最新記事

ファッション

熱い夏をクールに着こなす TAKEO KIKUCHIとブルーノートが競演

2017年6月25日(日)12時08分
森下隆太  ※Pen Onlineより転載

「アーティスト コラボレーション」のTシャツ5種。ブルーノートレコード®︎の歴史を彩ったアルバムジャケットが、5人の感性、そしてTAKEO KIKUCHIの世界観と共鳴。

"ヌーヴェルバーグ&ジャズ"というキーワードにフォーカスし、春夏のコレクションを展開している「TAKEO KIKUCHI」。どちらもクリエイティブディレクターの菊池武夫さんが敬愛してやまないものであり、アイデンティをあらためて知る魅力的なコレクションとなっています。

【参考記事】多忙なブックディレクター幅允孝の毎日に、オンオフがない理由とは?

6月9日(金)から発売されているのが、そんな熱意があったからこそ実現したブルーノートレコード®︎とのコラボレーションアイテム。「Blue Note Records® × TAKEO KIKUCHI」と題してさまざまな取り組みがなされる予定ですが、注目したいのが、こちらの「アーティスト コラボレーション」です。写真のTシャツは、ジャズに造詣の深い5人のアーティストが、ブルーノートレコード®︎からリリースされたアルバムジャケットをセレクトし、好みのボディカラーやプリントサイズ、位置を指定してつくられたもの。

【参考記事】【グランドセイコー、未来へ紡ぐ10の物語】Vol.3 機械式で挑んだ、「V.F.A.」という高精度の軌跡。

アーティストの名前を挙げますと、シンガーの野宮真貴さん、ジャズミュージシャンの菊地成孔さん、DJ・音楽プロデューサーの松浦俊夫さん、ジャズトランペット奏者の黒田卓也さん、もちろん菊池さんご本人もセレクト。錚々たる顔ぶれが揃い、タケオキクチのファンはもちろん、ジャズファンにとっても見逃せないアイテムとなっています。

【参考記事】B&O PLAYの最新ポータブルスピーカー「Beoplay P2」で、上質な音をいつでも気軽に楽しみましょう。

今回のコラボ商品の発売をきっかけに、ジャズを接点としたさまざまな仕掛けを予定。今夏、TAKEO KIKUCHIのフィルターを通して聴くジャズは、いつもとは違った特別なものになることでしょう。

bluenoterecords_takeokikuchi_EIImaSE.jpg

1955年に結成されたジャズバンド「ジャズ・メッセンジャーズ」のアルバムや、ブルーノートレコード®︎を代表するギタリストだったグラント・グリーンの名盤などをプリントした「アーティスト コラボレーション」のTシャツ。その名にちなんだブルー系のボディカラーが多くラインナップ。これからの季節にピッタリです。Tシャツ各¥6,900


bluenoterecords_takeokikuchi_NwFFJhY.jpg

こちらは「オリジナル コラボレーション」のアイテム。ジャケットにプリントされているのは、このためだけにつくられたオリジナルロゴ。ブルーノートレコード®︎のロゴとレコードジャケットをベースに、TAKEO KIKUCHIがデザインを行っています。サテンラペルの切り替えなど、ジャズを感じる一着。ジャケット¥38,000


bluenoterecords_takeokikuchi_OGRYNQQ.jpg

こちらも「オリジナル コラボレーション」のアイテム。音符を模したブルーノートレコード®︎のロゴをリデザイン。シンプルなロゴTはどことなく海を感じさせる仕上がり。夏に向けてフェスに着ていけば、気分をより高めてくれることでしょう。Tシャツ¥6,900


問い合わせ先/TAKEO KIKUCHI TEL:03-6324-2642

※発売は全国のTAKEO KIKUCHIストアとTAKEO KIKUCHIオフィシャルオンライストアにて。


※当記事は「Pen Online」からの転載記事です。

PenOnline




ニュース速報

ワールド

朝鮮半島情勢の緊迫化、危険な結果もたらす可能性=ロ

ワールド

独極右政党AfD、共同党首が離党表明=報道

ワールド

朝鮮半島情勢は非常に危険な段階=中国外相

ビジネス

米共和党の減税案、パススルー課税引き下げ盛り込む見

MAGAZINE

特集:中国が北朝鮮を見捨てる日

2017-10・ 3号(9/26発売)

核とミサイルを手に恫喝を繰り返す北朝鮮 「血の友情」で結ばれたはずの中国はどう出るのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮、太平洋での水爆実験あり得るか? 専門家は「大災害」を指摘

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    北朝鮮「ロケット米全土到達」警告にトランプ反発 米朝、非難の応酬

  • 4

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、…

  • 5

    北朝鮮、米が宣戦布告と主張 領空外でも爆撃機撃墜…

  • 6

    13年ぶり凱旋、トヨタのでかいピックアップ車は売れ…

  • 7

    「核保有国」北朝鮮と世界は共存できるのか

  • 8

    北朝鮮の次はNFLを「口撃」、スポーツまで敵に回した…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    金正恩の狂人っぷりはどこまで本物か?

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 5

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 6

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 7

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 8

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 9

    北朝鮮「ロケット米全土到達」警告にトランプ反発 …

  • 10

    北朝鮮、太平洋での水爆実験あり得るか? 専門家は…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 4

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 8

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 9

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 10

    【戦争シナリオ】北朝鮮はどうやって先制攻撃してく…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月