最新記事

映画

『スター・ウォーズ』最新作は、映画界を新たな銀河に導く最高傑作

A Bold New Vision

2017年12月28日(木)10時20分
サム・アダムズ

magc171228-sw02.jpg

© 2017 LUCASFILM LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

光と闇の間で揺れ動く心

その芸術的なまでに美しい戦闘シーンや、印象的な殺陣(たて)は、ルーカスが『スター・ウォーズ』のアイデアの基にしたという黒澤明監督の『隠し砦の三悪人』(1958年)や、スローモーションによる銃撃戦が印象的だったサム・ペキンパー監督の『ワイルドバンチ』(1969年)を彷彿させる。

シリーズ前作『フォースの覚醒』は、ファンを喜ばせる仕掛けを巧みに盛り込み、新たなキャラクターを加えつつ、オリジナル3部作に限りなく忠実に寄り添っていた。ジョンソンはその両方をやりつつ、映画界全体にとってさえ純粋に新しいと思わせる要素を『最後のジェダイ』に盛り込んだ。

フォースの力が覚醒しつつあるレイ(デイジー・リドリー)は、世捨て人のようになったジェダイ、ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)を発見。銀河を脅かすファースト・オーダーとの戦いに力を貸してほしいと頼むが、過去の失敗に苦しむルークは首を縦に振らない。

亡き暗黒卿ダース・ベイダーを崇拝するカイロ・レン(アダム・ドライバー)は、ファースト・オーダーの最高指揮者スノークに認められようとハックス将軍と競い合うが、その心は光と闇の間で揺れ動く。

レジスタンスでは、血気盛んなパイロットのポー・ダメロンがファースト・オーダーを攻撃すべきだと主張して、レイア将軍やホルド中将と衝突する。元ストームトルーパーのフィンは整備士ローズと出会い、ファースト・オーダーの追跡機能を無効化できる人物を探す旅に出る。

さまざまなストーリーが同時進行するため、中盤あたりで少々疲れてしまう観客もいるかもしれない。だがそれもやがて撮影監督スティーブ・イェドリンによる目の覚めるような(時にエレガントでさえある)映像に圧倒されて、吹き飛んでしまうだろう。

レイアを演じたキャリー・フィッシャーは、本作の撮影終了後に死去した。映画製作は編集段階にあったから、ジョンソンはレイアを急死させることもできたはずだが、当初のシナリオどおりの展開を維持した。

ニュース速報

ワールド

EU、制裁逃れ巡り一部の北朝鮮国民を渡航禁止などの

ワールド

中国、WTO加盟巡る米見解に反論 「米国こそ世界貿

ワールド

米下院がつなぎ予算を可決、政府機関再開へ

ビジネス

アングル:ドル急落の背景と今後の見通し

MAGAZINE

特集:科学技術大国 中国の野心

2018-1・30号(1/23発売)

豊富な資金力で先端科学をリードし始めた中国 独裁国家がテクノロジーを支配する世界

*雪による配送遅延について

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開発に光が!?

  • 3

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 4

    「骨タイプのおやつ」で死亡する犬が急増 米政府機…

  • 5

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 6

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 7

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 8

    欧州初、ドイツで寄生虫の卵のサプリメントが合法的…

  • 9

    モランボン楽団団長、まるでメラニア夫人と韓国騒然

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 6

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 7

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 8

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

  • 9

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 10

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 6

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 7

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 8

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 9

    ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

  • 10

    iPhoneXは期待外れ

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月