最新記事

外交

トランプに続け?各国大使館もツイッター戦争に参戦

Could Someone Please Explain What Embassies Are Up To on Twitter?

2017年1月11日(水)19時30分
エミリー・タムキン、ロビー・グラマー

ワシントンにある在米ロシア大使館 James Lawler Duggan-REUTERS

<大使館を通じた息詰まる交渉で外交が左右されたのは昔の話。トランプにならってお堅い大使館が大胆なツイートを発信する時代がやってきた。あたたの国の大使館はどう?>

 外交と言えばかつては、国際情勢や人の心の機微に通じたプロ同士のぎりぎりの駆け引きだった。しかも、会話はフランス語。重責を担う外交官は、気品と威厳に満ちた男性と決まっていた。

 しかし時代は変わった。外交の最前線である在外公館が、ドナルド・トランプ米次期大統領並みにツイッターで発信を始めたのだ。それもお堅いものばかりではなく実に多彩だ。

 まずは在英ロシア大使館のツイッターを御覧じろ。同大使館の最近のツイートには次のようなものがある。

■在英ロシア大使館

 オバマ米大統領が、ロシア人35人を国外追放した。まるで冷戦だ。この不運な政権が最後を迎えるのことは、アメリカ人にとっても喜びだろう(あひるにLAMEのイラストは、「レームダック」、即ち「死に体大統領(オバマ)」の意)




 モスクワはせっかく零下35度なのに、やっつけるべきフランス人もドイツ人もNATOもいないなんて!


 トルコ・シリアの国境付近でトルコ軍がロシア空軍機を撃墜してトルコと対立した時には、次のようにツイートして喧嘩を売っている。

 トルコのエルドアン大統領は、親族をエネルギー企業の要職につけている。地図は、ISIS(自称イスラム国)支配地域から石油がトルコに輸入されていることを示している。


 しかし心配することはない。同大使館は、政治的に過激なツイートの合間に、森に住むかわいらしい生き物の写真を、朝の挨拶代わりに投稿している。

 おはようございます!(モスクワにて)

ニュース速報

ワールド

中国の人工島、地対空ミサイル配備用とみられる構造物

ビジネス

日産も月末金曜午後3時退社を推進、時差のある海外に

ワールド

前香港政府トップに有罪判決、在任中の不適切行為で

ビジネス

かんぽ、第一生命と共同で初のプロジェクトファイナン

MAGAZINE

特集:北朝鮮 暗殺の地政学

2017-2・28号(2/21発売)

異国の地マレーシアで殺害された金正男──。その死の背景には北朝鮮をめぐる地政学の変化があった

人気ランキング

  • 1

    日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

  • 2

    「ペンス大統領」の誕生まであと199日?

  • 3

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

  • 4

    金正男氏を「暗殺者に売った」のは誰か

  • 5

    オルト・ライト(オルタナ右翼)の寵児、「小児性愛O…

  • 6

    金正男暗殺事件、マレーシア首相が北朝鮮を暗に批判…

  • 7

    金正男暗殺、北朝鮮大使館2等書記官も容疑者 マレー…

  • 8

    日本が低迷する「報道の自由度ランキング」への違和感

  • 9

    日本の伝統的食材こうじの魅力に世界のシェフが夢中

  • 10

    アンジェリーナ・ジョリー「ブラッドと私はずっと家…

  • 1

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 2

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

  • 3

    日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

  • 4

    金正男の暗殺事件で北朝鮮の男を逮捕 謎の男の正体…

  • 5

    金正男暗殺事件、マレーシア首相が北朝鮮を暗に批判…

  • 6

    海上自衛隊、18年度から4年間で新型護衛艦8隻建造へ

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    一般市民まで脅し合う、不信に満ちた中国の脅迫社会

  • 9

    金正男の遺体は北朝鮮引き渡しへ 真相は迷宮入りと…

  • 10

    「ペンス大統領」の誕生まであと199日?

  • 1

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 2

    トランプを追い出す4つの選択肢──弾劾や軍事クーデターもあり

  • 3

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

  • 4

    日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

  • 5

    日本でもAmazon Echo年内発売?既に業界は戦々恐々

  • 6

    東芝が事実上の解体へ、なぜこうなったのか?

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    マティス国防長官日韓訪問に中国衝撃!――「狂犬」の…

  • 9

    トランプ、入国制限に反対の司法長官代行を1時間後…

  • 10

    アパホテル炎上事件は謝罪しなければ終わらない

グローバル人材を目指す

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「日本の新しいモノづくり」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月