最新記事

テクノロジー

「野菜足りてる?」手のひらでチェック

Get Your Palm Read

2017年2月10日(金)18時00分
リゼット・ボレリ

手のひらに光を照射するだけで野菜と果物の摂取量がわかる。採血のように体を傷つけることもない JITALIA17/ISTOCKPHOTO

<レーザーでスキャンするだけで野菜と果物の摂取量が簡単に分かる新技術が登場。ヘルシーな食習慣づくりの強い味方に>

あなたは1日に必要な量の果物と野菜を食べているだろうか。答えはたぶん、ノーだ。

米農務省によれば、健康な成人は毎日5サービング(果物の場合、重量約100グラムで1サービング)の野菜と果物を摂取する必要がある。だが実際には、アメリカ人の約3人に2人がこの基準を満たしていない。

でも大丈夫。健康な食習慣を身に付けるための頼もしい助っ人が現れた。エール大学公衆衛生大学院とユタ大学の共同研究によれば、レーザーセンサーで手のひらをさっとスキャンするだけで野菜や果物の量が足りているかチェックできるという。

研究チームは果物や野菜に多く含まれるカロテノイド(赤、黄、だいだいなどの天然色素)に注目。共鳴ラマン分光法(RRS)という技術によって、手のひらのカロテノイド濃度を簡単かつ迅速に測定できることを証明した。

この方法では手のひらに光を照射し、分子振動によって散乱される光を分光器に通してスペクトルを検出。そのデータをコンピューターで分析し、皮膚中のカロテノイド濃度をはじき出す。採血などと違って体を傷つけることもなく、分析結果が出るまで待つ必要もない。所要時間はわずか1分――スキャンに30秒、処理に30秒だ。

しかも、RRSは従来の血液検査や尿検査よりはるかに有効だ。血液検査や尿検査で分かるのはせいぜい過去数週間の摂取量だが、RRSなら過去2~3カ月の摂取量が分かる。

【参考記事】運動は週末だけでOK、健康効果は毎日の運動と遜色なし

なぜ手のひらなのか。カロテノイドは人間の皮膚に蓄積されるが、その濃度が最も高いのは手のひらだ。カロテノイドは皮膚の最上層である表皮に蓄積され、表皮は手のひらが最も厚いからだと、研究チームのリーダーであるエール大学公衆衛生大学院のスーザン・メイン教授(慢性疾患疫学)は説明する。

もっとも、野菜と果物の合計摂取量が1日の必要量に達しているかをチェックできるだけでは限界もある。「果物ばかり食べている子供はRRSでは高い数値が出るだろうが、果物と野菜それぞれの摂取量を正確に評価することにはならない」と、シカゴ在住の管理栄養士ルネ・フィセクは言う。

皮膚に蓄積された色素が結果にどう影響するかはこれから慎重に評価する必要がある。それでもRRS検査の有効性が証明されれば、患者がブロッコリーをちゃんと食べているかどうか、栄養指導の担当者は簡単にチェックできるようになるはずだ。

[2017年2月 7日号掲載]

ニュース速報

ワールド

FBI、前長官と大統領の会話記録文書の提出を拒否=

ワールド

米大統領娘婿クシュナー氏、FBIのロシア捜査の対象

ビジネス

消費者物価0.3%上昇、携帯下落率縮小などで2年ぶ

ビジネス

寄り付きの日経平均は小反落、利益確定売り先行 石油

MAGAZINE

特集:トランプの陰謀

2017-5・30号(5/23発売)

アメリカを再び揺るがす大統領側近たちの策謀──。「ロシアゲート」はウォーターゲート事件と同じ展開になるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱っている?

  • 2

    北朝鮮危機が招いた米中接近、「台湾化」する日本の選択

  • 3

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 4

    ドイツが独自の「EU軍」を作り始めた チェコやルー…

  • 5

    米政府からまたリーク、マンチェスター自爆テロ容疑…

  • 6

    「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

  • 7

    テック大手が軒並みスマートスピーカーに参入する理由

  • 8

    1人の時間が必要な内向型、人と会って元気になる外向型

  • 9

    ISのテロが5月27日からのラマダーン月に起きるかもし…

  • 10

    レイプ事件を届け出る日本の被害者は氷山の一角

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

  • 3

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱っている?

  • 4

    初外遊の憂鬱、トランプはアメリカ料理しか食べられ…

  • 5

    アリアナコンサートで容疑者拘束、死者22人で不明者…

  • 6

    「これでトランプを終わらせる」マイケル・ムーアが…

  • 7

    トランプ政権のスタッフが転職先を探し始めた

  • 8

    北朝鮮危機が招いた米中接近、「台湾化」する日本の…

  • 9

    キャサリン妃妹ピッパのウェディング、でも主役は花…

  • 10

    トヨタとホンダをまねた中国自動車メーカーが躍進!

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    ディズニーランド「ファストパス」で待ち時間は短くならない

  • 3

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 4

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 5

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 8

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 9

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 10

    ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
ニューズウィーク試写会「しあわせな人生の選択」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月