最新記事

政治

エリートは無知な大衆に立ち向かえ

It’s Time for the Elites to Rise Up Against the Ignorant Masses

2016年7月8日(金)20時40分
ジェームズ・トラウブ(ジャーナリスト)

SergeyIT-iStock.

<イギリスの予想外のEU離脱は、人々の政治的分断の大きさを見せつけた。保守派とリベラル派との分断ではない。まだ正気の人々と怒り狂った人々、エリートと大衆の分断だ。極右やトランプが無知な大衆をだますなら、目を覚まさせるのがエリートの役目だ>

 1954年生まれの私にとって、人生で最大の政治的激動期といえば1960年代後半だった。ベトナム戦争や公民権運動がアメリカの文化や政党を変容させた時代だ。だが今から振り返ると、あれも比較的安定した政治体制の中の揺らぎに過ぎなかったように思えてくる。今起こっていることは違う。アメリカやイギリス、ヨーロッパで広がる市民の反乱は、見たこともないような形で政治を覆すかもしれない。

 エリート層が混乱しているのは1960年代後半も今も変わらない。だがかつてのエリートは、親の世代が築いた世界に反抗する若者から逃げていた。今のエリートは、その親たちから逃れようとしている。過激主義は今や主流になりつつある。イギリスがEU離脱を決めた国民投票の最大の汚点の一つは、EU離脱のリスクについて警告して残留を選ばせようとした経済学者や欧米の指導者に、イギリスの有権者がにあからさまにノーを突きつけたことだ。デービッド・キャメロン英首相は、EU残留が得策という考えでほぼ一致していた専門家の意見に有権者も当然従うものと考えていた。それだけでも、キャメロンがいかに自国民を理解していなかったかが分かる。

【参考記事】イギリスがEU国民投票で離脱を決断へ──疑問点をまとめてみた

共和党は歴史的分裂へ?

 イギリスでは二大政党の保守党と労働党がそろって危機に直面している。イギリスには先の国民投票で既に最後の審判が下ったのだが、アメリカではこれからだ。もしドナルド・トランプが11月の米大統領選本選で惨敗してくれれば、米共和党は大衆とロビイストや財界との間で歴史的な分裂状態に陥る恐れがある。フランス与党の社会党政権も来春の大統領選似たような失敗を犯しかねない。複数の世論調査によると、フランスのフランソワ・オランド大統領は決選投票にすら進めないという予測もある。一方でヨーロッパ中の反EU・極右政党は、自国でもEU離脱の是非を問う国民投票を行うよう求めている。

【参考記事】オーストリアが紙一重で「極右」大統領を阻止 右翼ポピュリズムが欧州を徘徊する

 分裂した政治はいずれ元の鞘に戻るのかもしれない。だが、EU離脱を決定したイギリスの国民投票で我々は、かつてなら衝撃的だったはずの変化がもはや日常になっていることに気付かされた。だとすれば、政治はどこに行くのだろう?ヨーロッパは既に一つの方向に向かっている。欧州のいたる所で、反移民の極右政党が票を集めている。まだ多数派にはなっていないが、5月にオーストリアで行われた大統領選決選投票では、極右・自由党のノルベルト・ホーファー党首が大統領の座まであと一歩というところまで躍進した。主流政党は右派も左派も、愛国主義政党を締め出すために連携を深めていくだろう。スウェーデンではすでにそうした動きが始まっており、中道右派政党の一つが中道左派政権の連立パートナーとして政権を支えている。もしフランスの社会党候補が大統領選第一回投票で敗れる事態になれば、社会党はまず間違いなく保守派の共和党の支持に回り、極右政党の国民戦線に対抗するはずだ。

【参考記事】テロ後のフランスで最も危険な極右党首ルペン

ニュース速報

ビジネス

米国株は上昇、ハイテク株が高い 金融株は売られる

ビジネス

インフレ確実に加速するまで利上げ見送りを=米セント

ビジネス

EU、公正な通商で米中に強硬姿勢を示唆 相互性重要

ビジネス

ECB資産買い入れ、独国債不足が延長巡る議論で鍵に

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら......

  • 2

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動家の勇気

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    支持率急降下の安倍首相、3期目に暗雲 7月の都議選…

  • 5

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 6

    『ハクソー・リッジ』1度も武器を取らず仲間を救っ…

  • 7

    早さより味 マックが賭ける生肉パティのクォーター…

  • 8

    アメリカ南西部で52.8℃という猛暑 高齢者など4人死亡

  • 9

    小池都政に「都民」と「民意」は何を求めているのか

  • 10

    米イージス艦事故と映画『バトルシップ』の意外な共…

  • 1

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 2

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 3

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える「貧富の格差」

  • 4

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 5

    イーロン・マスク「火星移住は生きている間に可能だ…

  • 6

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 7

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 8

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 9

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 10

    米イージス艦事故と映画『バトルシップ』の意外な共…

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 4

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 5

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 6

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 7

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 10

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱って…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月