最新記事

プロダクツ

チーズ×牛革で100%スイスメイド ワンオフ腕時計のこだわりとは?

2017年3月3日(金)17時24分
笠木恵司 ※Pen Onlineより転載

地紋が浮かんだブラウンがかったミルク色のケースがチーズ製。厳密にはハイテク複合素材のITR²の中にチーズを配合。その比率は約50%という。ベルトも黒と白の斑な毛肌がリアルな本物の牛革。

「時計のケースがね、チーズでできているらしい」
「まさか。だったら飢えた時には食べられるわけ?」

2017年1月16日から20日までスイス・ジュネーブで国際時計展示会「SIHH」が開催されましたが、あちこちでこんな会話が交わされたのではないでしょうか。近年は時計のケース素材が多様化しており、セラミックはもちろん鍛造カーボンといった先端素材もめずらしくありませんが、食品のチーズとはまさに前代未聞。紛れもなく世界初でしょう。これを開発したH.モーザーのブースで実物を紹介されるまで、頭の中で「?」がいくつも浮かびました。

(参考記事:伝説の系譜を受け継ぐ、独創的ダイバーズが誕生。

このチーズ・メイドの時計、その名も「スイス マッドウォッチ」は、冗談やシャレではないアイロニカルな社会性を秘めています。それは後述するとして、概略を先に紹介すると、カーボンナノチューブのケース製造にも使用されるハイテク複合素材ITR2にチーズを約50%配合。このため、ケースはブラウンがかったミルク色で、地紋も浮かんでいます。使われているチーズは、スイスとフランスの国境沿いに位置するジュラ山脈周辺の高地でつくられる伝統的なヴァシュラン・モン・ドール(Vacherin Mont d'Or)。コンクールで金賞を授与された銘品だそうです。これだけで時計のケースを造形しているわけではないので、もちろん堅くて食べられません。ただし、ストラップも白と黒のぶち(斑)模様と毛肌が印象的な牛革製。美味しそうに感じられる組み合わせではあります。

(参考記事:「エルメスの手しごと」展で、職人たちの"手のインテリジェンス"を目撃してください!

ダイヤルはスイスの国旗をイメージして、深紅をベースに純白の針とバーインデックス。特に深紅のベースカラーは、独特のグラデーションが美しく鮮やか。これはH.モーザーのアイコンともいえる「フュメダイヤル」で、大変に手間のかかる技法が施されています。ムーブメントは手巻きで、約3日間のロングパワーリザーブ。

ニュース速報

ビジネス

IMF、米成長見通しを下方修正=年次審査報告

ビジネス

米FRB、年内あと1回の利上げ理に適う=フィラデル

ビジネス

ECB総裁、政策微調整の可能性示唆

ワールド

メイ英政権は持続不可能、1年以内に再度総選挙=シテ

MAGAZINE

特集:安心なエアラインの選び方

2017-7・ 4号(6/27発売)

アメリカの航空会社で続発する乗客トラブル。トラブルを避け、快適な空の旅を楽しむ「新基準」とは

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 3

    乗員7人死亡の米イージス駆逐艦、衝突前コンテナ船がライトで警告

  • 4

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 5

    トランプが特別検察官ムラーを恐れる理由

  • 6

    東京都議選の候補者が、政策を訴えるビラを配れない…

  • 7

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 8

    健全財政という危険な観念

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 5

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 6

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 7

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 8

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 9

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷…

  • 10

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 8

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 9

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月