最新記事

経済制裁

トランプ大統領「北朝鮮制裁への追加制裁、非常に小さい一歩」

2017年9月13日(水)10時22分

9月12日、トランプ米大統領は、国連安全保障理事会で11日に採択された北朝鮮への追加制裁決議は「非常に小さい一歩」で、北朝鮮の核開発への対応として想定される行動に比べたら何でもないとの見方を示した。写真は北朝鮮国旗。2014年10月撮影(2017年 ロイター/Denis Balibouse)

トランプ米大統領は12日、国連安全保障理事会で11日に採択された北朝鮮への追加制裁決議は「非常に小さい一歩」で、北朝鮮の核開発への対応として想定される行動に比べたら何でもないとの見方を示した。

6回目の核実験を強行した北朝鮮に対し、国連安保理は全会一致で制裁決議を採択。北朝鮮による繊維輸出の禁止や北朝鮮への原油輸出制限などを盛り込んだ。

米国は当初、北朝鮮への原油・石油製品の全面禁輸を含むより厳しい決議案をまとめていたが、中国とロシアの支持を得るため原案よりも内容を緩めた。

トランプ氏はマレーシアのナジブ首相との会談の冒頭で記者団に対し、「またもや非常に小さい一歩で、大したものではない」とコメント。

「多少なりとも影響があるかどうかは分からないが、15対ゼロで採択されたことは確かに良かった。しかし、これらの制裁は最終的に起きなければならないことに比べれば何でもないことだ」とした。

一方、ムニューシン米財務長官は、中国が北朝鮮に対する追加制裁措置に従わない場合、中国による米金融システムへのアクセスを禁止するなど新たな金融制裁措置を導入する構えを示した。

別の米政権高官はロイターに対し、これまでに採択された北朝鮮制裁決議を完全に実施する用意があることを示す時間を中国に与えるため、同国の銀行や企業に対する「2次的制裁」を当面見送る方針であることを明らかにした。

サンダース大統領報道官は、中国の銀行を米金融システムから締め出すなどの新たな措置をトランプ大統領が検討しているかとの質問に、「全ての選択肢を検討している。大統領は、全ての関係国に取り組みを強化して欲しいと述べてきた」と語った。

トランプ氏は11月に予定しているアジア歴訪に合わせ、中国を訪問する公算が大きい。ティラーソン国務長官は同日、訪米中の中国の楊潔チ国務委員(外交担当、副首相級)と会談。トランプ氏の訪中の詳細について協議する見込み。

[ワシントン 12日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2017トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

北朝鮮で揺れを観測と中国当局、韓国は「自然の地震」

ビジネス

ムーディーズ、英格付けを「Aa2」に引き下げ EU

ビジネス

米12月利上げに予断なし、低インフレをなお懸念=ダ

ワールド

北朝鮮、水爆実験強硬なら分水嶺 米国は深刻に受け止

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

    • 1

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 2

      北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

    • 3

      ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

    • 4

      北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

    • 5

      ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

    • 6

      トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

    • 7

      ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

    • 8

      AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

    • 9

      ラットの頭部移植に成功 年末には人間で?

    • 10

      北朝鮮暴走に対する中国の見解――環球時報社説から

    • 1

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 2

      「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

    • 3

      ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

    • 4

      北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

    • 5

      iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

    • 6

      強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

    • 7

      イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

    • 8

      北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

    • 9

      ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

    • 10

      iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

    PICTURE POWER

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
    日本再発見 シーズン2
    ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
    定期購読
    期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
    メールマガジン登録
    売り切れのないDigital版はこちら

    MOOK

    ニューズウィーク日本版 別冊

    0歳からの教育 知育諞

    絶賛発売中!

    STORIES ARCHIVE

    • 2017年9月
    • 2017年8月
    • 2017年7月
    • 2017年6月
    • 2017年5月
    • 2017年4月