最新記事

テクノロジー

「野菜足りてる?」手のひらでチェック

Get Your Palm Read

2017年2月10日(金)18時00分
リゼット・ボレリ

手のひらに光を照射するだけで野菜と果物の摂取量がわかる。採血のように体を傷つけることもない JITALIA17/ISTOCKPHOTO

<レーザーでスキャンするだけで野菜と果物の摂取量が簡単に分かる新技術が登場。ヘルシーな食習慣づくりの強い味方に>

あなたは1日に必要な量の果物と野菜を食べているだろうか。答えはたぶん、ノーだ。

米農務省によれば、健康な成人は毎日5サービング(果物の場合、重量約100グラムで1サービング)の野菜と果物を摂取する必要がある。だが実際には、アメリカ人の約3人に2人がこの基準を満たしていない。

でも大丈夫。健康な食習慣を身に付けるための頼もしい助っ人が現れた。エール大学公衆衛生大学院とユタ大学の共同研究によれば、レーザーセンサーで手のひらをさっとスキャンするだけで野菜や果物の量が足りているかチェックできるという。

研究チームは果物や野菜に多く含まれるカロテノイド(赤、黄、だいだいなどの天然色素)に注目。共鳴ラマン分光法(RRS)という技術によって、手のひらのカロテノイド濃度を簡単かつ迅速に測定できることを証明した。

この方法では手のひらに光を照射し、分子振動によって散乱される光を分光器に通してスペクトルを検出。そのデータをコンピューターで分析し、皮膚中のカロテノイド濃度をはじき出す。採血などと違って体を傷つけることもなく、分析結果が出るまで待つ必要もない。所要時間はわずか1分――スキャンに30秒、処理に30秒だ。

しかも、RRSは従来の血液検査や尿検査よりはるかに有効だ。血液検査や尿検査で分かるのはせいぜい過去数週間の摂取量だが、RRSなら過去2~3カ月の摂取量が分かる。

【参考記事】運動は週末だけでOK、健康効果は毎日の運動と遜色なし

なぜ手のひらなのか。カロテノイドは人間の皮膚に蓄積されるが、その濃度が最も高いのは手のひらだ。カロテノイドは皮膚の最上層である表皮に蓄積され、表皮は手のひらが最も厚いからだと、研究チームのリーダーであるエール大学公衆衛生大学院のスーザン・メイン教授(慢性疾患疫学)は説明する。

もっとも、野菜と果物の合計摂取量が1日の必要量に達しているかをチェックできるだけでは限界もある。「果物ばかり食べている子供はRRSでは高い数値が出るだろうが、果物と野菜それぞれの摂取量を正確に評価することにはならない」と、シカゴ在住の管理栄養士ルネ・フィセクは言う。

皮膚に蓄積された色素が結果にどう影響するかはこれから慎重に評価する必要がある。それでもRRS検査の有効性が証明されれば、患者がブロッコリーをちゃんと食べているかどうか、栄養指導の担当者は簡単にチェックできるようになるはずだ。

[2017年2月 7日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

焦点:日銀総裁、金融正常化観測けん制 市場対話に神

ワールド

TPP11、3月8日にチリで署名式 協定文が確定=

ビジネス

日銀会合は政策・見通し共に据え置き、総裁は出口観測

ワールド

米、インドネシアと防衛協力強化へ 中国念頭に国防長

MAGAZINE

特集:科学技術大国 中国の野心

2018-1・30号(1/23発売)

豊富な資金力で先端科学をリードし始めた中国 独裁国家がテクノロジーを支配する世界

*雪による配送遅延について

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開発に光が!?

  • 3

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 4

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 5

    「骨タイプのおやつ」で死亡する犬が急増 米政府機…

  • 6

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 9

    欧州初、ドイツで寄生虫の卵のサプリメントが合法的…

  • 10

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 6

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

  • 7

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 8

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 9

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 10

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 6

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 7

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 8

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 9

    ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

  • 10

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月