最新記事

動物

ホッキョクグマを閉じ込めたままでいいのか

Should Polar Bears Be Locked Up in Zoos?

2017年4月25日(火)17時25分
ベン・ウィリアムソン

Andrey_Kuzmin-iStock.

<また動物園のホッキョクグマが死んだ。ストレスを抱えやすい性質で、症状を抑えるために抗鬱剤を与える動物園もある>

カリフォルニア州サンディエゴのシーワールドが、ホッキョクグマのスノーフレイクを繁殖のためピッツバーグに送ると発表したとき、何千件も抗議が寄せられた。20年来のパートナー、セーニャと引き離すのはかわいそうだ、というのだ。

実際、スノーフレイクがいなくなって数週間後の4月18日、セーニャは死んだ。

死んだセーニャの写真を添えて動物園の責任を問う投稿


動物のなかでもホッキョクグマは、とりわけ檻の中の生活に向いていない。北極の広大な氷と海があってこそ初めて繁栄できる種だ。放浪し、狩りをし、泳げなければならない。動物園には対応できない。

オックスフォード大学のある研究によれば、典型的な動物園のホッキョクグマの囲いの広さは、自然のなかの最小の行動圏の約100万分の1しかないという。

【参考記事】日の当らないモールで見世物にされたシロクマに光明?

明らかな異常行動

アメリカの動物園ではこれまで数十頭のホッキョクグマが命を落としている。多くは寿命よりはるかに若くして死んだ。死因は喧嘩や有毒物、麻酔など様々だ。

人間が檻に投げ込んだ瓦礫を食べて苦しんで死んだり、蚊が媒介する西ナイル熱に感染したり、サルモネラ菌にあたることもある。

檻の中に入れられると、ホッキョクグマは異常な神経症状を起こしやすい。昼夜を問わずいつまでも泳ぎ続けたり、同じところを何度も行ったり来たりするような常同行動が発現する。そうした症状を和らげるため、抗うつ剤を与える動物園もある。

セントラル・パーク動物園のガス


ニューヨークのセントラル・パーク動物園のガスを覚えているだろうか。毎日12時間、何カ月も泳ぎ続けた。パートナーが死んだ後、落ち込んで心を閉ざしてしまった。高齢で腫瘍にも侵されていたため、最後は安楽死させられた。

人気者のクヌートも例に漏れない。ドイツのベルリン動物園には、クヌートのキャラクター商品が並んでいた。それなのにたった4歳のとき、クヌートは発作を起こし堀に落ちて溺れ死んだ。

溺死したベルリン動物園のクヌート


ホッキョクグマを囲いに入れても、それは保護したことにならない。将来にわたる生き残りを重視するなら、動物園で繁殖を試みるより、彼らの故郷である北極の氷をいかに守るか、そのためにいかに温暖化ガスを減らすかを考えたほうがいい。

筆者は、動物愛護団体「PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)」の国際メディア担当者

【参考記事】食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の標的に

ニュース速報

ワールド

北朝鮮大使、米韓軍事演習続く限り交渉しないと言明

ビジネス

焦点:中国金融機関の外資規制緩和、早期活用は厳しい

ワールド

特別リポート:サウジ「王室分裂」の裏側、汚職口実に

ビジネス

中国人民銀、穏健で中立的な金融政策を維持へ=四半期

MAGAZINE

特集:ビットコイン 可能性と危険性

2017-11・21号(11/14発売)

高騰を続け、今や1000種類以上に増えた仮想通貨 未来を変え得る新技術のリスクとメリットを真剣に考える

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 7

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 8

    女性が怯えて生きるインドのおぞましい現実

  • 9

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 10

    絶滅したマンモスがクローンでよみがえる

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 7

    体臭とセックスアピールの意外な関係

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    日中首脳会談、習近平はなぜ笑顔だったのか

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 6

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 7

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

  • 8

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 9

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

  • 10

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月