最新記事

テクノロジー

スプレーをかければ何でもタッチパネルに変身

Tap on Anything

2017年7月15日(土)17時00分
アンソニー・カスバートソン

特殊な導電性のスプレー塗料を塗布することで、車のハンドルもタッチパネルに変身。新たな機能を持たせることができる ELECTRICK

<柔らかい物もでこぼこの物体も、あらゆるものを特殊な塗料の被膜で気軽にタッチスクリーン化する新技術が登場>

空港の自動チェックイン機にせよ、ファストフード店の注文端末にせよ、反応のよいタッチスクリーンは実に便利だ。だがどれも、ガラス製の平らなものばかりでそれ以外の形状の物は見当たらない。ところが最近になって、ほぼあらゆる物体をタッチスクリーンに変えられる新しい技術が登場した。

「エレクトリック」と名付けられたこの技術は、米カーネギー・メロン大学未来インターフェース・グループが開発したもの。特殊なスプレー塗料の被膜で表面を覆うことで、さまざまなものをタッチスクリーンに変えることができる。このスプレーを塗布した机をタップするとあら不思議、パソコンでアプリケーションソフトが立ち上がるといったこともできる。

スプレー缶の中身の正体は、導電性のあるカーボン塗料。タッチスクリーンとして機能させるには、この塗料で覆った物体に電極(そしてもちろん、電源やパソコン)を取り付ける必要がある。すると指で表面を押したときに、電界トモグラフィーと呼ばれる技術によって電気の流れが妨げられたことが検知される。指の位置は1センチの精度で感知されることから、物の表面にバーチャルな「制御ボタン」を作ることができるわけだ。

【参考記事】LEDが照らし出す癌細胞撲滅への道

「スプレー塗料を使ってほぼあらゆるものにタッチスクリーンを付けられるようになったのはこれが初めてだ」と、同グループの責任者を務めるクリス・ハリソン助教は言う。また、研究チームの一員で大学院生のヤン・チャンは、この技術を使えば塗布する物体が「大きいか小さいかにかかわらず、また平らかでこぼこしているかにかかわらず、簡単に安価に」タッチスクリーンに変身させることができると語る。

これまでのところ、大型のタッチスクリーンは高価だし、表面がでこぼこだったり柔らかかったりするタッチスクリーンは主に研究施設でしかお目に掛かれなかった。この中には画像認識技術を用いるタイプもあるが、ディスプレイ表面の指の動きを感知するカメラの視界が遮られてしまえば役に立たない。

研究チームは今、エレクトリックの応用先を探している。ギターや机、フルーツ味のゼリーや粘土細工、それに車のハンドルまで、さまざまな形状のものでこの技術が使えることは既に証明済みだ。ギターであればエフェクター、車のハンドルならオーディオの操作など、新たな機能を持たせることもできるという。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
 ご登録(無料)はこちらから=>>

[2017年7月18日号掲載]

ニュース速報

ワールド

トランプ氏が対北制裁強化へ署名、「兵器開発資金断つ

ビジネス

中国をA+に1段階格下げ、信用拡大リスク指摘=S&

ビジネス

日銀が政策維持、片岡委員「不十分」と反対 総裁「緩

ワールド

フィリピン中銀、予想通り金利据え置き インフレ予想

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演説で

  • 4

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 5

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 6

    ラットの頭部移植に成功 年末には人間で?

  • 7

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 8

    女性が怯えて生きるインドのおぞましい現実

  • 9

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 10

    北朝鮮暴走に対する中国の見解――環球時報社説から

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密演説

  • 4

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 5

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 8

    中国は北朝鮮に侵攻して核兵器を差し押さえるか?

  • 9

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 4

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 7

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 8

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 9

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月