最新記事

スタンフォード大学 集中講義 in 東京

試作すらせずに、新商品の売れ行きを事前リサーチするには?

クリエイティビティやイノベーションの「スキル」を教えるTEDさながらの特別セミナーに、東京の雨の夜、240人もが集まった

2016年3月25日(金)15時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

「誰でもクリエイティブになれる」 新刊『スタンフォード大学 夢をかなえる集中講義』プロモーションで来日し、すべて英語、通訳なしの特別セミナーをグロービス経営大学院で行った起業家育成のエキスパート、ティナ・シーリグ教授 Photo: ATSUKO TOYAMA (CROSSOVER)

「例えば、マクドナルドが『マックスパゲッティ』という新コンセプトの料理を売り出したいとしましょう。実際に商品開発をする前に、売れそうかどうかをテストするとしたら、いちばん簡単なのはどんな方法でしょうか?」

 会場から、次々に手が挙がる。「食べたいかを消費者に聞く」「スパゲッティをビッグマックに挟んでみる」「実際に作って試食してもらう」......。

 答え――メニューに「マックスパゲッティ」と記載する。ただそれだけ。会場の聴衆からは、その手があったかと、ため息が漏れる。試作する必要すらないのだ。この方法なら費用をかけることなく、注文しようとする客の数で、売れそうかどうかを事前にリサーチできる。

 これは、3月9日に東京・麹町のグロービス経営大学院で開かれた特別セミナーの一幕だ。スタンフォード大学の起業家育成のエキスパート、ティナ・シーリグ教授が新刊『スタンフォード大学 夢をかなえる集中講義』(高遠裕子訳、三ツ松新解説、CCCメディアハウス)のプロモーションで来日し、約240人の聴衆を前に熱弁を振るった。会場の反応もよく、まるで本場のTEDトークだった。

tinaseelig160325-2.jpg

まさに「スタンフォード大学 集中講義」、シーリグはエネルギッシュに聴衆を巻き込み、時には笑いを誘いながら、本場のTEDトークさながらのプレゼンテーションを行った Photo: ATSUKO TOYAMA (CROSSOVER)

 セミナーは、すべて英語、通訳なし。おまけに外はあいにくの雨という平日の夜だったが、それでもこれだけ多くの人が駆けつけ、会場は熱気に満ちていた。2010年に日本で刊行されたシーリグの第1作『20歳のときに知っておきたかったこと』(高遠裕子訳、三ツ松新解説、CCCメディアハウス)は32万部のベストセラーになったが、知名度だけが理由ではないだろう。人気の秘密はどこにあるのか。

【参考記事】起業家育成のカリスマに学ぶ成功の極意

想像力・クリエイティビティ・イノベーション・起業家精神

 シーリグは概念図や具体例を用いて、新刊の中心テーマである「インベンション・サイクル」を丁寧に解説していった。インベンション・サイクルとは、ひらめきを形にするまでのサイクルのことで、「想像力」を起点に「クリエイティビティ」「イノベーション」を経て「起業家精神」を発揮するまでのプロセスだと、シーリグは言う。このサイクルに従えば、多くのチャンスに気づき、ユニークなアイデアを思いついて実行し、豊かな人生を描けるようになると彼女は主張する。

tinaseelig160325-cycle.jpg

インベンション・サイクル(Invention Cycle)

「想像力にあふれ、クリエイティブであり、イノベーティブであり、起業家的であるためには何が必要か。私は長い間、研究を重ねてきました。そして膨大なリストを作りました。そこから『1つの行動、1つの姿勢』へと絞り込んだのです」と、シーリグは言った。

「想像力」「クリエイティビティ」「イノベーション」「起業家精神」の順に、それぞれ「1つの行動、1つの姿勢」をキーワードとして提示し、具体例を挙げて説明していくシーリグ。巧みなプレゼンテーションで聴衆を巻き込むのがうまいだけでなく、わかりやすい構成なので、頭に入ってきやすい。

 まずは想像力。キーワードは「Engage & Envision」である。すなわち、何かひとつのことにどっぷり浸かること、今あるものに代わるものを思い描くこと。

 ここでシーリグが例に出したのは、書籍でも取り上げているスコット・ハリソンのエピソードだった。すさんだ生活を送るナイトクラブのプロモーターだったが、心を入れ替え、世界の8億人に清潔な飲料水を届けようとNPOを立ち上げた男だ(参考記事:悪行をやり尽くした末、慈善活動家になった男の話)。

ニュース速報

ビジネス

日経平均は大幅続落、1万9000円割れ 1カ月ぶり

ワールド

メキシコで銃乱射、外国人含む5人死亡 音楽フェステ

ワールド

韓国への亡命待つ北朝鮮外交官はまだいる━元公使=聯

ビジネス

情報BOX:主要自動車メーカーのメキシコ生産

MAGAZINE

特集:トランプ・ワールドの希望なき幕開け

2017-1・24号(1/17発売)

ドナルド・トランプがついに米大統領就任へ──。「異次元の政治家」にできること、できないこと

人気ランキング

  • 1

    南シナ海の人工島封鎖で米中衝突が現実に?

  • 2

    北朝鮮が国家ぐるみで保険金詐欺、毎年数十億円を稼ぐ

  • 3

    トランプ大統領就任式ボイコット続出、仕掛け人のジョン・ルイスって誰?

  • 4

    トルコ航空貨物機、キルギスで墜落 少なくとも20人…

  • 5

    ベーシックインカム、フィンランドが試験導入。国家…

  • 6

    ナイジェリアを「金で買った」中国――「一つの中国」…

  • 7

    「南シナ海の人工島封鎖なら、米国は戦争覚悟すべき…

  • 8

    サイバー対策の責任者となるジュリアーニの、お粗末…

  • 9

    英メイ首相、EUの単一市場と関税同盟からの撤退表明へ

  • 10

    ダライ・ラマ制裁に苦しむ、モンゴルが切るインドカ…

  • 1

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 2

    トランプ当選初会見でメディアを批判 ツイッターなどSNS大炎上

  • 3

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 4

    「南シナ海の人工島封鎖なら、米国は戦争覚悟すべき…

  • 5

    トランプの娘婿クシュナーが大統領上級顧問になる悪夢

  • 6

    オバマ、バイデン副大統領に最後のサプライズで勲章…

  • 7

    ロシアのサイバー攻撃をようやく認めたトランプ

  • 8

    ダライ・ラマ制裁に苦しむ、モンゴルが切るインドカ…

  • 9

    南シナ海の人工島封鎖で米中衝突が現実に?

  • 10

    iPhoneはなぜ割れるのか?<iPhone 10周年>

  • 1

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 2

    キャリー・フィッシャー死去、でも「2017年にまた会える」

  • 3

    オバマが報復表明、米大統領選でトランプを有利にした露サイバー攻撃

  • 4

    「知能が遺伝する」という事実に、私たちはどう向き…

  • 5

    トルコのロシア大使が射殺される。犯人は「アレッポ…

  • 6

    トランプ当選初会見でメディアを批判 ツイッターな…

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    日本の制裁措置に韓国反発 企画財政省「スワップ協…

  • 9

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 10

    安倍首相の真珠湾訪問を中国が非難――「南京が先だろ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本の観光がこれで変わる?
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月