ニュース速報

欧州投資に慎重、ECBの対応不十分=ブラックロック

2019年05月17日(金)01時32分

[ストックホルム 16日 ロイター] - 米資産運用大手ブラックロックの幹部、イザベル・マテオスイラゴ氏は、欧州には財政政策に制約がある上、欧州中央銀行(ECB)の対応が不十分かつ時期を逸しているとみられるため、欧州への投資に慎重になっていると述べた。

マテオスイラゴ氏は「米国がショックに見舞われれば、米連邦準備理事会(FRB)は利下げし、追加の財政刺激策が行われるだろう。ただユーロ圏を見ると、ECBはできることをしているが、さらに多くのことができるかと問われれば、その答えはノーだ」と指摘。「ECBの政策対応は、よく見積もっても不十分で時期を逸しているだろう。また財政面での対応は施行中の規制によって制約を受けている。これが欧州に慎重になる理由だ」と述べた。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング