最新記事

発想術

お客さんの気持ちを「考える」ではなく「演じて」みたら?

2017年4月1日(土)14時10分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

SbytovaMN-iStock.

<アイデアを考えるために"演じる"とは何をすること? 発送術のテクニックの1つ「七色いんこ」を、アイデア本のロングセラー『考具』から>

ビジネス書の世界には、定番と呼ばれるものがある。古い本なのに内容が古びず、読者のニーズに応え続け、ロングセラーとなっている。

いわゆるアイデア本でいえば、この本が有名だ――『考具』(CCCメディアハウス)。大手広告代理店の博報堂に勤める加藤昌治氏が「考えるための道具、持っていますか?」と問いかけ、2003年に刊行された。現在までに37刷、15万部のロングセラーとなっている。

といっても、「考具(こうぐ)」なんて知らない、という人も少なくないだろう。これまでアイデア本を手に取る人は、企画などを仕事にしている人が主だったからだ。

時代は変わった。右肩上がりの経済成長は消え去り、多くの業界が激しい競争にさらされるなか、ビジネスパーソン1人1人の「考える力」がより一層問われるようになってきた。さらに今後は、人工知能(AI)の発展により、単純作業など、多くの仕事が失われるとも言われている。

そこで人間に残された生き残る道は......などと小難しいことを考えずとも、これだけは確かだ。ビジネスの世界で生きていくのに、ベテランも若手も、考える道具があるに越したことはない。

【参考記事】パジャマで出社でもOKのほうが、アイデア満載の会社になる

このたび『考具』のサブテキストとして基礎編『アイデアはどこからやってくるのか』と応用編『チームで考える「アイデア会議」』(いずれも加藤昌治著、CCCメディアハウス)が刊行されたのを機に、『考具』から一部を抜粋し、5回に分けて転載する。第2回は【考具その4】「七色いんこ」。

※第1回:「今日は赤」と意識するだけ 「カラーバス」で見える世界が変わる

◇ ◇ ◇

【考具その4】「七色いんこ」

あなたは代役専門役者兼泥棒。誰かになりきると違う世界が見える

『七色いんこ』ってご存じですか? 故手塚治虫先生のマンガです。七色いんこ、という代役専門の役者が主人公。彼は同時に劇場で盗みを働く泥棒でもあります。そして彼を追いかけるお転婆の刑事がいて......というストーリーなのですが、このマンガ、毎回毎回のタイトルが著名なお芝居になっています。「三文オペラ」「どん底」などなど。そして七色いんこ氏は、あらゆる役を華麗にこなすことのできる名優です。

 考具その4は、七色いんこになること。真似をしたいのはもちろん役者の方。演じてみる、ということです。では、アイデアを考えるために"演じる"とは何をすることでしょうか?

 誰もが上司やセミナーの先生から「お客さんの立場に立ってみろ」「お客さんの気持ちを考えたことがあるのか」と言われていることでしょう。わたしも「生活者の気持ちになって考えろ」と何度も言われています。で、考える。でも本当に考えられているのだろうか、と自問してみてください。......実は「想像がつかない」のではないですか?

ニュース速報

ワールド

北朝鮮「さらなる挑発も」と首相、国際社会の一致訴え

ワールド

仏軍艦艇が佐世保入港、日米英と共同訓練へ 北朝鮮な

ワールド

北朝鮮が安保理直後に弾道ミサイル、米韓は失敗と推定

ワールド

米空母カール・ビンソンが日本海に到達、北朝鮮に圧力

MAGAZINE

特集:国際情勢10大リスク

2017-5・ 2号(4/25発売)

北朝鮮問題、フランス大統領選、トランプ外交──。リーダーなき世界が直面する「10のリスク」を読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    半島危機:プーチン静観は、北朝鮮よりトランプのほうが危ないから

  • 2

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 3

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正常に発育

  • 4

    チャリ通は長寿の秘訣。がんや心臓疾患のリスクが4割減

  • 5

    北朝鮮問題で安保理会合、米国「今こそ行動すべき」

  • 6

    演出の派手さを競う北朝鮮問題

  • 7

    アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方 ── 環…

  • 8

    フランス海軍艦艇が佐世保入港、日米英と訓練 北朝…

  • 9

    北朝鮮が弾道ミサイル1発を発射 同国内陸部に落下し…

  • 10

    トランプ、韓国を攻撃「FTA見直し、THAAD導入費負担…

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 3

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需要が急増

  • 4

    アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方 ── 環…

  • 5

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメ…

  • 6

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 7

    北朝鮮、軍創設記念日で大規模砲撃演習 米原潜は釜…

  • 8

    半島危機:プーチン静観は、北朝鮮よりトランプのほ…

  • 9

    英「ロシアに核の先制使用も辞さず」── 欧州にもくす…

  • 10

    もし第3次世界大戦が起こったら

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝鮮庶民の本音

  • 3

    ユナイテッド航空「炎上」、その後わかった5つのこと

  • 4

    北朝鮮に対する軍事攻撃ははじまるのか

  • 5

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

  • 6

    15日の「金日成誕生日」を前に、緊張高まる朝鮮半島

  • 7

    北朝鮮への米武力攻撃をとめるためか?――習近平、ト…

  • 8

    北朝鮮近海に米軍が空母派遣、金正恩の運命は5月に決…

  • 9

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメ…

  • 10

    オーバーブッキングのユナイテッド航空機、乗客引き…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月