タイムズ紙に対し、総選挙で労働党が勝利すれば、ポンドが上昇すると予想、資本流出の引き金になることはないの見方を示した。

英国では欧州連合(EU)離脱を巡る政治的な混迷を受けて、総選挙の早期実施観測が浮上。与党・保守党の支持率は低下しており、以前は可能性が低いとみられていた労働党政権の発足を予想する声も出ている。

マクドネル議員は、労働党のコービン党首の右腕。

マクドネル議員は、新税の導入、国有化、大規模投資の計画について、市場がパニックに陥ることはないだろうと発言。「どちらかと言えば、我々が示した計画の結果を受けてポンドが上昇すると思う」と述べた。

労働党は、合意なき離脱に反対。保守党のボリス・ジョンソン前外相が首相に就任し、EUと離脱協定を締結した場合は、国民投票を実施し、EU残留を訴える方針だが、労働党が政権に就いた場合、EU離脱を完全に撤回するかどうかは決定していない。

市場では、社会主義者のコービン氏が2015年に労働党党首に就任して以降、同氏の計画が導入されれば、不透明感が増し、国内経済が混乱するとの懸念が浮上している。

マクドネル氏は2017年、同氏の計画で資本流出やポンド安が進むとは考えていないとしながらも、そうした事態に備えた「シナリオ立案」が必要だと発言。その後、同氏の経済計画を巡り市場関係者と定期的に会合を開いている。

マクドネル氏は「自分たちの計画がどのようなものになるかを把握している。市場も事前にしっかり把握し、適切に反応するだろう。資本流出をベースにするようなものにはならないだろう」と述べた。

労働党は、株式と交換に債券を発行して水利事業や郵便事業などを国有化することを計画。10年間にわたって5000億ポンドの公共投資を実施する計画の概要も示している。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済にもマイナス 日韓関係の回復を強く望む

  • 2

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 3

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    乳がん細胞を脂肪細胞に変えることに成功:バーゼル…

  • 6

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 7

    日本人が知らない監視社会のプラス面──『幸福な監視…

  • 8

    韓国航空業界に再編の荒波 アシアナは投資ファンド…

  • 9

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 10

    トランプはなぜ極寒のグリーンランドが欲しいのか

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    世界が知る「香港」は終わった

  • 9

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 10

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

  • 9

    「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!