最新記事

中国

アップルも撃沈させた中国一恐ろしいテレビ特番、今年の被害者は?

毎年3月15日に放送され、庶民は喜ぶ一方、中国企業も外国企業も恐れおののくCCTVの番組『315晩会』とは何か

2016年3月17日(木)18時15分
高口康太(ジャーナリスト、翻訳家)

反面教師に 2013年にアップルは『315晩会』の放送をきっかけに、「中国人だけ差別している」と叩かれ、謝罪に追い込まれた(深圳のアップルストア) Bobby Yip-REUTERS

 2016年3月15日、中国でもっとも"面白く"かつ"恐ろしい"テレビ番組が放送された。『315晩会』だ。中国の庶民はこの番組を見て昏(くら)い喜びにひたり、中国企業も日本企業も恐れおののく。『315晩会』とは、一体どんな番組なのだろうか。

「遠山の金さん」的であり、超速攻で謝罪するしかない

 毎年3月15日は「世界消費者権利デー」に指定されている。米国のケネディ大統領が1962年に「消費者の権利」を提示したことにちなんで、国際消費者機構が1983年に制定した記念日だ。中国では1991年から中国中央電視台(CCTV)が『315晩会』という特別番組を放送している。

 なぜ、もっとも"面白く"かつ"恐ろしい"番組なのか。放送時間は3時間程度だが、この間に、記者が隠しカメラで撮影した悪事が次々と放送され、企業の不正が暴かれていく。近年ではアップル、フォルクスワーゲン、ニコンなどの外資系企業も槍玉に挙げられている。

 企業担当者の謝罪する姿が流されることもあれば、放送中にSNSで企業から謝罪声明が公開されることもある。「遠山の金さん」的とでも言うのだろうか、普段威張りくさっている大企業が「恐れ入りました」と土下座する姿が庶民に昏い喜びを与えているのだ。

【参考記事】中国ドラマ規制リスト:学園ドラマも刑事ドラマも禁止!

 その"面白さ"の一方で、メディアの暴力という"恐ろしさ"も感じずにはいられない。政府部局から指導や修正要求があった場合には、対応する時間もあれば話し合いをすることもできるが、『315晩会』に取り上げられたからには一切の抗弁は許されない。ただただ謝罪する以外の選択肢はないのだ。企業にとってはたまったものではない。

 しかもCCTVといえば官制メディアであり、その報道内容は中国共産党の意を色濃く受けているとあっては、通常のメディアスクラム以上の恐ろしさを備えている。後述するが、『315晩会』に逆らえば中国官制メディアが一丸となって潰しにかかってくる。

 企業にとっては恐怖の一日となるだけに、『315晩会』対策のセミナーやマニュアルも多数存在する。日本企業向けのセミナーも少なくない。それらの多くでは「番組に取り上げられたら、言い訳しないで超速攻で謝罪しましょう」と指導されている。

 ちなみに、CCTVに直接話をつけて『315晩会』のターゲットから外してもらうことができると話すコンサルタントも存在する。果たして本当にそんなことが可能かどうかはわからないが、かつて『315晩会』の責任者であったCCTV財経チャンネルトップの郭振璽氏が2014年に収賄容疑で逮捕されているという事実はある。ただし『315晩会』がらみだったかどうかは明かされていない。

謝罪の優等生はマクドナルド、失敗例はアップル

 速攻謝罪の好例とされているのが、2012年『315晩会』でのマクドナルドの対応だ。「調理から一定時間が過ぎた商品は廃棄せよ」とマニュアルにはあるのに販売を続けている店舗があったという。たいしたネタではないが、マクドナルド中国は番組終了からわずか30分後にはSNSで謝罪声明を発表し、批判の拡大を防いだ。

ニュース速報

ビジネス

国際通貨研究所理事長にJBIC前総裁の渡辺博史氏

ビジネス

アングル:経済要職に対金融業界タカ派を、クリントン

ワールド

アングル:北朝鮮の新たな資本主義者育てる「秘密地下

ビジネス

米国株は反発、ドイツ銀持ち直し金融株に買い

MAGAZINE

特集:進化する中国軍

2016-10・ 4号(9/27発売)

高学歴人材、最新鋭兵器、洗練された組織......。かつてのイメージを覆す人民解放軍の知られざる変貌

人気ランキング

  • 1

    リオ五輪閉会式「引き継ぎ式」への疑問

  • 2

    アメリカ大統領選、クリントンがトランプを5%リード=ロイター最新世論調査

  • 3

    トランプ、キューバ禁輸違反が発覚=カジノ建設を検討

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    『ハドソン川の奇跡』 英雄は過ちを犯したのか

  • 6

    韓国政府、サード配備予定地ロッテグループのゴルフ場に変更

  • 7

    トランプの新政策が物語る「大衆の味方」の大嘘

  • 8

    ロシア「アメリカは事実上のテロ支援国家」

  • 9

    病院が患者を殺す 米国で広がるMRSAの脅威

  • 10

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 1

    リオ五輪閉会式「引き継ぎ式」への疑問

  • 2

    エジプトの過激派にナチスからの地雷の贈り物

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    討論初戦はヒラリー圧勝、それでも読めない現状不満層の動向

  • 5

    ロシアの最新型原潜、極東に配備

  • 6

    アーティスツ(1):会田誠の不安、村上隆の絶望

  • 7

    米テレビ討論、クリントン「二重の負担」で不利

  • 8

    戦略なき日本の「お粗末」広報外交

  • 9

    ブルキニを禁じたフランスのパリがヌーディスト解禁へ

  • 10

    トランプ、キューバ禁輸違反が発覚=カジノ建設を検討

  • 1

    金正恩「公式行事での姿勢が悪い」と副首相を処刑

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 4

    蓮舫氏へ、同じ「元・中国人、現・日本人」としての忠言

  • 5

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬犠牲に

  • 6

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 7

    「スタバやアマゾンはソーセージ屋台1軒より納税額が少ない」オーストリア首相が猛批判

  • 8

    核攻撃の兆候があれば、韓国は平壌を焼き尽くす

  • 9

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 10

    イスラム女性に襲われISISがブルカを禁止する皮肉

 日本再発見 「東京のワンテーマ・ミュージアム」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

盛り土は気になるけど、北方領土もね!

辣椒(ラージャオ、王立銘)

スマホに潜む「悪魔」が中国人を脅かす

STORIES ARCHIVE

  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月