最新記事

ナノテク

究極のブラックホールをつくりだす、地上で最も黒い素材とは?

2017年3月30日(木)12時00分
松岡由希子

Photoshopで加工したわけではありません  Surry NanoSystems

<英企業「サレー・ナノシステムズ」が開発した、紫外線や赤外線、可視光の99.965%を吸収する、地上で最も黒い人工物『ベンタブラック』の活用が拡がりつつある>

『ベンタブラック(VantaBlack)』とは、紫外線や赤外線、可視光の99.965%を吸収する、地上で最も黒い人工物。英国の国立物理学研究所(NPL)らとの提携のもと、英スタートアップ企業のサレー・ナノシステムズ(Surry NanoSystems)によって2014年に開発されたものだ。近年、軍事および航空宇宙分野を中心に、その活用が広がりはじめている。

物体は、光があたると、その反射の強さによって、ヒトの目などにある光受容体への光が多くなったり少なくなったりすることで、明るく見えたり暗く見えたりする。

『ベンタブラック』は、"垂直に並んだナノチューブの配列(Vertically Aligned NanoTube Arrays)"の頭文字から名付けられているとおり、1平方センチメートルあたり約10億本ものナノチューブが小さな森のように集まって成長する構造となっており、光があたると、ナノチューブの中で光が何度も屈折し、吸収される仕組み。それゆえ、『ベンタブラック』は非常に暗く、たとえ超高出力のレーザーポインターをこれに照射させても、光はほとんど認識されることがない。


サレー・ナノシステムズは、2016年3月、『ベンタブラック』をスプレー式に改良した『ベンタブラックS-VIS』の量産を開始。紫外線や赤外線、可視光の吸収率は99.8%と、『ベンタブラック』に比べて低いものの、耐熱温度が摂氏100度以下の物体であれば、カメラや電子機器、精密機器など、様々なものに柔軟に適用できるのが特徴だ。

【参考記事】太陽光だけで二酸化炭素をエネルギー資源に変換する新たな分子が誕生

たとえば、2016年2月から英ロンドンのサイエンス・ミュージアムで展示されていた作品によると、『ベンタブラックS-VIS』をスプレーした彫刻は、表面の複雑な凹凸を目で認識しづらいことがわかる。


『ベンタブラック』は、『ベンタブラックS-VIS』の量産化にも後押しされ、様々な分野で導入されはじめている。2016年5月には、シンガポール国立大学が開発した小型衛星『Kent Ridge 1』の光学機器において『ベンタブラック』を採用。機器の表面に『ベンタブラック』をコーティングすることによって、余分な光を効率的に吸収できるそうだ。

米航空宇宙局(NASA)でも、2011年、摂氏750度以上で生成され、紫外線や可視光などを99%以上吸収する素材の開発に成功しているが、『ベンタブラック』は、NASAの素材よりも低い温度で生成できることから、より幅広い活用が期待されている。

ニュース速報

ビジネス

英中銀、「成長とインフレ」のトレードオフに依然直面

ビジネス

中国共産党大会、大幅な経済改革につながらない見通し

ビジネス

英利上げに賛成票を投じる準備できていない=ラムスデ

ビジネス

英利上げ、近いうちに賛成票を投じる準備できていない

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 2

    トランプ「ユネスコ脱退」、習近平「高笑い」

  • 3

    オーストリアで「世界最年少」首相誕生へ 31歳が唱えるニューポリティックス

  • 4

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 5

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 6

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 7

    北朝鮮「国連加盟国、米の軍事行動に参加しない限り…

  • 8

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 9

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 10

    イタリア老舗ブランドの、本革じゃないバッグを選ぶ…

  • 1

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    トランプがアメリカを第3次世界大戦に導く危険を冒す

  • 4

    北朝鮮の送電網を破壊する、韓国「ブラックアウト爆…

  • 5

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 6

    自転車大国オランダ、信号機を消してみたら起きたこ…

  • 7

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 8

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 9

    カズオ・イシグロの「信頼できない語り手」とは

  • 10

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月