最新記事

メディア

今こそメディアに勧めたいポピュリスト大統領との付き合い方

A PRESCRIPTION FOR TRUMP-AGE MEDIA

2017年2月14日(火)10時40分
森田浩之(ジャーナリスト)

ABCのミュアー(左)は「ひねり」のある質問を投げ掛けた Martin H. Simon-ABC/GETTY IMAGES

<トランプ政権に批判的なウォッチを続けるのはもちろんいいことだが、ときには「ひねり」を加えた手法で報じてみるのもいい>

トランプ米大統領が精力的に動いている。中東など7カ国からの入国を一時停止する大統領令をはじめ、さまざまな動きが国内外で批判を呼んでいる。

メディアは、このポピュリスト大統領とどう付き合えばいいのか。ただひたすら、批判を続けるしかないのだろうか。

もちろん、徹底的な批判は必要だ。手を緩めてはならない。しかし一本調子で批判を続けるのも、楽しい作業ではない。

ここでは少し別の手を考えてみたい。例えば「今やろうとしていることは、本当にあなたの理想のアメリカをつくるためのものか」と念を押す。「あなたのやっていることは、自分の品格を落とすことにならないか」と忠告する。

こうしたひねりには効果がある。先日、米ABCテレビがトランプの単独インタビューを行ったとき、この手法が織り交ぜられていた。今後、他のメディアの参考になるかもしれない。

【参考記事】トランプ弾劾は賛否半々、オバマに戻ってきて欲しい人が過半数

インタビューはホワイトハウスで行われた。インタビュアーは、ABCのデービッド・ミュアー。43歳のミュアーは明晰な言葉で、トランプに質問を投げ掛ける。その問いは、時にトランプの公約の痛いところを突く。例えば、移民の問題について。

「不法移民の親に連れてこられた子供たちがいます。彼らは国外追放される可能性があるのでしょうか。それとも、アメリカにとどまれるという保証を得られるのでしょうか」

「移民」という問題から「子供」という要素だけを取り上げると、それまで見えなかった問題が見えてくる。移民の生活だけでなく、子供の成長や教育の問題に関わるからだろう。

器の小ささを暗に示す

次にミュアーが触れた大きなポイントは、トランプが「違法な投票がなければ、一般投票でも自分が勝っていた」と言い続けている点だ。

「大統領は今週、ホワイトハウスに議会指導者を招いたときも、300万~500万票の不正投票があったと話していました。事実であれば、アメリカ史上最悪の不正選挙ということになります。その証拠はどこにあるのでしょう。証拠を示すことなく、そのようなことを言い続けていると、あなたへの信頼が損なわれると思いませんか」

一般投票でも自分が勝っていたというトランプの主張に証拠があるなどと思っていた有権者は少ないだろう。だがミュアーは、証拠について問いただすのを忘れていなかった。

ニュース速報

ワールド

バルセロナ車突入で13人死亡報道、テロの見方

ビジネス

ECB理事会が過度のユーロ高懸念、早計な指針変更回

ワールド

米中は経済戦争、北朝鮮巡り軍事的解決ない─バノン氏

ワールド

米韓合同軍事演習は予定通り実施、脅威に対応=米軍制

MAGAZINE

特集:2050 日本の未来予想図

2017-8・15号(8/ 8発売)

国民の40%が65歳以上の高齢者になる2050年のニッポン。迫り来る「人口大減少」はこの国の姿をどう変える?

※次号8/29号は8/22(火)発売となります。

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 2

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 3

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

  • 4

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    米軍に解放されたISの人質が味わった地獄

  • 7

    「ディーゼル神話」崩壊、ドイツがEVへ急転換、一方…

  • 8

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    北朝鮮の核危機、「仲介役」としてスウェーデンが浮上

  • 1

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしまった

  • 2

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コントロール法

  • 3

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出がバレてきた

  • 4

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 5

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 6

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 7

    トランプ「軍事解決の準備完全」、北朝鮮「核戦争の…

  • 8

    北朝鮮巡る軍事衝突のリスク非常に高い、ロシアは回…

  • 9

    こんな人は、モン・サン=ミシェルに行ってはいけない

  • 10

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を捨てよ

  • 4

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 5

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 6

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 7

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 8

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 9

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 10

    対北朝鮮「戦争」までのタイムテーブル 時間ととも…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月