最新記事

ライフスタイル

新たなハイボールの楽しみ方を提案する、
「ジョニーウォーカー ハイボールスタジオ」が六本木ヒルズにOPEN!

PR

2017年9月13日(水)15時00分

「ジョニーウォーカーブラックラベル12年」とクラフトハイボール

2017年9月24日までの期間限定コンセプトショップ「ジョニーウォーカー ハイボールスタジオ」が、六本木「ヒルズ カフェ/スペース」にオープンしました。

オープニングイベントには、俳優の北村一輝さんがゲストとして登場され、ジョニーウォーカーで作ったハイボール「アルティメットハイボール」を試飲。同じくジョニーウォーカーの「クラフトハイボール」を北村さんご自身で作って試飲され、その豊かなフレーバーを楽しんでいました。

もう一人のゲストが、世界のトップバーテンダーを決定する大会「ワールドクラス グローバルファイナル2015」の総合優勝した経歴を持つバーテンダーの金子道人さん。

johnniewalker_01.jpg

johnniewalker_02.jpg

johnniewalker_03.jpg

金子さんのアドバイスのもと、ジョニーウォーカーと「スモーキー」、「スウィート」、「ウッディ(樽香)」のフレーバーを引き立たせる副材料を使ってつくる「クラフトハイボール」を北村さんが作って、ご自身で試飲した感想は「この飲み方で味わうと、本来ジョニーウォーカーが持つ色々な味の深みを知ることができるのでとてもオススメです。味のバリエーションを楽しむことと、あとはかっこよく飲むことができるところもあり、かなりオススメです」。

johnniewalker_04.jpg


「ジョニーウォーカーハイボールスタジオ」で提供されるのは、「ジョニーウォーカーブラックラベル12年」。2種類あるメニューのうち、「クラフトハイボール」は「スモーキーさ」、「甘み」、「樽香」を引き立たせるスパイスなどの副材料が用意されており、自分好みの味をイメージしながら材料を選び、グラスの縁に付け、ブラックラベルとソーダを注ぎハイボールを作る「クラフト体験」ができる。また、その工程を、卓上の撮影セットにてお客様のスマートフォンで撮影することも可能。撮影したムービーを特設サイトにアップロードすると、「Tastemade」のオリジナルムービーと組み合わせて「Tastemade」特製のムービーをSNS上でシェアすることも可能だ。

johnniewalker_a.jpg

johnniewalker_d.jpg

johnniewalker_e.jpg

さらにフードには「樽香」を際立たせるナッツ、「甘み」を引き立たせるチョコなど、スコッチ好きにはたまらない、ジョニーウォーカーの期間限定コンセプトショップ。ぜひ足を運んで、フレーバーの違い、そして自分だけのジョニーウォーカーを楽しんでみてはいかがだろうか。

johnniewalker_b.jpg

johnniewalker_c.jpg




■場所:ヒルズ カフェ(六本木ヒルズ内)
    東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズヒルサイド2階
■期間:9月7日(木)~9月24日(日)
■営業時間:平日17時〜23時、土日祝12時〜23時
      ※ラストオーダーは22時30分
■提供メニュー
 [ ドリンク ]
 ・ジョニーウォーカー アルティメットハイボール (税込500円)
 ・ジョニーウォーカー クラフトハイボール (税込500円)
 [ 主なフード ]
 ・nuts Tokyo (税込300円)
 ・ダンデライオン・チョコレート (税込1,200円)

ニュース速報

ビジネス

正午のドルは112円前半、株高には反応薄で軟調

ワールド

北朝鮮は休戦協定違反、韓国亡命の兵士巡り=国連軍司

ワールド

NAFTA再交渉、自動車など重要項目で溝埋まらず

ビジネス

米インフレは回復へ、ただし「非常に不確か」=イエレ

MAGAZINE

特集:北朝鮮の歴史

2017-11・28号(11/21発売)

核・ミサイル開発に日本人拉致問題、テロ活動...... 不可解過ぎる「金王朝」を歴史で読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    北朝鮮問題、中国の秘策はうまくいくのか――特使派遣の裏側

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    トランプは金正恩を利用しているだけ、戦争する気は…

  • 6

    アメリカは「安倍トラ」に無関心

  • 7

    日本に定住した日系ブラジル人たちはいま何を思うのか

  • 8

    堤未果:アメリカを貧困大国にしトランプ大統領を誕…

  • 9

    「嫌な気持ちは寝て忘れちゃえ」は逆効果?

  • 10

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 7

    子供を叩かないで! 体罰の影響を科学的に研究 

  • 8

    アメリカで黒人の子供たちがたたき込まれる警官への…

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 6

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 7

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 8

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

  • 9

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

  • 10

    「トランプ歓迎会に元慰安婦」の陰に中国?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月