最新記事

監督インタビュー

『ダンシング・ベートーヴェン』の舞台裏

2017年12月26日(火)10時20分
大橋 希(本誌記者)

(C)Fondation Maurice Bejart, 2015

<ベジャールのバレエ「第九」の舞台製作プロジェクトを追いかけたドキュメンタリー『ダンシング・ベートーヴェン』の監督アランチャ・アギーレが語る舞台の深淵なテーマ>

日本で年末になるとよく演奏されるのが、ベートーヴェンの「第九」こと「交響曲第九番」。この曲にバレエを融合させる大胆なアイデアを実現したのが、今は亡き振付家のモーリス・ベジャールだ。その「交響曲第九番」は総勢80人あまりのダンサーとオーケストラ、合唱団による圧巻の舞台。14年には東京バレエ団とモーリス・ベジャール・バレエ団の共同制作で上演がされたが、そのプロジェクトを追いかけたドキュメンタリーが『ダンシング・ベートーヴェン』だ(日本公開中)。

舞台が完成するまでのダンサーや関係者の努力だけでなく、生と死や人生といった幅広いテーマをみせてくれる。アランチャ・アギーレ監督に話を聞いた。

***


――まず、ベジャールのバレエはどこが特別なのだろうか。

ダンスに知性を持ち込んだのがベジャール。彼は思想や感情というものをダンスによって伝えようとした。ダンスのスピリチュアリティを回復させた人でもある。ダンスはもともと宗教に関係し、精神的なものを持っていたが、歴史を経るなかで形式的、装飾的なものが重視されるようになっていった。その中でベジャールはもう一度スピリチュアルなものに回帰しようとした。

――「第九」の舞台ではさまざまな国のダンサーが踊るが、そもそも人種の多様性はベジャールのバレエ団の特徴でもある? 

その通り。例えばパリのオペラ座バレエ団などではダンサーの90%はフランス人だが、ベジャールのバレエ団は設立当初からあえてさまざまな国籍、人種の人を集めている。彼は世界中の文化に興味を持っていた。今はそうしたバレエ団は他にもあるが、ベジャールがパイオニアの1人だった。

まさにそうしたバレエ団だからこそ、「第九」と完璧に合っている。第4楽章の「歓喜の歌」はシラーの詩が歌詞に使われているが、そこでは「人類は兄弟だ」と歌われている。

――12世紀の修道士の話と、ベジャールの舞台で表現される「円」について触れたプロローグが印象的だった。

ベジャールはいつも宗教的なモチーフを取り入れていたし、「円」は彼のお気に入りのモチーフだ。ダンスは円である、と考えていた。

原始の踊りは円を基本としていたが、それが変わったのがフランスのルイ14世(太陽王)の時代。ルイ14世は今日のクラシックバレエを確立したが、その頃には円を2つに割って現在のような舞台の形、つまり正面だけを向いて踊るスタイルになった。

それをベジャールがもう一度、「ダンスは円である」という原点に回帰させた。ある意味でけがを治したというか、損なわれていたものを回復させた。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、ダボス会議で対米投資呼びかけへ 公正な

ワールド

都内で初の弾道ミサイル避難訓練、東京ドーム周辺で約

ワールド

米上院、つなぎ予算案採決延期 政府機関の閉鎖本格化

ワールド

アングル:米政府閉鎖で何が起きるか、想定される影響

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 3

    アルツハイマー病に効く? 意外な薬

  • 4

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 5

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 6

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新…

  • 7

    アメリカの「政府機関閉鎖」と「債務上限問題」の基…

  • 8

    激怒する韓国選手も 北朝鮮と平昌五輪統一チーム結…

  • 9

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 10

    期待に応えず、他人に期待しないほうがうまくいく理由

  • 1

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 4

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 5

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 6

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 7

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 8

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 9

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 10

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 5

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 6

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 7

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 8

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 9

    ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

  • 10

    iPhoneXは期待外れ

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月