最新記事

株式投資

投資はなにが面白い? 醍醐味は、お金儲けより「妄想」です

2017年7月14日(金)21時09分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

PIKSEL-iStock.

<投資家がいちばん楽しんでやっているのは、実はビジネスシミュレーションという"妄想"――カリスマ・ファンドマネジャーの藤野英人氏が説く「投資家脳」のつくり方とは?>

2014年から始まったNISA(少額投資非課税制度)や、今年から対象者が大幅に広がったiDeCo(個人型確定拠出年金)を利用して、株式投資を始める人が増えている。どちらも、個人資産をなんとか投資へ向けさせたい政府の意向による政策だ。

日本の家計の金融資産総額は、2016年末に1800兆円を突破して過去最高を更新した。このうち市場に流れ込んでいる資産は、株式等と投資信託を合わせて15.4%の280兆円(2017年3月末時点)。前四半期から約7.5%の増加となった。

だがその一方、現金・預金の全体に占める割合は51.5%で、金額にすると実に932兆円。しかも、2.3%という伸び率は過去最高だった。

これに対してアメリカでは、株式等の割合が最も大きく35.4%、投資信託の10.7%と合わせると46.1%にも上る。現金・預金の比率はわずか13.9%。ユーロエリアでも、現金・預金は34.6%で、株式等と投資信託は合わせて24.9%となっている(日本銀行資料より)。

あの「ひみつ道具」で投資家思考になる

現金が金融市場に回らなければ経済は活性化しない、このままでは日本経済は立ち行かなくなる、もっと投資の素晴らしさを知ってほしい――そんな思いで10年以上前から日本全国を巡り、日本の株式市場の発展に努めている「カリスマ・ファンドマネジャー」がいる。

レオス・キャピタルワークス代表取締役社長兼最高投資責任者の藤野英人氏だ。

最近はテレビにも積極的に出演している藤野氏だが、投資の魅力や社会的意義を伝える著書も数多く上梓している。なかでも、ずばりそのままのタイトルなのが『藤野さん、「投資」ってなにが面白いんですか?』(CCCメディアハウス)だ。

本書で藤野氏は、投資の面白さを一般読者にわかりやすく伝えるために、ある秘密兵器を使っている。それは、ドラえもんの四次元ポケットから次々と飛び出してくる「ひみつ道具」だ。

誰でも一度は「『タケコプター』で空を飛んでみたい」「いまここに『どこでもドア』があったら!」と思ったことがあるだろう。もし本当にタケコプターやどこでもドアが実現したら、あんなことやこんなことをしてみたい、そうすればあんな変化やこんな事態が起きるかもしれない、といった妄想を膨らませたはずだ。

藤野氏は、そうした妄想こそが投資の醍醐味であり、経済や社会の変化を予測する「投資家脳」を育てることになる、と説く。

妄想:もしタケコプターが実現したら?

ひみつ道具の妄想が、投資とどう関係があるのか? ひみつ道具の代名詞と言える「タケコプター」が実現した世界について、藤野氏は次のように妄想している。

まず、タケコプターの実現によって、電車通勤をやめて「タケコプター通勤」をする人が増える。すると朝の空が大渋滞になり、政府は慌てて空の交通規制を始める。そのうち飛行ルールが敷かれて免許制になり、「タケコプター教習所」ができるだろう。

イノベーションが起きれば、新たなビジネスチャンスも生まれる。空中での事故を補償する「タケコプター保険」が登場し、損害保険業界に特需が発生。さらに、空からの家宅侵入というトラブルに対処すべく警備会社が新たなサービスを始め、物流業界では「タケコプター便」が人気を集める。当然、関連する業界の株価は上がるはずだ。

ニュース速報

ビジネス

中国人民銀、穏健で中立的な金融政策を維持へ=四半期

ビジネス

米10月住宅着工13.7%増、1年ぶり高水準

ビジネス

東芝、6000億円の第三者割当増資で最終調整 全額

ビジネス

トヨタとスズキ、インドで20年ごろEV投入へ 提携

MAGAZINE

特集:ビットコイン 可能性と危険性

2017-11・21号(11/14発売)

高騰を続け、今や1000種類以上に増えた仮想通貨 未来を変え得る新技術のリスクとメリットを真剣に考える

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は慎重に

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 5

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 6

    子供を叩かないで! 体罰の影響を科学的に研究 

  • 7

    「ネコとの生活が小児喘息の発症リスクを軽減する」…

  • 8

    絶滅したマンモスがクローンでよみがえる

  • 9

    核攻撃にはトランプの一存と5分があればいい

  • 10

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 アメリカの女子大生に浸透するパパ活とは

  • 4

    【韓国侵攻】北朝鮮軍は数で米韓軍を圧倒する

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 7

    体臭とセックスアピールの意外な関係

  • 8

    日中首脳会談、習近平はなぜ笑顔だったのか

  • 9

    米空母3隻と自衛隊が共同訓練、米軍の士気高い

  • 10

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 7

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 8

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

  • 9

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 10

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月