最新記事

2016米大統領選

「不動産王」トランプ、投資運用の成績さえず判断力に疑問符

専門家は「トランプ氏は投資家としては凡庸」

2016年3月25日(金)20時12分

3月24日、米大統領選の共和党候補指名を目指すドナルド・トランプ氏は、実業家としての判断力を強みとしてアピールしている。写真はマイアミで10日撮影(2016年 ロイター/Carlo Allegri )

 米大統領選の共和党候補指名を目指すドナルド・トランプ氏は、実業家としての判断力を強みとしてアピールしている。ただロイターの調査によると、同氏が投資したファンドの一部は運用成績がさえず、過去1年3カ月はベンチマークをアンダーパフォームしていることが分かった。

 ロイターが開示書類などを基に調べたところでは、同氏のポートフォリオのヘッジファンド、投資信託21本のうち18本は2015年のリターンがマイナスで、今年も17本がマイナスに落ち込んでいる。

 ロイターの調べによると、同氏のファンドのリターンが昨年、平均で8.5%のマイナスだったの対して、株式市場とヘッジファンド業界のベンチマークはトントン、もしくはそれに近い成績を確保している。同氏ファンドのリターンは今年も、現時点で2.9%のマイナスとなっており、またもやベンチマークの多くをアンダーパフォームしている。

 ここ1年3カ月は、投資環境が厳しかったことは確かだ。株式市場が動揺し、原油やコモディティー(商品)価格も下落、中国経済が鈍化するなか、多くのポートフォリオマネジャーらは運用に苦慮していた。

 トランプ氏はロイターのインタビューで、ファンドに投資したのは3、4年前であり、長期的には成績は良いとして、自らの投資を擁護。

 同氏は21日、電話でのインタビューに応じ「運用は友人に任せてある」「成績が上がっているのか、下がっているのか、私は知らない。長期的には非常に良い、ということを知っているだけ」などと述べた。

トランプ氏、意に介さず

 ロイターが今回調べたトランプ氏のファンドは、同氏が昨年、連邦選挙委員会(FEC)に開示した23本のうちの21本。ロイターは、このうちの2本については、運用成績を把握することができなかった。

 トランプ氏は、ロイターとのインタビューで、これらのファンドは投資ポートフォリオのほんの一部にすぎない、と述べたうえで「私はヘッジファンドはあまりやらない。信じていないからだ」としている。

ニュース速報

ワールド

イタリア中部地震で最低120人死亡 住民ら下敷き、

ビジネス

米7月中古住宅販売3.2%減、予想を超える落ち込み

ビジネス

財務省、国債利払いの積算金利0.4%引き下げ=17

ビジネス

インタビュー:-ドイツ各行の預金手数料検討に理解=

MAGAZINE

特集:世界が期待するTOKYO

2016-8・30号(8/23発売)

リオ五輪の熱狂は4年後の東京大会へ── 世界は2020年のTOKYOに何を期待するのか

人気ランキング

  • 1

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 2

    イタリア中部地震で37人死亡、市長「生き物の気配がしない」

  • 3

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 4

    イタリア中部M6.2の地震で少なくとも6人死亡、建物損壊で住民が下敷きに

  • 5

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 6

    氷河を堰き止めている棚氷が崩壊の危機

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    実情と乖離した日本の「共産主義礼賛」中国研究の破綻

  • 9

    自衛隊、安保法制に基づく駆け付け警護など「集団的自衛権」の訓練開始

  • 10

    テスラ、大容量充電池を発表 世界最高の加速力と航続距離500kmを実現

  • 1

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 2

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 3

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    リオ五輪、英国のメダルラッシュが炙りだしたエリートスポーツの光と影

  • 6

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 7

    「ドーピング」に首まで浸かった中国という国家

  • 8

    リオ五輪でプロポーズが大流行 「ロマンチック」か「女性蔑視」か

  • 9

    希望のない最小の島国ナウルの全人口をオーストラリアに移住させる計画はなぜ頓挫したか

  • 10

    中国を捨てて、いざ「イスラム国」へ

  • 1

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 2

    中国衝撃、尖閣漁船衝突

  • 3

    戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

  • 4

    日銀は死んだ

  • 5

    【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(前編)

  • 6

    トランプには「吐き気がする」──オランド仏大統領

  • 7

    イチロー3000本安打がアメリカで絶賛される理由

  • 8

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 9

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 10

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
Newsweek特別試写会2016初秋「ハドソン川の奇跡
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

小幡 績

日銀は死んだ

STORIES ARCHIVE

  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月