ニュース速報

正午のドルは108円後半、米長期金利の持ち直しで6日ぶり高値

2019年06月17日(月)12時14分

[東京 17日 ロイター] - 正午のドル/円はニューヨーク市場午後5時時点(108.55/58円)に比べ、若干ドル高/円安の108円後半。

米長期金利の持ち直しを受けて、一時108.71円と6日ぶりの高値をつけた。

ただ、米国を巡るリスクは、中国との貿易摩擦に加え、対イラン問題も加わり、広がる一方で、外為市場では買うべき通貨が見当たらないなか「渋々ドルを買っている状況」(FX会社)だという。

米10年国債利回りは現在2.1098/1081%付近。同利回りは一時2.1133%と、早朝の2.0821%から持ち直して上昇した。

上昇の背景は「(短期筋が)複数回の米早期利下げを織り込み過ぎたため、FOMC(米連邦公開市場委員会)を控えて若干のポジション調整的な売りが出た」(外国銀)ためとみられる。

多数のプライマリーディーラー(米公認政府証券ディーラー)はFRBが今夏から利下げを開始すると予想しているが、ゴールドマンと他の数社のプライマリーディーラーは企業活動や消費者動向が大幅に悪化しない限り、早期の利下げはないとみる。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

米金融システムは安定、低金利や暗号資産にリスク=F

ビジネス

米SECがウィーワークを調査、IPO準備で違反の可

ワールド

前ウクライナ米大使、解任は「理解できず」 弾劾調査

ビジネス

NY州製造業業況指数、11月は低下 予想下回る

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 2

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の漁船員2人を強制送還

  • 3

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 4

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 5

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 6

    200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

  • 7

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 8

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

  • 9

    北朝鮮、安倍晋三を「愚かで性悪」と罵倒 外交でも…

  • 10

    母親に育児放棄されたチーターが、犬の「代理きょう…

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 9

    ラグビー場に旭日旗はいらない

  • 10

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!