最新記事

子供

ISISの支配下には31,000人以上の妊婦がいる

More Than 31,000 Pregnant Women Under Islamic State Rule

生まれたそのときから聖戦士になるべく洗脳され訓練される運命を赤ん坊たちに担わせてはならない

2016年3月8日(火)19時10分
ジャック・ムーア

心身に傷を負って ISISが公開した動画に登場した子供たち Quillium Foundation

 イラクおよびシリアのISIS(自称「イスラム国」、別名ISIL)支配地域で暮らす子供に関する最新の報告書で、ISISが樹立を宣言した自称「イスラム国」には3万1,000人以上の妊婦がいることがわかった。

 この数字は、イギリスを拠点に過激派に対抗する活動を行うシンクタンク、クイリアムが、3月7日に公開した報告書「ISISの子供たち」のなかで明らかにしたもの。ISIS支配下で暮らす妊婦の推定人数は、クイリアム代表のノーマン・ベノトマンが、ある諜報機関部員から得た情報だ。

「『イスラム国』で3万1,000人の女性が妊娠しているという事実は、非常に気がかりだ」とクイリアムの上級研究員、キニタ・マリクは言う。「国際社会はこうした子供を救うために一刻も早く手を打たなければならない」

子供たちは最強の殺人兵器になる

 この報告書では、ISIS支配下の子供たちのなかにはイギリス出身の子供が50人以上いることや、子供たちがISISの厳格なカリキュラムを教え込まれていて、絵を描いたり哲学を学んだりすることは禁じられていることなどが紹介されている。若者たちは、「ジハーディスト訓練」キャンプに参加する前にコーランの詩を暗唱させられている。

「カリフの真珠」と呼ばれる少女たちは、ISISの学校には立ち入ることができず、家に押し込められて、夫の世話をするように幼いころから教えられる。ISIS支配下で暮らす子供たちの多くは誘拐されたか、脅されて連れてこられた者たちだ。そして、小さいうちから過激主義の価値観を植えつけられ、ISISの信念を広めるように教えられる。

【参考記事】息子をISISの自爆テロに差し出すブラックな父

 この報告書によると、現役のISIS戦闘員たちはこうして育つ子供たちを「自分たちよりも優れた殺人兵器になる」と期待し、ジハードの将来は明るいと考えている。ISISの教育制度は「次世代のムジャヒディン(イスラム聖戦士)の心」を作るためのものだ。子供たちは激しい暴力に鈍感になり、精神と肉体の両面で傷つくことになる。

【参考記事】ISIS支配下で民間人犠牲者1万9000人の地獄、国連報告書

「これは地球上で最も憂慮すべき事態のひとつだ」と、クイリアムのベノトマン代表は言う。「子供たちは未来へのカギを握っている。ISISでの洗脳は生まれたときから始まり、学校や訓練キャンプで一層強化される。子供たちは、異端の解釈を施されたシャリーア(イスラム法)を教え込まれ、暴力に対する感覚は鈍化し、ジハードの大義を担うために必要な技能を習得することになる」

ニュース速報

ワールド

イタリア首相、辞意を表明 敗北は「極めて明確」

ワールド

バルス仏首相、大統領選出馬を5日表明へ=報道

ビジネス

三井住友とみずほ、露ガスプロムに950億円融資 日

ワールド

中国・内モンゴルの炭鉱爆発で32人死亡、事故相次ぐ

MAGAZINE

特集:トランプ時代の国際情勢

2016-12・ 6号(11/29発売)

トランプ次期米大統領が導く「新秩序」は世界を新たな繁栄に導くのか、混乱に陥れるのか

人気ランキング

  • 1

    イギリス空軍、日本派遣の戦闘機を南シナ海へ 20年には空母も

  • 2

    内モンゴル自治区の民主化団体が東京で連帯組織を結成した理由

  • 3

    プーチン年次教書「世界の中心で影響力」を発揮する

  • 4

    タイ新国王が即位しても政情不安は解消されない

  • 5

    百田尚樹氏の発言は本当に「ヘイトスピーチ」なのか…

  • 6

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 7

    初の極右国家元首ならず、オーストリア大統領選は親…

  • 8

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃな…

  • 9

    イタリア政府、憲法改正国民投票を12月4日実施 首相…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 2

    内モンゴル自治区の民主化団体が東京で連帯組織を結成した理由

  • 3

    イギリス空軍、日本派遣の戦闘機を南シナ海へ 20年には空母も

  • 4

    スラバヤ沖海戦で沈没の連合軍軍艦が消えた 海底か…

  • 5

    悪名高き軍がミャンマーで復活

  • 6

    新卒採用で人生が決まる、日本は「希望格差」の国

  • 7

    バルト3国発、第3次大戦を画策するプーチン──その時…

  • 8

    偽ニュース問題、米大統領選は始まりに過ぎない?

  • 9

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃな…

  • 10

    イタリア政府、憲法改正国民投票を12月4日実施 首相…

  • 1

    トランプファミリーの異常な「セレブ」生活

  • 2

    68年ぶりの超特大スーパームーン、11月14日に:気になる大地震との関連性

  • 3

    「トランプ勝利」世界に広がる驚き、嘆き、叫び

  • 4

    注目は午前10時のフロリダ、米大統領選の結果は何時…

  • 5

    トランプに熱狂する白人労働階級「ヒルビリー」の真実

  • 6

    米大統領選、クリントンはまだ勝つ可能性がある──専…

  • 7

    トランプ勝利で日本はどうなる? 安保政策は発言通…

  • 8

    【敗戦の辞】トランプに完敗したメディアの「驕り」

  • 9

    安倍トランプ会談、トランプは本当に「信頼できる指…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「五輪に向けて…外国人の本音を聞く」
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

『ハリー・ポッター』魔法と冒険の20年

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月