最新記事

政治

エリートは無知な大衆に立ち向かえ

It’s Time for the Elites to Rise Up Against the Ignorant Masses

2016年7月8日(金)20時40分
ジェームズ・トラウブ(ジャーナリスト)

SergeyIT-iStock.

<イギリスの予想外のEU離脱は、人々の政治的分断の大きさを見せつけた。保守派とリベラル派との分断ではない。まだ正気の人々と怒り狂った人々、エリートと大衆の分断だ。極右やトランプが無知な大衆をだますなら、目を覚まさせるのがエリートの役目だ>

 1954年生まれの私にとって、人生で最大の政治的激動期といえば1960年代後半だった。ベトナム戦争や公民権運動がアメリカの文化や政党を変容させた時代だ。だが今から振り返ると、あれも比較的安定した政治体制の中の揺らぎに過ぎなかったように思えてくる。今起こっていることは違う。アメリカやイギリス、ヨーロッパで広がる市民の反乱は、見たこともないような形で政治を覆すかもしれない。

 エリート層が混乱しているのは1960年代後半も今も変わらない。だがかつてのエリートは、親の世代が築いた世界に反抗する若者から逃げていた。今のエリートは、その親たちから逃れようとしている。過激主義は今や主流になりつつある。イギリスがEU離脱を決めた国民投票の最大の汚点の一つは、EU離脱のリスクについて警告して残留を選ばせようとした経済学者や欧米の指導者に、イギリスの有権者がにあからさまにノーを突きつけたことだ。デービッド・キャメロン英首相は、EU残留が得策という考えでほぼ一致していた専門家の意見に有権者も当然従うものと考えていた。それだけでも、キャメロンがいかに自国民を理解していなかったかが分かる。

【参考記事】イギリスがEU国民投票で離脱を決断へ──疑問点をまとめてみた

共和党は歴史的分裂へ?

 イギリスでは二大政党の保守党と労働党がそろって危機に直面している。イギリスには先の国民投票で既に最後の審判が下ったのだが、アメリカではこれからだ。もしドナルド・トランプが11月の米大統領選本選で惨敗してくれれば、米共和党は大衆とロビイストや財界との間で歴史的な分裂状態に陥る恐れがある。フランス与党の社会党政権も来春の大統領選似たような失敗を犯しかねない。複数の世論調査によると、フランスのフランソワ・オランド大統領は決選投票にすら進めないという予測もある。一方でヨーロッパ中の反EU・極右政党は、自国でもEU離脱の是非を問う国民投票を行うよう求めている。

【参考記事】オーストリアが紙一重で「極右」大統領を阻止 右翼ポピュリズムが欧州を徘徊する

 分裂した政治はいずれ元の鞘に戻るのかもしれない。だが、EU離脱を決定したイギリスの国民投票で我々は、かつてなら衝撃的だったはずの変化がもはや日常になっていることに気付かされた。だとすれば、政治はどこに行くのだろう?ヨーロッパは既に一つの方向に向かっている。欧州のいたる所で、反移民の極右政党が票を集めている。まだ多数派にはなっていないが、5月にオーストリアで行われた大統領選決選投票では、極右・自由党のノルベルト・ホーファー党首が大統領の座まであと一歩というところまで躍進した。主流政党は右派も左派も、愛国主義政党を締め出すために連携を深めていくだろう。スウェーデンではすでにそうした動きが始まっており、中道右派政党の一つが中道左派政権の連立パートナーとして政権を支えている。もしフランスの社会党候補が大統領選第一回投票で敗れる事態になれば、社会党はまず間違いなく保守派の共和党の支持に回り、極右政党の国民戦線に対抗するはずだ。

【参考記事】テロ後のフランスで最も危険な極右党首ルペン

ニュース速報

ビジネス

神鋼に外部調査委設置指示、経産省「信頼性根本から損

ビジネス

神戸製鋼、不正発覚を隠蔽 数社からコスト負担請求も

ワールド

スペイン政府、カタルーニャ州で1月に選挙実施方針=

ビジネス

JR東、神鋼の不正アルミ使用の新幹線台車部品を順次

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

    • 1

      iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

    • 2

      ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

    • 3

      トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え中国にも圧力か?

    • 4

      北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

    • 5

      iPhone8はなぜ売れないのか

    • 6

      NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

    • 7

      石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

    • 8

      北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

    • 9

      自分を捨てた父親を探したら、殺人鬼だった

    • 10

      北朝鮮危機、ニクソン訪中に匹敵する米中合意の可能性

    • 1

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 2

      「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

    • 3

      北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

    • 4

      「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

    • 5

      トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

    • 6

      米軍は北朝鮮を攻撃できない

    • 7

      北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

    • 8

      中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

    • 9

      米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

    • 10

      iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

    PICTURE POWER

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
    日本再発見 シーズン2
    定期購読
    期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
    メールマガジン登録
    売り切れのないDigital版はこちら

    MOOK

    ニューズウィーク日本版 特別編集

    最新版 アルツハイマー入門

    絶賛発売中!

    STORIES ARCHIVE

    • 2017年10月
    • 2017年9月
    • 2017年8月
    • 2017年7月
    • 2017年6月
    • 2017年5月