最新記事

EU

難題山積のEUが注目する2017年の顔10人

2016年12月29日(木)09時37分

12月22日、問題山積する欧州が2017年に注目すべき10人の人物とは。写真はベルリンで4月撮影(2016年 ロイター/Fabrizio Bensch)

 欧州連合(EU)は内憂外患を抱えた状態で2017年を迎える。領域の東方、西方、南方において幅広い問題を抱える一方で、欧州大陸全域でも反EUを掲げるナショナリストが台頭している。

 2017年に欧州が注目する10人の人物は以下の通り。

ドナルド・トランプ次期米大統領

 ドナルド・トランプ氏の大統領選における勝利は、ただでさえEU離脱を決めた英国民投票にショックを受けていた欧州の人々をさらに驚かせ、反主流派であるEU懐疑派を勢いづかせた。

 1月20日に就任するトランプ次期大統領が、選挙公約を反映した政策を実行するかどうかで、欧州は大きな影響を受けるだろう。経済低迷が政治の不安定要因となっているEUでは、米財政支出の大幅拡大によって景気が上向く可能性がある。だだし、通商政策におけるトランプ氏の保護主義的スタンスは逆の影響をもたらすリスクもある。

 トランプ氏は北大西洋条約機構(NATO)への資金提供について不透明な見解を持っており、またロシアとの関係改善を呼びかけていることから、EUは自立的な防衛オプションを模索している。

ポーランド与党「法と正義(PiS)」のヤロスワフ・カチンスキ党首

 憲法裁判所の権限を制約することでEU中枢に挑戦したポーランドの右派政権は、EUがその方針を加盟国にどれだけ強制できるのか探るとともに、東西の亀裂を広げつつある。EUは2月末までに方針を変えるようポーランド政府に求めているが、カチンスキ党首は、同国に対する罰則適用について、ハンガリーのオルバン首相などの盟友が拒否権を行使してくれるものと期待している。

 ポーランドは旧共産圏に属する東欧諸国を代表する大国だ。英国の外交当局者はEU離脱交渉において東西の亀裂を利用する構えを見せている。ロシア政府は、旧ソ連同盟国を厚遇しているものの、カチンスキ氏は扱いにくい相手だ。2010年にロシアで起きた航空機墜落事故でカチンスキ氏の一卵性双生児の弟で、当時のポーランド大統領だったレフ・カチンスキ氏が亡くなっているが、この事故にロシア政府が絡んでいると見ているからだ。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮の脅威への対抗がトランプ大統領の「最優先課題

ビジネス

独仏伊、EUに欧州企業買収の規制強化を要請=伊紙

ワールド

北朝鮮問題、非核化の意思と行動見せるまで圧力=河野

ビジネス

想定金利最低の1.2%、国債費抑制23.8兆円=1

MAGAZINE

特集:プーチンの新帝国

2017-8・29号(8/22発売)

内向きのトランプを尻目に中東、欧州そして北極へと「新帝国」拡大を目指すプーチン露大統領の野心と本心

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 3

    英ケンブリッジ大学がチャイナ・マネーに負けた!----世界の未来像への警鐘

  • 4

    トランプ ─ 北朝鮮時代に必読、5分でわかる国際関係論

  • 5

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 6

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 7

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 8

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 9

    自動車軽量化へ「木」に脚光 鉄の5倍強い新素材CNF…

  • 10

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 3

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

  • 4

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 5

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 6

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 7

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 8

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 9

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 4

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 5

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を…

  • 6

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 7

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 8

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 9

    対北朝鮮「戦争」までのタイムテーブル 時間ととも…

  • 10

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月