最新記事

政治

エリートは無知な大衆に立ち向かえ

It’s Time for the Elites to Rise Up Against the Ignorant Masses

2016年7月8日(金)20時40分
ジェームズ・トラウブ(ジャーナリスト)

SergeyIT-iStock.

<イギリスの予想外のEU離脱は、人々の政治的分断の大きさを見せつけた。保守派とリベラル派との分断ではない。まだ正気の人々と怒り狂った人々、エリートと大衆の分断だ。極右やトランプが無知な大衆をだますなら、目を覚まさせるのがエリートの役目だ>

 1954年生まれの私にとって、人生で最大の政治的激動期といえば1960年代後半だった。ベトナム戦争や公民権運動がアメリカの文化や政党を変容させた時代だ。だが今から振り返ると、あれも比較的安定した政治体制の中の揺らぎに過ぎなかったように思えてくる。今起こっていることは違う。アメリカやイギリス、ヨーロッパで広がる市民の反乱は、見たこともないような形で政治を覆すかもしれない。

 エリート層が混乱しているのは1960年代後半も今も変わらない。だがかつてのエリートは、親の世代が築いた世界に反抗する若者から逃げていた。今のエリートは、その親たちから逃れようとしている。過激主義は今や主流になりつつある。イギリスがEU離脱を決めた国民投票の最大の汚点の一つは、EU離脱のリスクについて警告して残留を選ばせようとした経済学者や欧米の指導者に、イギリスの有権者がにあからさまにノーを突きつけたことだ。デービッド・キャメロン英首相は、EU残留が得策という考えでほぼ一致していた専門家の意見に有権者も当然従うものと考えていた。それだけでも、キャメロンがいかに自国民を理解していなかったかが分かる。

【参考記事】イギリスがEU国民投票で離脱を決断へ──疑問点をまとめてみた

共和党は歴史的分裂へ?

 イギリスでは二大政党の保守党と労働党がそろって危機に直面している。イギリスには先の国民投票で既に最後の審判が下ったのだが、アメリカではこれからだ。もしドナルド・トランプが11月の米大統領選本選で惨敗してくれれば、米共和党は大衆とロビイストや財界との間で歴史的な分裂状態に陥る恐れがある。フランス与党の社会党政権も来春の大統領選似たような失敗を犯しかねない。複数の世論調査によると、フランスのフランソワ・オランド大統領は決選投票にすら進めないという予測もある。一方でヨーロッパ中の反EU・極右政党は、自国でもEU離脱の是非を問う国民投票を行うよう求めている。

【参考記事】オーストリアが紙一重で「極右」大統領を阻止 右翼ポピュリズムが欧州を徘徊する

 分裂した政治はいずれ元の鞘に戻るのかもしれない。だが、EU離脱を決定したイギリスの国民投票で我々は、かつてなら衝撃的だったはずの変化がもはや日常になっていることに気付かされた。だとすれば、政治はどこに行くのだろう?ヨーロッパは既に一つの方向に向かっている。欧州のいたる所で、反移民の極右政党が票を集めている。まだ多数派にはなっていないが、5月にオーストリアで行われた大統領選決選投票では、極右・自由党のノルベルト・ホーファー党首が大統領の座まであと一歩というところまで躍進した。主流政党は右派も左派も、愛国主義政党を締め出すために連携を深めていくだろう。スウェーデンではすでにそうした動きが始まっており、中道右派政党の一つが中道左派政権の連立パートナーとして政権を支えている。もしフランスの社会党候補が大統領選第一回投票で敗れる事態になれば、社会党はまず間違いなく保守派の共和党の支持に回り、極右政党の国民戦線に対抗するはずだ。

【参考記事】テロ後のフランスで最も危険な極右党首ルペン

ニュース速報

ビジネス

ユーロ圏の1行、資本要件満たさず=ECB年次報告

ビジネス

アングル:邦銀のドル調達コストが急上昇、流動性低下

ビジネス

金融庁、店頭FXの決済リスクで有識者会議 証拠金倍

ワールド

ペンス米副大統領が来週中東訪問、アラブ諸国との関係

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    ひき肉の偽装表示も99%の精度で暴く

  • 3

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日本の個人投資家

  • 4

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 5

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 6

    孤独なオタクをのみ込む極右旋風

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    ウクライナ紛争ではびこる性暴力

  • 9

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 10

    金正恩の「聖地登山」はインスタ映え狙って演出か …

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 3

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 4

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 5

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 6

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 7

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 10

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 4

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 5

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 6

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月