最新記事

EU

英EU離脱に向けた個別交渉、EUを分裂させる恐れ=欧州委員長

2017年2月13日(月)10時31分

 2月11日、欧州委員会のユンケル委員長(写真)は、英国が欧州連合(EU)離脱交渉で各加盟国に別々の約束をすることで、EUの分裂を引き起こす恐れがあるとの見解を示した。1月撮影(2017年 ロイター/Christian Hartmann)

欧州委員会のユンケル委員長は、英国が欧州連合(EU)離脱交渉で各加盟国に別々の約束をすることで、EUの分裂を引き起こす恐れがあるとの見解を示した。ドイツのラジオ局ドイチュラントフンクとのインタビューで語った。

英国は来月、EUとの間で離脱協議を正式に開始する予定。これについて委員長は「英国以外の27カ国はまだ知らないが、英国はどのように進めるかをよく分かっている」と指摘。「A国に一つの約束をし、B国には別の約束、C国にはまた別の約束をすることで、結果的にEUの結束が崩れることになるかもしれない」と述べた。

ユンケル氏は、トランプ米大統領や英国のEU離脱(ブレグジット)に関して、EUが結束を固め、足並みを揃えて前進する機会を提供しているとの見方があるが「私はやや懐疑的に考えている」と表明。「英国は容易に他の27加盟国を分裂できるからだ」とした。

また、27加盟国が協力関係を強化できる分野として、防衛を挙げた。

委員長はトランプ政権の保護主義的な通商政策にも言及。「われわれはこの変化を活用すべき」として、新たな通商協定を締結するチャンスだとの認識を示した。その上で「英国には他の加盟国と通商協定を結ぶことを許してはならない。それは認められていない」と強調した。



[ベルリン 11日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場はS&P500が最高値、FOMC議事要

ビジネス

米経済の落ち込み一時的、年内のバランスシート縮小も

ビジネス

インタビュー: 地銀と連携、システム共通化で費用削

ビジネス

トランプ氏口座の情報、米民主党がドイツ銀に提供要求

MAGAZINE

特集:トランプの陰謀

2017-5・30号(5/23発売)

アメリカを再び揺るがす大統領側近たちの策謀──。「ロシアゲート」はウォーターゲート事件と同じ展開になるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

  • 3

    アリアナコンサートで容疑者拘束、死者22人で不明者多数

  • 4

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱って…

  • 5

    キャサリン妃妹ピッパのウェディング、でも主役は花…

  • 6

    米政府からまたリーク、マンチェスター自爆テロ容疑…

  • 7

    重さ64グラム!世界最小かつ最軽量の人工衛星をイン…

  • 8

    ベネズエラほぼ内戦状態 政府保管庫には大量の武器

  • 9

    北朝鮮のサイバー攻撃専門「180部隊」 各国の銀行か…

  • 10

    ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    トヨタとホンダをまねた中国自動車メーカーが躍進!

  • 3

    「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

  • 4

    初外遊の憂鬱、トランプはアメリカ料理しか食べられ…

  • 5

    アリアナコンサートで容疑者拘束、死者22人で不明者…

  • 6

    「これでトランプを終わらせる」マイケル・ムーアが…

  • 7

    共和党はなぜトランプを見限らないのか

  • 8

    トランプ政権のスタッフが転職先を探し始めた

  • 9

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱って…

  • 10

    トランプのエルサレム訪問に恐れおののくイスラエル

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    ディズニーランド「ファストパス」で待ち時間は短くならない

  • 3

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 4

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 5

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需…

  • 6

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 7

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 8

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 9

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 10

    ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月