最新記事

メディア

今こそメディアに勧めたいポピュリスト大統領との付き合い方

A PRESCRIPTION FOR TRUMP-AGE MEDIA

2017年2月14日(火)10時40分
森田浩之(ジャーナリスト)

ABCのミュアー(左)は「ひねり」のある質問を投げ掛けた Martin H. Simon-ABC/GETTY IMAGES

<トランプ政権に批判的なウォッチを続けるのはもちろんいいことだが、ときには「ひねり」を加えた手法で報じてみるのもいい>

トランプ米大統領が精力的に動いている。中東など7カ国からの入国を一時停止する大統領令をはじめ、さまざまな動きが国内外で批判を呼んでいる。

メディアは、このポピュリスト大統領とどう付き合えばいいのか。ただひたすら、批判を続けるしかないのだろうか。

もちろん、徹底的な批判は必要だ。手を緩めてはならない。しかし一本調子で批判を続けるのも、楽しい作業ではない。

ここでは少し別の手を考えてみたい。例えば「今やろうとしていることは、本当にあなたの理想のアメリカをつくるためのものか」と念を押す。「あなたのやっていることは、自分の品格を落とすことにならないか」と忠告する。

こうしたひねりには効果がある。先日、米ABCテレビがトランプの単独インタビューを行ったとき、この手法が織り交ぜられていた。今後、他のメディアの参考になるかもしれない。

【参考記事】トランプ弾劾は賛否半々、オバマに戻ってきて欲しい人が過半数

インタビューはホワイトハウスで行われた。インタビュアーは、ABCのデービッド・ミュアー。43歳のミュアーは明晰な言葉で、トランプに質問を投げ掛ける。その問いは、時にトランプの公約の痛いところを突く。例えば、移民の問題について。

「不法移民の親に連れてこられた子供たちがいます。彼らは国外追放される可能性があるのでしょうか。それとも、アメリカにとどまれるという保証を得られるのでしょうか」

「移民」という問題から「子供」という要素だけを取り上げると、それまで見えなかった問題が見えてくる。移民の生活だけでなく、子供の成長や教育の問題に関わるからだろう。

器の小ささを暗に示す

次にミュアーが触れた大きなポイントは、トランプが「違法な投票がなければ、一般投票でも自分が勝っていた」と言い続けている点だ。

「大統領は今週、ホワイトハウスに議会指導者を招いたときも、300万~500万票の不正投票があったと話していました。事実であれば、アメリカ史上最悪の不正選挙ということになります。その証拠はどこにあるのでしょう。証拠を示すことなく、そのようなことを言い続けていると、あなたへの信頼が損なわれると思いませんか」

一般投票でも自分が勝っていたというトランプの主張に証拠があるなどと思っていた有権者は少ないだろう。だがミュアーは、証拠について問いただすのを忘れていなかった。

ニュース速報

ビジネス

欧州委、オランダで家具小売イケアの税制措置を調査へ

ビジネス

歳出最大97兆7100億円 18年度予算案、閣僚折

ワールド

トランプ大統領、安保戦略で「中国とロシアは競争相手

ビジネス

欧州銀のM&A、仏銀が積極的な役割果たすべき=中銀

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

  • 2

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 3

    世界の「日本人ジョーク」に表れる、安倍首相の際立った存在感

  • 4

    ウクライナ紛争ではびこる性暴力

  • 5

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日…

  • 6

    ひき肉の偽装表示も99%の精度で暴く

  • 7

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    孤独なオタクをのみ込む極右旋風

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 3

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 4

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 5

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 6

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 7

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 10

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 4

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 5

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 6

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月