最新記事

中国経済

ハイテク温水便座から食堂まで、中国の何でもアリな「供給側改革」

シャオミCEOは欧米の輸入品と競合できる製品を作れることと言い、経済学者は欧米ブランドの買収だという魔法の言葉

2016年3月14日(月)20時40分

3月14日、その言葉はある人にとっては中国でどこでも見られるちっぽけな麺物屋の改装を意味し、ある人にとってはハイテク便座(温水洗浄便座)の製造を意味している。写真は全人代での習近平総書記。13日撮影(2016年 ロイター/Kim Kyung-hoon)

 その言葉はある人にとっては中国でどこでも見られるちっぽけな麺物屋の改装を意味し、ある人にとってはハイテク便座(温水洗浄便座)の製造を意味している。「供給側改革」は北京で開催中の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)での流行語だが、解釈はさまざまで、正確な意味はあいまいなままだ。

 習近平国家主席の昨年終盤の発言で注目されるようになった供給側改革(サプライサイド・リフォーム)という言葉。米国のレーガン元大統領が規制緩和や減税を導入する際に用いた英語のフレーズが由来だ。アナリストらは国有企業の再編などを通じ、国内経済における政府の役割を縮小して市場原理を一段と働かせることを狙ったものだと説明している。

 しかし、実のところ具体的な意味は誰もよくわかっておらず、数千人いる全人代の代表がそれぞれ独自の解釈をする中で、省級政府による無駄遣いといったリスクが高まっているほか、中央政府の政策を地方に浸透させることの難しさを浮き彫りにしている。

 キャピタル・エコノミクス(シンガポール)のエコノミスト、ジュリアン・エバンス=プリチャード氏は「中国ではこうした問題は常にある。政府機関が多層的に重なる構造のため、地方レベルにメッセージを浸透させ、適切に実行させるのを困難にしている」と述べた。

 中国北西部の甘粛省は貧困で知られる。国営新華社によると、同省の当局者は有名な蘭州牛肉麺の店舗を改装し、インターネットに接続することを推し進めている。「ケンタッキーフライドチキン(KFC)といった西洋のファストフードのように」なれば、価格を引き上げることが可能だとしている。

 また、全人代代表の会合では多くの当局者が供給側改革の1つとして、中国人の訪日旅行客に人気のハイテク便座を中国の業者が製造できるようになることを挙げた。

 海外での買収を後押しする発言も出ている。西南財経大学のヤン・ハイヤン教授(経済学)は1月、重慶で開かれたイベントで「供給側改革とは何か。現在、世界経済は苦境に陥っており、多くの欧州ブランドも苦しんでいる。それらを買収したらどうか」と発言。「中国人がこうしたブランドを買収すれば中国ブランドになる。シャネルやルイ・ヴィトン、アディダス、ナイキを全て買収したらいい」と話した。

ニュース速報

ビジネス

トランプ氏「NAFTA再交渉可能」、条件合意失敗な

ワールド

安倍氏が挑発行動回避訴え、プーチン氏「6カ国協議再

ビジネス

ECBが緩和姿勢維持、総裁「下振れリスクは後退」

ビジネス

ECB理事会後のドラギ総裁発言要旨

MAGAZINE

特集:国際情勢10大リスク

2017-5・ 2号(4/25発売)

北朝鮮問題、フランス大統領選、トランプ外交──。リーダーなき世界が直面する「10のリスク」を読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

    • 1

      25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

    • 2

      ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメント拒否

    • 3

      北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需要が急増

    • 4

      北朝鮮、軍創設記念日で大規模砲撃演習 米原潜は釜…

    • 5

      「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

    • 6

      アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方 ── 環…

    • 7

      北朝鮮「超強力な先制攻撃」を警告 トランプは中国…

    • 8

      米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

    • 9

      北朝鮮・シリアの化学兵器コネクション

    • 10

      フランス大統領選、マクロンとルペンの決選投票へ

    • 1

      25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

    • 2

      「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝鮮庶民の本音

    • 3

      ユナイテッド航空「炎上」、その後わかった5つのこと

    • 4

      北朝鮮に対する軍事攻撃ははじまるのか

    • 5

      米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

    • 6

      15日の「金日成誕生日」を前に、緊張高まる朝鮮半島

    • 7

      北朝鮮への米武力攻撃をとめるためか?――習近平、ト…

    • 8

      北朝鮮近海に米軍が空母派遣、金正恩の運命は5月に決…

    • 9

      オーバーブッキングのユナイテッド航空機、乗客引き…

    • 10

      ユナイテッド機の引きずり出し事件に中国人激怒、の…

    PICTURE POWER

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
    定期購読
    期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
    メールマガジン登録
    売り切れのないDigital版はこちら

    MOOK

    ニューズウィーク日本版 別冊

    0歳からの教育 知育諞

    絶賛発売中!

    STORIES ARCHIVE

    • 2017年4月
    • 2017年3月
    • 2017年2月
    • 2017年1月
    • 2016年12月
    • 2016年11月