最新記事

貿易

牛肉輸入制限、16日から日米対話で運用見直し提案 決着するか不透明

2017年10月13日(金)08時35分

10月12日、政府は、16日にワシントンで開く第2回日米経済対話で、冷凍牛肉の緊急輸入制限(セーフガード)を巡る運用見直しを提案する。写真は日米の国旗、1月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

政府は、16日にワシントンで開く第2回日米経済対話で、冷凍牛肉の緊急輸入制限(セーフガード)を巡る運用見直しを提案する。

輸入状況をチェックする頻度を今より増やし、発動基準に抵触する可能性がある場合は、輸入業者が自主的に輸入量を調整し、セーフガードの発動をできるだけ防ぐ仕組みに修正する。複数の政府筋が明らかにした。

政府は今回の提案で決着を図りたい考えだが、米国の出方は読み切れず、合意できるかは予断を許さない情勢だ。

セーフガードは、輸入量が前年度四半期の117%を超えた場合に自動的に発動される制限措置。4─6月期の実績が発動基準を超えたため、米国などから輸入する冷凍牛肉の関税率は今年8月1日以降、38.5%から50%に引き上げられた。

これに対し、日本への輸出を拡大させたい米国からは、関係団体などから反発の声が浮上。日米両政府は、経済対話で協議する方向で調整を続けてきた。

複数の政府関係者によると、日本側は、月に1回公表する貿易統計に加え、今後は10日に1回程度のペースで輸入トレンドを把握する案を示す。

チェック間隔が短くなることで、業者は輸入量を調整することがより可能になり、予期せぬセーフガードの発動を防げるようになる。

水面下で日本側の監督官庁が輸入業者などと情報を共有し、セーフガードの発動回避に努力することも米側に説明する見通しだ。

政府内では日米合意に向けた楽観論も聞こえるが「この提案で米側が納得するかどうか」と不安視する向きもある。

セーフガードの再発動懸念もくすぶる。現在の措置は2018年3月末までで、関税率は4月以降、もとに戻る。このため、業者が年明け以降は輸入を控え、関税率が下がる4月以降に一斉に通関手続きを取れば、再び輸入が急増しかねない。

ある政府関係者は「いったん、税率に崖ができてしまうと、それが繰り返される恐れもある」と話す。

(梅川崇 編集:田巻一彦)

[ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2017トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ビジネス

ドルやや上昇、インフレ動向に注目=NY市場

ビジネス

米国株は3指数が最高値、金融株上昇や決算期待で

ビジネス

トランプ米大統領、イエレンFRB議長と19日会談へ

ビジネス

トランプ米大統領、共和・民主による医療保険の応急措

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 2

    トランプ「ユネスコ脱退」、習近平「高笑い」

  • 3

    オーストリアで「世界最年少」首相誕生へ 31歳が唱えるニューポリティックス

  • 4

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 5

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 6

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 7

    アベノミクスが雇用改善に寄与した根拠

  • 8

    第二言語習得の研究から見た、「勘違いだらけ」日本…

  • 9

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    トランプがアメリカを第3次世界大戦に導く危険を冒す

  • 4

    北朝鮮の送電網を破壊する、韓国「ブラックアウト爆…

  • 5

    自転車大国オランダ、信号機を消してみたら起きたこ…

  • 6

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 7

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 8

    カズオ・イシグロの「信頼できない語り手」とは

  • 9

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 10

    北朝鮮がフィッシング攻撃、米電力会社が標的に

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月