最新記事

アメリカでベジミート=植物性の肉が人気 遜色ない味と健康志向で

2017年8月14日(月)16時10分

8月3日、動物性の肉の代わりに、見た目も食感も肉そっくりな「植物由来の肉」を使ったハンバーガーが、夏のバーベキューシーズン真っ盛りの米国で人気を博している。写真は米カリフォルニア州で2016年10月に開かれた植物性肉のハンバーガー試食会(2017年 ロイター/Beck Diefenbach)

動物性の肉の代わりに、見た目も食感も肉そっくりな「植物由来の肉」を使ったハンバーガーが、夏のバーベキューシーズン真っ盛りの米国で人気を博している。まだまだニッチな製品だが、世界の市場規模は2020年までに50億ドル(約5500億円)に達するとみられている。

植物性の原料で作った肉の代替品は昔から売られていたが、最近では野菜のビーツを使って肉色に着色し、カノーラ油で肉の脂のようなジューシーさを加えるなどして、本物の肉と区別がつかないほどの製品が登場している。

こうした「進化」は消費者の心をつかんでいるだけでなく、食肉加工最大手の1つタイソン・フーズの関心も呼んだ。

タイソンは昨年10月、植物性肉メーカーの「ビヨンド・ミート」(カリフォルニア州)に5%出資した。タイソンのトム・ヘイズ最高経営責任者(CEO)は、植物性タンパク源の需要は、動物性タンパク源よりもやや早いペースで伸びていると述べた。

シカゴ西郊の小さな教会で最近開かれたバーベキューの会でも、こうした傾向は明らかに見てとれた。

バーベキューグリル5台で、定番のスペアリブやソーセージ、ホットドッグと並んで、ベジ(野菜)バーガーが焼かれていた。教会メンバーのダグ・パーカーさんによると、ベジタリアンの食品は、子どもや若者の肥満対策として2年前から使うようになった。

「ライフスタイルを変えないといけなかったが、ベジバーガーは大好きだ。昔のものは野菜みたいな味がしたが、今は全然違う」と、8年前に糖尿病と診断され、肉を食べる量を減らしたというパーカーさんは言う。

米国で、5月初旬から9月までの夏のバーベキューシーズンは、祝日が3日入ることもあり、ハンバーガーやスペアリブ、ステーキ、そして今では、ベジバーガーのような肉の代替製品の売り上げが伸びる時期だ。

調査会社ニールセンによると、小売肉の2016年売上高の約764億ドルのうち、約237億ドルがこの期間に売れた。

ニュース速報

ビジネス

正午のドルは112円前半、実需の買い一巡後は押し戻

ビジネス

オバマケア改廃また頓挫の可能性、米上院共和党内で反

ワールド

独総選挙、メルケル首相が勝利宣言 右翼政党も国政初

ビジネス

前場の日経平均は反発、配当権利取りの動き 政策期待

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    金正恩の狂人っぷりはどこまで本物か?

  • 4

    北朝鮮「ロケット米全土到達」警告にトランプ反発 …

  • 5

    新型アップルウオッチは、ポストiPhoneの大本命

  • 6

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    北朝鮮、水爆実験強行なら分水嶺 トランプ政権は深…

  • 9

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 10

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 5

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 6

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 7

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 8

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 9

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 4

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 8

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 9

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 10

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月