最新記事

サイバー攻撃

北朝鮮がフィッシング攻撃、米電力会社が標的に

North Korea Targets U.S. Companies Using Spear-phishing Emails

2017年10月12日(木)16時30分
クリスティアナ・シルバ

米電力会社へのフィッシングは北朝鮮の本格的なサイバー攻撃の前哨か Jo Yong hak-REUTERS

<米朝間の緊張が高まる中、北朝鮮がアメリカの電力会社に対してフィッシング攻撃を仕掛けていたことが判明。北朝鮮の狙いはアメリカの電力インフラにある>

北朝鮮のハッカー集団が複数の米電力会社をターゲットに攻撃を行ったと、サイバーセキュリティー会社ファイア・アイの報告書を独占入手したNBCニュースが伝えた。

使われたのは電子メールを介した「スピアフィッシング」と呼ばれる手口。政党の資金調達パーティーの招待状を添付したメールを送り、招待状をダウンロードすると、マルウエアに感染する仕組みだ。今のところ今回の攻撃が成功した証拠はないと報告されている。

米電力会社を標的にしたことから、米朝間の緊張の高まりを背景とした攻撃と見られ、今後の北朝鮮のサイバー攻撃の前哨戦の可能性もあるという。

「これは、北朝鮮がサイバー戦争のプレイヤーであり、アメリカに打撃を与える能力を向上させていることを示すシグナルだ」と、米連邦捜査局(FBI)の元情報防衛責任者C・フランク・フィグリウッジは述べている。

電力会社に限らず、米企業にとってこの手のフィッシングは目新しいものではなく、徹底した対応が取られている。ただし、北朝鮮による攻撃はほとんど前例がなく、14年のソニー・ピクチャーズエンターテインメントに対するハッキングが知られている程度だ。

「電力会社はフィッシング攻撃への備えはできており、セキュリティーの専門家や業界の担当者と連携して日常的に対処している」と、業界団体エジソン電気協会のセキュリティー部門の幹部スコット・アーロンソンは言う。

「今回、電力供給の安全性、信頼性は影響を受けず、北米の送電網を管理している施設やシステムには何ら運営上の障害は出なかった」

サイバーセキュリティー専門家のロバート・リーもNBCニュースの取材に、「外国の勢力がインフラを標的にするのは警戒すべき事態だが、(今回のフィッシングは)送電網を破壊するには程遠い」ものだったと述べた。

「今回は最初の標的を攻撃しただけで、仮に送電網に損害を与えたとしても、ごく限定的な被害にすぎなかっただろう」

ニュース速報

ビジネス

米共和党、税制改革法案・最終案の概要発表 法人税2

ビジネス

米主要株価3指数が最高値更新、税制改革実現への期待

ワールド

北朝鮮、対話には兵器実験の持続的中止が必要 米国務

ワールド

EU首脳、ブレグジット交渉「第2段階」入りを正式承

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 3

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に備え

  • 4

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 5

    日本の敗退後、中国式「作らない製造業」が世界を制…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日…

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 10

    宇宙国家アスガルディア、人工衛星の軌道投入成功を…

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 3

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 4

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 5

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 6

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 7

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 10

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 8

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月