最新記事

シリア内戦

支援物資を高値で売るシリア政権の「戦術」

Assad Regime Sells Relief Food at Sky-High Prices

停戦発効後もISIS掃討を口実に攻撃が続き、住民は空爆と兵糧攻めに苦しむ

2016年3月10日(木)17時33分
フィクラム

兵糧攻め アサド政権はその支配地域で戦闘員も非戦闘員も飢える無差別攻撃を行っている Abdalrhman Ismail-REUTERS

 シリアのアサド政権とロシア軍は民間人を相手に戦争を仕掛けてきた。その武器はミサイルや樽爆弾にとどまらない。経済的な武器でも人々を締め上げてきたことは、シリア北東部の都市デリゾールのここ数カ月の状況を見れば明らかだ。

 ロシア軍は1月15日、デリゾールの2つの地区に6箱の人道支援物資を空から投下した。この2地区はシリア政府軍の支配下にあるが、1年余りにわたってテロ組織ISIS(自称イスラム国、別名ISIL)に包囲されている。

 ロシアのニュース専門局ロシア・トゥデーは、ロシア軍参謀本部のセルゲイ・ルドスコイの声明を伝えた。それによれば、ロシア軍はイリューシンIL78輸送機で数回にわたり22トンの支援物資を投下、物資は包囲された地区で住民に配布されるという。

 だが実際には、シリア政府軍第137旅団がすぐさま投下地点に駆けつけ、政府関連施設に支援物資を運び込んだ。

 アサド政権は物資を仕分けして住民に配布するためだと説明したが、政府軍は仕分けを終えるとすぐに物資を目抜き通りに運び、法外な値段をつけて食料品を売り始めた。

 サーディン200グラムが1200シリア・ポンド(約20ドル)、砂糖1キロが7000シリア・ポンド(約112ドル)、鶏肉ハム150グラムが1600シリア・ポンド(約26ドル)といった具合だ。

【参考記事】人間を「駆除」するアサドの収容所、国連が告発

 国連は2月、シリア赤新月社のデリゾール支部が配布できるよう、市内に21トンの支援物資を投下することを決定した。この作戦にはリスクが伴い、クレートが途中で破損したり、赤新月社が入れない地点に落下する可能性があることも考慮した上だった。

 赤新月社はツイッターで物資を無事に受け取ったと報告した。だがデリゾールで活動する人権団体ジャスティス・フォア・ライフ監視団によると、国連の投下した21のクレートのうち、4箱はひどい損傷を受け、7箱は赤新月社が入れない地点に落ち、残りの10箱も誰が受け取ったか確認できていないという。

 シリアの人々にとっては、赤新月社と国連の発表がくい違うことは驚くに当たらない。赤新月社は政権に「借り」があるというのが、多くのシリア人の見方だ。

 アサド政権が反政府派の支配地域を兵糧攻めで落とそうとしているのは明らかだ。このやり方では、戦闘員だけでなく民間人も飢餓と物資不足に苦しむことになる。武装・非武装はおろか、政権支持か反政府派かも問わない無差別攻撃だ。

【参考記事】記者が見たシリア無差別攻撃の現実

 この戦術について、ジョン・ケリー米国務長官は声明で、シリア政府軍に包囲され、餓死者も出たと見られるダマスカス郊外のマダヤを例に挙げ、「マダヤの悲劇が唯一のケースではない」と、アサド政権の戦争犯罪を非難した。

「昨年の年明けから、国連は支援物資を配るようシリア政府に113回要請した。あきれたことに、実際に配ったのは13回だけだ。その間に人々は死に、子供たちは苦しんでいる。戦闘に巻き込まれたからではなく、『降伏か、餓死か』という意図的な戦術のために」と、ケリーは語った。

ニュース速報

ビジネス

フロリダ州の死亡事故、タカタ製エアバッグが原因の公

ビジネス

ドル上昇、米経済指標受け持ち直し=NY市場

ビジネス

ダウ最高値更新、S&P・ナスダック反落 ハイテクや

ビジネス

米、国境税導入見送りを決定=共和党指導部

MAGAZINE

特集:「イスラム国」の子供たち

2017-8・ 1号(7/25発売)

過激なイデオロギーに感化された子供たちや帰還兵によってより潜在化するテロ組織ISISの恐怖

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ジャスティン・ビーバー 外国で激怒された6つの御乱行

  • 2

    「ジハードって楽しそうだ」ISIS崩壊後、洗脳された子供たちは...

  • 3

    トランプ大統領、トランスジェンダーの米軍入隊を禁止へ 訴訟の恐れも

  • 4

    モスル奪還作戦、写真で見るISISとの戦いの恐怖

  • 5

    シングルペアレント世帯の貧困率が世界一高い日本

  • 6

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 7

    スーツはおしゃれの道具じゃない、「細身」では信用…

  • 8

    セッションズ司法長官をクビ!にトランプ支持層が激…

  • 9

    日本製武器の世界での競争力は

  • 10

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使…

  • 1

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 2

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあの2人

  • 3

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 4

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見え…

  • 5

    北の最高指導者が暗殺されない理由

  • 6

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 7

    シャーロット王女は「公務のプロ」 監視カメラが捉…

  • 8

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 9

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使…

  • 10

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 1

    中国「三峡ダム」危機--最悪の場合、上海の都市機能が麻痺する

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使わない理由

  • 4

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 5

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 6

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 7

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 8

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 9

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見え…

  • 10

    北の最高指導者が暗殺されない理由

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月