最新記事

欧州政治

ドイツ世論は極右になびかない?

Germany’s Far-Right Party Hits New Low in Polls

2017年2月24日(金)15時14分
エミリー・タムキン

フランス大統領選を控える極右政治家マリーヌ・ルペン(右)と、ドイツのペトリー Wolfgang Rattay-REUTERS

<ドイツの極右政党AfDへの支持率が失速。トランプ米大統領のような「でたらめな政治手法」が、ドイツ人に特有の警戒心を呼び起こしたのかもしれない>

ドイツの極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」の支持率がこの7カ月で最低になった。同じく選挙を控えるオランダやフランスではドナルド・トランプ旋風が極右政党の追い風になっているが、ドイツではあまり効いていない可能性もある。

【参考記事】メルケルを脅かす反移民政党が選挙で大躍進

ドイツのアレンスバッハ世論調査研究所と フランクフルター・アルゲマイネ紙が行った世論調査によると、もし選挙が今度の日曜にあるとしたらどの党に投票するか、という問いに対し、フラウケ・ペトリー率いるAfDと答えた人は8.5%。昨年7月以来初めて10%を下回り、2015年12月以来で最も低くなった。

フォルサ研究所とシュテルン誌が行った別の世論調査でも、AfDの支持率は8%にとどまった。

【参考記事】フランス大統領選で首位を走る極右・国民戦線 「ラストベルト」という悪霊

フォルサ所長のマンンフレド・ギュルナーは、AfDの支持率が下がったのは、トランプ米大統領のような「でたらめな政治手法」は、ドイツ人の警戒心を呼び起こす傾向があるからではないか、という。ドイツ人の多くは、現首相のアンゲラ・メルケルが率いる保守政党CDU(キリスト教民主同盟)か、マーティン・シュルツ前欧州議会議長を擁立する中道左派政党SPD(社会民主党)を支持している。ドイツは今経済が好調で、1990年以来最大の財政黒字を記録したことも既存政党を後押ししたかもしれない。

トランプに同調しそう

AfDはイスラム教徒排斥を訴え、党首のペトリーはトランプの大統領選勝利にツイッターで祝辞を贈っており、トランプに同調する恐れが強い。それならメルケルやシュルツのように伝統的な主流派の政治家のほうが安心だろう。AfDは、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の支持者である点もトランプに似ている。

今週ペトリーはモスクワを訪問し、連邦議会の大物たちと会った。ロシア科学アカデミー・ドイツ研究センターのウラディスラフ・ベロフは、ロシアのAfDに対する関心は「客観的」なものに過ぎず、何ら怪しいところはないと言う。だが、ドイツの小政党でロシアの要人と面会できたのはAfDだけだ。

【参考記事】ドナルド・トランプはヒトラーと同じデマゴーグ【前編】

AfDは、同党がロシア政府から資金援助を受けているという疑惑を否定し、2013年の結党から一貫してロシアとの友好関係を強調してきた。もっとも、東欧との友好関係は1960年代からドイツ政治に不可欠の要素。主流派の政治家も、ロシア政府とは非常に親密なつながりを持っている。

From Foreign Policy Magazine

ニュース速報

ビジネス

IMF、米成長見通しを下方修正=年次審査報告

ビジネス

米FRB、年内あと1回の利上げ理に適う=フィラデル

ビジネス

ECB総裁、政策微調整の可能性示唆

ワールド

メイ英政権は持続不可能、1年以内に再度総選挙=シテ

MAGAZINE

特集:安心なエアラインの選び方

2017-7・ 4号(6/27発売)

アメリカの航空会社で続発する乗客トラブル。トラブルを避け、快適な空の旅を楽しむ「新基準」とは

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 3

    乗員7人死亡の米イージス駆逐艦、衝突前コンテナ船がライトで警告

  • 4

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 5

    トランプが特別検察官ムラーを恐れる理由

  • 6

    東京都議選の候補者が、政策を訴えるビラを配れない…

  • 7

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 8

    健全財政という危険な観念

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 5

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 6

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 7

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 8

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 9

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷…

  • 10

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 8

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 9

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月