最新記事

スイーツ

ポルトガルで出合う究極のエッグタルト

A Closely Guarded Secret

2016年6月6日(月)15時00分
エマ・ジェイコブズ

Forster-Ullstein Bild/GETTY IMAGES

<門外不出の秘伝レシピを知るのはたった3人。修道院で生まれた味を守り続けるリスボンの老舗に世界中の観光客が殺到>

 さくさくと香ばしいパイ生地の中に濃厚なカスタードクリームがたっぷり詰まったエッグタルトは、ポルトガル生まれの人気ペストリー。ポルトガル語でパステル・デ・ナタと呼ばれるこのスイーツの起源は、かつて国内各地に存在した修道院にあると伝えられている。修道院で洗濯した衣類やシーツをのり付けする際に大量の卵白を使ったため、余った卵黄の活用法として生まれたというのだ。

 パステル・デ・ナタのサイズや形状は地域によって異なるが、首都リスボンの一帯では昔から小さな丸形のものが受け継がれてきた。なかでも有名なのは、1837年の創業以来、リスボン市内のベレン地区に店を構え続けてきた老舗パスティス・デ・ベレンのもの。店のすぐ近くにあるジェロニモス修道院で生み出されたとされる秘伝のレシピを、今もかたくなに守り続けている名店だ。

 ジェロニモス修道院はポルトガルが栄華を極めた大航海時代に建立された建物で、世界遺産にも登録されている。そこで作られていたパステル・デ・ナタのレシピをある商人が買い取り、パスティス・デ・ベレンの創業者に売ったのが、絶品スイーツ誕生の始まりだという。

【参考記事】イラン「開国」で訪れるべきはここ!

 現在、門外不出の極秘レシピを知っているのは同店の3人のシェフだけ。その1人であるカルロス・マルチンスは10年ほど前、60年間レシピを守り続けてきた先代の後を継ぐ形でこの大役を任された。店のオーナーから「秘伝のレシピを受け継ぐ3人の1人に選ばれたと告げられた。すごくうれしかった」と、14歳から同店で修業を積んできたマルチンスは言う。

 彼は毎朝、「極秘」と書かれた金属製のドアの奥にある一室に入っていく。そこで他の選ばれし2人のシェフと共に、その日販売するパステル・デ・ナタ2万個分の生地とカスタードクリームを作るのだ。

ニュース速報

ワールド

ペンス米副大統領、南米諸国に北朝鮮との関係断絶を要

ビジネス

NAFTA再交渉開始、米国「微修正では済まない」と

ビジネス

英EU離脱、大半企業は現時点で戦略変更なし=調査

ビジネス

貿易収支、7月は4188億円の黒字 米向け自動車輸

MAGAZINE

特集:2050 日本の未来予想図

2017-8・15号(8/ 8発売)

国民の40%が65歳以上の高齢者になる2050年のニッポン。迫り来る「人口大減少」はこの国の姿をどう変える?

※次号8/29号は8/22(火)発売となります。

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コントロール法

  • 2

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 3

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック・デス」とは何者か

  • 4

    韓国の文大統領、北朝鮮と米国の対立緊迫化で外交に…

  • 5

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 6

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 7

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 8

    北朝鮮の金正恩、軍からグアム攻撃計画受ける 決定…

  • 9

    米軍に解放されたISの人質が味わった地獄

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広島・高知通過を予告

  • 2

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしまった

  • 3

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コントロール法

  • 4

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 5

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 6

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 7

    トランプ「軍事解決の準備完全」、北朝鮮「核戦争の…

  • 8

    核攻撃を生き残る方法(実際にはほとんど不可能)

  • 9

    北朝鮮巡る軍事衝突のリスク非常に高い、ロシアは回…

  • 10

    海外旅行格差から見える日本社会の深い分断

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を捨てよ

  • 4

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 5

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 6

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 7

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 8

    対北朝鮮「戦争」までのタイムテーブル 時間ととも…

  • 9

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 10

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月