最新記事

2016米大統領選

米予備選、最後の山場5州はトランプ3勝・クリントン4勝、ルビオは撤退

大票田のオハイオ州をケーシックが押さえ、トランプ阻止を目指す共和党主流派は安堵

2016年3月17日(木)09時04分

 3月15日、米民主・共和両党大統領予備選は5州で投票が行われ、複数の地元メディアの報道によると、フロリダ州の共和党予備選は実業家ドナルド・トランプ氏が勝利の見通しとなった。選挙のシールを付けた女性、フロリダの投票所で撮影(2016年 ロイター/Carlo Allegri)

米大統領選に向けた民主・共和両党予備選は15日、5州で投票が行われた。共和党は実業家ドナルド・トランプ氏がフロリダ、ノースカロライナ、イリノイの3州で大勝したが、大票田のオハイオ州は地元選出のジョン・ケーシック州知事が制した。

残るミズーリ州ではトランプ氏とテッド・クルーズ上院議員が接戦を演じており、MSNBCはトランプ氏が勝利と報道。開票がほぼ終わった時点で、トランプ氏がクルーズ氏を1600票上回っているもよう。

地元フロリダ州を落としたマルコ・ルビオ上院議員は支持者を前に、選挙戦から撤退すると表明した。

一方の民主党は、ヒラリー・クリントン前国務長官がフロリダ、ノースカロライナ、オハイオ、イリノイの4州で勝利。ミズーリ州は共和党と同様接戦となっており、開票率100%の時点でクリントン氏がバーニー・サンダース上院議員を約1500票上回っているという。

<共和党、三つ巴の戦いに>

トランプ氏は5州すべてでの勝利を目指していた。オハイオ州でケーシック同州知事が勝利したことで、トランプ氏の候補指名阻止を目指す主流派は安堵。共和党の指名レースは長期化しそうだ。

ただ、フロリダ州共和党予備選は勝者が代議員を総取りするため、トランプ氏は99人すべてを獲得。指名に向けて大きく前進した。

オハイオも勝者総取り形式で、同州のケーシック知事が66人獲得した。

共和党の候補指名レースは今後、トランプ氏、ケーシック氏、クルーズ氏による三つ巴の戦いになる。

代議員数は、クルーズ氏がトランプ氏に次ぐ2位となっている。

トランプ氏は、フロリダ州にある自身のリゾートクラブで演説し「共和党を結束させなければならない」とし、自身への支持を訴えた。

同氏の代議員数が指名に必要な過半数に達するには、今後の予備選・党員集会で配分が決まる約1100人のうち、54%程度の獲得が必要だ。アリゾナ州(58人)やニュージャージー州(51人)などが勝者総取りであることを踏まえると、達成不可能な目標とは言えない。

<民主党、クリントン氏「指名獲得に近づいている」>

民主党はクリントン氏のサンダース氏に対するリードが一段と拡大。きょうの予備選以前の段階で、代議員獲得数はクリントン氏がサンダース氏を200人以上、上回っていたが、今回の勝利で、クリントン氏は代議員数をさらに大幅に上積みすることになる。

クリントン氏は、代議員数のリード幅が300人以上に広がると指摘。党大統領候補の指名獲得に近づいていると強い自信を示した。

クリントン氏は、支持者らを前に演説し「米国を偉大たらしめているものを失うわけにはいかない」と述べ「経済的な不平等だけではない。あらゆる不平等や差別と戦っていく必要がある」などと主張した。

[パームビーチ(米フロリダ州)/ワシントン 15日 ロイター] -

ニュース速報

ワールド

焦点:試されるOPEC価格維持の「本気度」

ビジネス

米国株は上昇、ハイテク株が高い 金融株は売られる

ビジネス

インフレ確実に加速するまで利上げ見送りを=米セント

ビジネス

EU、公正な通商で米中に強硬姿勢を示唆 相互性重要

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 2

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 3

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷蔵庫

  • 4

    オバマが報復表明、米大統領選でトランプを有利にし…

  • 5

    中国の自転車シェアリング大手、世界へ拡大 7月には…

  • 6

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動…

  • 7

    早さより味 マックが賭ける生肉パティのクォーター…

  • 8

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 9

    【動画】ISIS発祥の地ヌーリ・モスク最後の日

  • 10

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 1

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 2

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 3

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 4

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 5

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 6

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍と…

  • 7

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 8

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 9

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 10

    イーロン・マスク「火星移住は生きている間に可能だ…

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月