最新記事

トランプ政権

迷走人事が浮き彫りにしたホワイトハウスの権力者バノン

2017年2月23日(木)10時30分
ダン・ドゥ・ルース

トランプの側近グループがアメリカの安全保障政策を牛耳りつつある Carlos Barria-REUTERS

<フリン大統領補佐官の辞任、後任を打診した退役海軍中将は辞退――。閣僚人事をめぐるごたごたから浮き彫りになるのは首席戦略官バノンの権力の膨張だ>

トランプ政権が恥をかいた。国家安全保障担当大統領補佐官のマイケル・フリンが就任早々に辞任に追い込まれた上に、その後任に打診したロバート・ハーワード退役海軍中将に断られてしまったのだ。

マティス国防長官とも親しく、党派の枠を超えて評価の高い元軍人だが、人事でホワイトハウスと折り合いがつかなかったことが辞退の理由と言われる。ハーワードは自前の部下を迎えることを望んだが、それが認められなかったようだ。

この一件が浮き彫りにしたのは、トランプ大統領の側近であるバノン首席戦略官・上級顧問(写真右から2人目)の権力が膨張していることだ。バノンはホワイトハウスに君臨し、あらゆる意思決定に影響力を振るっているらしい。政権発足直後の大統領令により、国家安全保障を担う重要機関NSCの常任メンバーにもなった。

【参考記事】「ペンス大統領」の誕生まであと199日?

他の政権ならハーワードの要望は受け入れられただろうが、トランプと側近たちは、大統領選で陣営に参加していなかった「よそ者」に権力を持たせることに極めて消極的だ。実際、もしハーワードが就任していれば、バノンらと衝突したに違いないとみる向きは多い。

フリンの後任候補としてほかに名前が挙がっているデービッド・ペトレアス元CIA長官も、自前のチームを組織できなければ指名を受けないだろう。結局は、資質で劣る人物の中から後任が選ばれそうだ――バノンらに逆らわないことを最優先に。

国防総省高官人事でも同様の問題が起きている。マティスの示す人事案が通らないのだ。ホワイトハウスは、大統領選で反トランプの立場を表明した人物を役職に就かせようとしない。

軍事や外交の専門家ではなく、バノン率いる大統領側近グループがアメリカの安全保障政策を牛耳りつつあるようだ。

From Foreign Policy Magazine

ニュース速報

ワールド

焦点:メルケル首相、新たな連立で欧州統合推進にブレ

ビジネス

インフレが上向く兆候ない=米ミネアポリス連銀総裁

ワールド

北朝鮮、米が宣戦布告と主張 爆撃機の撃墜含む対抗手

ビジネス

米国株式はハイテク株中心に下落、北朝鮮情勢緊迫化も

MAGAZINE

特集:中国が北朝鮮を見捨てる日

2017-10・ 3号(9/26発売)

核とミサイルを手に恫喝を繰り返す北朝鮮 「血の友情」で結ばれたはずの中国はどう出るのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮、太平洋での水爆実験あり得るか? 専門家は「大災害」を指摘

  • 2

    北朝鮮「ロケット米全土到達」警告にトランプ反発 米朝、非難の応酬

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「核保有国」北朝鮮と世界は共存できるのか

  • 5

    金正恩の狂人っぷりはどこまで本物か?

  • 6

    北朝鮮の次はNFLを「口撃」、スポーツまで敵に回した…

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 9

    13年ぶり凱旋、トヨタのでかいピックアップ車は売れ…

  • 10

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 5

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 6

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 7

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 8

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 9

    北朝鮮「ロケット米全土到達」警告にトランプ反発 …

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 4

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 8

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 9

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 10

    【戦争シナリオ】北朝鮮はどうやって先制攻撃してく…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月