ニュース速報

トヨタとパナソニック、EV向け電池で新会社=関係筋

2019年01月20日(日)19時16分

[東京 20日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>とパナソニック<6752.T>は、2020年に電気自動車(EV)向けなど車載用電池を生産する新会社を共同で設立する方針を固めた。週内にも発表する。複数の関係筋が明らかにした。

世界的に環境規制が強まる中、市場の拡大が期待できるEV向け電池を共同で手掛けることでコスト競争力を高め、台頭する中国勢などに対抗する。

新会社にはトヨタが51%、パナソニックが49%を出資する方向で調整している。パナソニックは米EVメーカー、テスラ向け以外の生産設備の多くを新会社に移管する。

20年代前半から、新会社でEV向け電池の量産を本格化させる。新会社は、EVの基盤技術の開発で提携しているマツダ<7261.T>やSUBARU(スバル)<7270.T>などにも電池を供給する可能性がある。

トヨタとパナソニックは17年12月、EV向けなど車載用角形電池事業について、協業の可能性を検討することで合意。トヨタは同時に、電動車の販売を30年をめどに年間販売台数の約半分まで引き上げる計画を打ち出した。EVと燃料電池車で100万台、ハイブリッド車とプラグインハイブリッド車で450万台の計550万台の電動車販売を目指す。

合意発表当時から、検討する内容には電池の生産も含まれており、両社の広報担当者は「両社が合意した車載用角形電池事業の協業について、検討を進めている」と述べるにとどめた。

(志田義寧、白木真紀 取材協力:山崎牧子 編集:田巻一彦)

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    日本の重要性を見失った韓国

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 10

    「韓国の反論は誤解だらけ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!