最新記事

サイエンス

すぐに拾えばOK?「5秒ルール」の真実

The Truth of the Five-Second Rule

2016年11月2日(水)10時30分
イアン・グレイバー・スティール

Mark Webster-Cultura/GETTY IMAGES

<一瞬だけ床に落とした食べ物なら口に入れても大丈夫――。多くの人が信じてきた「俗説」を科学的に検証してみたら>

 食べ物をうっかり床に落としてしまい、慌てて拾った経験は多くの人にあるはず。そんなとき、こんな考えが脳裏に渦巻くのではないか――ほんの一瞬だから、食べても大丈夫だよね? だっておいしそうだし。でも、最後に床を掃除したのはいつだっけ?

 床が清潔そうで、落ちたものをすぐに拾ったのなら口に入れてもOKだと、たいていの人は考える。いわゆる「5秒ルール」だ(日本では3秒)。ある調査では、回答者の87%が食べ物を床に落としても、すぐに拾って食べる、あるいは実際に食べたことがあると答えた。

 では、この5秒ルール、科学的に見て正しいのだろうか。米クレムソン大学の研究者らは07年、カーペットと木製の床、そしてタイルの床にそれぞれソーセージとパンを落とし、ネズミチフス菌(食中毒の原因となるサルモネラ菌の一種)がどの程度付着するかを、時間別に調べる実験を行った。

 その結果、ネズミチフス菌の付着は食べ物が床に落ちた瞬間から始まることが確認された。ただし床に落ちていた時間が長くなるほど、付着する細菌も増えることも分かった。つまり、「一瞬でも床に落ちたらアウト」という意味では5秒ルールは間違っているが、「短時間で拾い上げるほうが付着する菌が少ない」という意味では正しいというわけだ。

【参考記事】CO2からエタノールを効率良く生成する方法、偶然発見される

 この実験結果は、英アストン大学による14年の研究でも裏付けられている。「5秒ルールはただの俗説だという声に負けず、長年このルールを信じてきた人々が安心できる結果が出た」と、同大学のアンソニー・ヒルトン教授は言う。

 今年9月には米ラトガーズ大学の研究チームが、5秒ルールの正当性を2年にわたって検証した結果を発表した。彼らは木材とステンレス、タイル、カーペットの4種類の床の上にバターを塗ったパンやスイカ、グミなどの食材を落とし、それぞれ1秒、5秒、30秒、5分間置いて細菌の付着状況を調べた。

職場の床は意外に清潔

 結果は先行研究と一致するものだった。食べ物を床に落とした直後に細菌の付着が始まる一方、床に落ちている時間が長いほど付着する細菌も増えた。

 一方で、床のタイプや落とした食べ物の種類が、拾うまでの時間と同等かそれ以上に細菌の付着状況を左右することも明らかになった。細菌が最も付着しやすいのはステンレスの床、最も付着しにくいのはカーペットだった。また食べ物に含まれる水分が多いほど細菌の付着率も高くなり、スイカが最も多くの細菌を集めた。

ニュース速報

ワールド

焦点:試されるOPEC価格維持の「本気度」

ビジネス

米国株は上昇、ハイテク株が高い 金融株は売られる

ビジネス

インフレ確実に加速するまで利上げ見送りを=米セント

ビジネス

EU、公正な通商で米中に強硬姿勢を示唆 相互性重要

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 2

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 3

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷蔵庫

  • 4

    オバマが報復表明、米大統領選でトランプを有利にし…

  • 5

    中国の自転車シェアリング大手、世界へ拡大 7月には…

  • 6

    早さより味 マックが賭ける生肉パティのクォーター…

  • 7

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動…

  • 8

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 9

    【動画】ISIS発祥の地ヌーリ・モスク最後の日

  • 10

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 1

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 2

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 3

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 4

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 5

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 6

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 7

    イーロン・マスク「火星移住は生きている間に可能だ…

  • 8

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 9

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 10

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 4

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月