最新記事

ニュースデータ

マンガだけじゃない! 日本の子どもの読書量は多い

2016年7月19日(火)15時10分
舞田敏彦(教育社会学者)

bowie15-iStock.

<主要先進国で比較すると、日本の生徒のマンガの読書量は抜群に多いが、意外にも小説を読む頻度も一番高い。理想的なのは、マンガに大きく偏っている読書嗜好を、小説やノンフィクションにシフトすること>

 子どもの活字離れが指摘されて久しい。データから見ても、10代後半の「趣味としての読書実施率」(過去1年間)は、1991年の52.6%から2011年の45.0%に低下している(総務省『社会生活基本調査』)。スマホや携帯ゲームなどに時間を費やしているためだろう。

 この傾向に歯止めをかけようと、子どもの読書を推進する取り組みが行われ、法律も施行されている(子どもの読書活動の推進に関する法律)。同法第2条では、「読書活動は、子どもが言葉を学び、感性を磨き、表現力を高め、創造力を豊かなものにし、人生をより深く生きる力を身に付けていく上で欠くことのできないもの」と言及されているが、まさにその通りだ。

【参考記事】数学の「できない子」を強制的に生み出す日本の教育

 子どもが本に触れる頻度は国によって違うと考えられるが、国際比較をするとどうなるだろうか。経済協力開発機構(OECD)の国際学力調査「PISA 2009」では、15歳の生徒に対して、4つのジャンルの書籍をどれくらいの頻度で読むか尋ねている(選択肢は「全く読まない」「年に数回」「月に1回」「月に数回」「週に数回」)。主要国について、「週に数回」の回答割合をグラフにすると<図1>のようになる。

maita160719-chart01.jpg

 コミック(マンガ)を読む頻度の高さは、日本が群を抜いている。マンガ発祥の地の面目躍如と言ったところだろうか。マガジンも、多くがマンガ雑誌と思われる。注目されるのは、実はフィクション(小説)を手に取る頻度も日本が最も高いことだ。

 お堅いノンフィクション(論説)でみると,日本は下から2番目になる。このジャンルでは韓国が最も高いが、社会状況の厳しさから社会問題に関心を持つ青少年が多いのではないだろうか。米英独では、コミックよりノンフィクションが読まれていることも注目される。

ニュース速報

ビジネス

米政府機関閉鎖、トリプルA格付けに直接影響せず=フ

ワールド

米軍、中露との競争が最優先事項 対テロから方針転換

ビジネス

米国株は消費関連株主導で反発、S&Pとナスダックは

ビジネス

景気「緩やかに回復」、総括判断7カ月ぶり上方修正=

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 2

    フィンテックの台頭でお堅い銀行が様変わり

  • 3

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせた理由

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    自ら考える部下の育て方は「日本一オーラのない監督…

  • 6

    アメリカの「政府機関閉鎖」と「債務上限問題」の基…

  • 7

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 8

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 9

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 10

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 1

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 4

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 5

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 6

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 7

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 8

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    朝鮮半島で戦争が起きれば、中国とロシアはアメリカ…

  • 5

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 6

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 7

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 8

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 9

    中国当局、韓国への団体旅行を再び禁止 「禁韓令」…

  • 10

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月