最新記事

中国社会

中国のビール市場が成熟化、「高級」や「こだわり」の商品に人気

海外のプレミアムビールが人気を集め、小規模なクラフトビール生産者にも商機

2016年3月7日(月)14時05分

3月7日、中国人消費者の「高級」や「こだわり」志向がビールにも波及し、海外ブランドや個性豊かなビールを提供する小規模醸造業者が中国に新たな商機を見出す動きもある。北京の地ビールを提供するパブで6日撮影(2016年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

 中国人消費者の「高級」や「こだわり」志向がビールにも波及し、海外ブランドのプレミアムビールが人気を集め、手作りで個性豊かなクラフトビールを提供する小規模醸造業者が中国に新たな商機を見出す動きも広がりつつある。

大手ビール各社にとって、中国は重要な市場だ。昨年は世界全体の出荷の伸びの半分を中国が占めた。ただ、ドイツ銀行のアナリストの試算によると、ビール会社が世界全体で稼いだ利益のうち中国が占める割合はわずか3%で、今後利益を拡大していかなければならない。

ラボバンクで上海を拠点とするアナリスト、キャサリン・ソン氏は「これからはプレミアムビール部門が大事な戦場になる。なぜならこの部門こそが主たる利益のけん引役だからだ」と指摘した。

先週には英SABミラーが香港上場の華潤ビール<0291.HK>に華潤雪花ビールの株式49%を予想外に低い価格で売り払うと発表した。これはアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)が英SABミラー買収について中国当局から承認を得るための資産売却の一環だが、もう1つ重要なポイントはSABミラーが中国でより魅力のあるプレミアムビール事業に専念できるようになったことだ。

中国のビール市場におけるプレミアムビールの割合は2010年に10%足らずにすぎなかったが、2019年末には33%を超えると予想されている。

昨年の中国の消費者による海外高級ビールの輸入額は、60%増加した。

<ステータスシンボル>

こだわりという面では例えば、中国中央部の武漢市でバーを経営するChen Jiaqiさんは、わざわざ飛行機で640キロメートルも離れた上海まで行って、ニュージーランドのクラフトビールを試飲するほどだ。

Chenさんは「ビールの味自体の好みにうるさい中国の顧客はどんどん増えていると思う。あるビールが個性的で希少であるなら、それが選ばれる」と話す。

少量で手をかけて生産するクラフトビールは当然値段が高い。上海でクラフトビールは1びん当たり30元(4.6ドル)前後で、最も安い量産品の10倍を超える。

それでも上海の繁華街にあるクラフトビールのバーで独バイエルン州産のホワイトビールを飲んでいたある看護師の女性は「このビールは特殊でより味わいが深い。余分なお金を払う価値がある」と述べた。

こうした流れを受け、スコットランド・ブリュードッグやニューヨークのブルックリン・ブルワリーといった小規模醸造所が積極的に中国市場に照準を定め始めている。

イングランド北部で「ハンギングストーン」や「ホーリーカウ」などのブランドでクラフトビールを生産しているイルクリー・ブルワリーのディレクター、ルーク・レイベン氏は「中国は近いうちに対応すべき市場のリストに載っている」と語った。

クラフトビールはだれもが好む商品ではないが、その他大勢とは違うところを見せるために積極的にお金を払おうとする中国の消費者の行動は、バドワイザーやハイネケン、日本のアサヒといった大手輸入ブランドの販売も下支えしている。

ユーロモニターの調査によると、昨年の中国のビール市場は全体で7.5%成長したのに対してプレミアムビールの伸びは25%に達した。

中国の消費者がハイネケンやカールスバーグなどのプレミアムビールを選ぶのは、スターバックスでコーヒーを飲むのと同じで一種の「ステータスシンボル」になっているとの声も聞かれた。

(Adam Jourdan記者)

[上海 7日 ロイター]

120x28 Reuters.gif
Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

英、EU離脱を正式通知 2年間の交渉開始

ビジネス

年内あと1・2回の利上げ支持、成長に顕著な上振れリ

ビジネス

EU離脱通知受けポンド上昇、英国株は値下がり

ビジネス

英拠点の銀行、フランクフルトへの移転を協議=独連銀

MAGAZINE

特集:フランス大統領選 ルペンの危険度

2017-4・ 4号(3/28発売)

4月末のフランス大統領選で大躍進が見込まれる極右・国民戦線の女性党首ルペンが支持を広げる理由

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    肺にまさかの「造血」機能、米研究者が発見

  • 2

    王毅外相「日本は『心の病』を治せ!」――中国こそ歴史を直視せよ

  • 3

    東芝は悪くない

  • 4

    困窮エジプトの無謀な宇宙開発

  • 5

    レギンスパンツで搭乗は不適切? ユナイテッド航空…

  • 6

    韓国の次期「左派大統領」が進む道

  • 7

    トランプの娘婿でイバンカの夫、クシュナーの素性

  • 8

    アップルがいまiPhone「レッド」を出す3つの理由

  • 9

    実はアメリカとそっくりな「森友学園」問題の背景

  • 10

    トランプは張り子の虎、オバマケア廃止撤回までの最…

  • 1

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚げは最終段階

  • 2

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 3

    金正男殺害の容疑者は北朝鮮の秘密警察に逮捕されていた

  • 4

    亡命ロシア下院議員ボロネンコフ、ウクライナで射殺

  • 5

    トランプは張り子の虎、オバマケア廃止撤回までの最…

  • 6

    米ビール業界を襲うマリファナ「快進撃」

  • 7

    サウジ国王が訪問を中止したモルディブが今注目され…

  • 8

    ロンドン襲撃テロ事件で死者4人・負傷40人 英首相「…

  • 9

    肺にまさかの「造血」機能、米研究者が発見

  • 10

    「日本の汚染食品」告発は誤報、中国官制メディアは…

  • 1

    ウーバーはなぜシリコンバレー最悪の倒産になりかねないか

  • 2

    買い物を「わり算」で考えると貧乏になります

  • 3

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚げは最終段階

  • 4

    英女王「死去」の符牒は「ロンドン橋が落ちた」

  • 5

    金正男の長男ハンソル名乗る動画 身柄保全にオラン…

  • 6

    ISISが中国にテロ予告

  • 7

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    スカーレット・ヨハンソンが明かしたイバンカ・トラ…

  • 10

    ウィリアム王子が公務をさぼって美女と大はしゃぎ、…

Hondaアコードの魅力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

原子力緊急事態への対応力を向上
日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月