最新記事

気候工学

地球を人工的に冷やすことは可能か!?世界初の屋外実験がスタート

2017年4月5日(水)16時30分
松岡由希子

The Stratollite - Youtube

<"火山の冬"を人為的につくりだし、地球温暖化を緩和しようという気候工学(ジオエンジニアリング)が注目を集めているが、屋外実験がはじめて行われる>

"火山の冬"とは、大規模な火山噴火によって二酸化硫黄ガスが成層圏に達し、これと水とが反応してできた雲が太陽光を遮ることで、地表と下層大気の温度が低下する現象のこと。ハワイ大学マノア校の研究チームによると、1991年6月にフィリピンのピナトゥボ山で発生した大規模噴火では約1,700万トンの二酸化硫黄が成層圏に流れ込み、1992年から1993年にかけて地球全体の平均気温がおよそ0.4度下がったという。

では、このような現象を人為的につくりだし、地球の気温を下げることで、地球温暖化を緩和することができないだろうか。気候システムを人為的・工学的に操作しようという『気候工学(ジオエンジニアリング)』が注目を集めるなか、米ハーバード大学工学・応用科学部(SEAS)のデビッド・キース教授を中心とする研究チームは、その実現可能性とリスクを探るべく、いよいよ屋外実験に着手する。

研究チームは、2014年11月、英学術論文誌『フィロソフィカル・トランザクションズ』において、気球を活用した屋外実験について初めて提案。化学物質を成層圏へ人工的に注入し、太陽入射光を減らす『太陽放射管理(SRM)』の手法は、地球温暖化の緩和策として期待される一方、成層圏で生成される硫酸がオゾン層を破壊するなど、様々なリスクを秘めている。そこで、室内実験では把握しきれない現象などを解明するべく、制御された環境下での屋外実験が必要であると説いていた。

さらに、2016年11月には、硫酸ではなく、石灰石の主要成分であるカルサイトを注入することで、オゾン層を修復しながら、地球を冷却できることを発見。カルサイトは、光を反射し、地球の温度を下げると同時に、大気中の硫酸や硝酸、塩酸を中和することで、オゾンの減少を防ぐことができるという。


研究チームは、これまでの実績をもとに、新たな一歩を踏み出そうとしている。キース教授は、2017年3月、ワシントンD.C.で開催された研究フォーラムにおいて、アリゾナ州の気球開発会社「ワールド・ビュー・エンタープライズ」と提携し、屋外実験に向けた高高度気球の設計に着手したことを発表した。2022年までに小規模な散布実験を2回実施する方針で、1回目は水を、2回目には炭酸カルシウムを、それぞれ成層圏に注入し、微粒子の動きや大気中の他の化合物との反応などを測定する計画だ。


ワールド・ビュー・エンタープライズのThe Stratollite

もちろん、地球温暖化の防止には、温室効果ガス排出量の削減こそ不可欠。英気象庁の傘下にあるハドレー気候予測研究センターは「成層圏への化学物質の注入は、アフリカのサヘル地域に深刻な干ばつをもたらすおそれがある」と警告している。


『気候工学(ジオエンジニアリング)』や、その技術のひとつである『太陽放射管理(SRM)』が、どのような作用を有し、私たちの地球にどのような影響を及ぼすのかを解明することに一定の意義を認めつつも、現時点では、地球温暖化防止における補完的手段として『太陽放射管理(SRM)』を位置づけるべきなのかもしれない。

ニュース速報

ワールド

焦点:北朝鮮、ICBM実戦化には新たな核実験必要か

ワールド

アングル:「トランプおろし」はあるか、大統領失職の

ワールド

焦点:トランプ氏の「口撃」、弾劾審議で孤立無援招く

ワールド

米国務長官が人種差別非難、「傷の修復必要」

MAGAZINE

特集:2050 日本の未来予想図

2017-8・15号(8/ 8発売)

国民の40%が65歳以上の高齢者になる2050年のニッポン。迫り来る「人口大減少」はこの国の姿をどう変える?

※次号8/29号は8/22(火)発売となります。

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 3

    韓国・文大統領「日韓の障害は日本政府の変化。日本側の勇気ある姿勢必要」

  • 4

    セウォル号、接待禁止に台風直撃 韓国社会の問題が…

  • 5

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 6

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 7

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 8

    雇用が回復しても賃金が上がらない理由

  • 9

    朴大統領の人事介入から口裂け女まで 検閲だらけの…

  • 10

    反日による日本人欠場でゲーム大会中止に

  • 1

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 2

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コントロール法

  • 3

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしまった

  • 4

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 5

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 6

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 7

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 8

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 9

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 10

    「ディーゼル神話」崩壊、ドイツがEVへ急転換、一方…

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を捨てよ

  • 4

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 5

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 6

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 7

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 8

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 9

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 10

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月