最新記事

2016米大統領選

米予備選、最後の山場5州はトランプ3勝・クリントン4勝、ルビオは撤退

大票田のオハイオ州をケーシックが押さえ、トランプ阻止を目指す共和党主流派は安堵

2016年3月17日(木)09時04分

 3月15日、米民主・共和両党大統領予備選は5州で投票が行われ、複数の地元メディアの報道によると、フロリダ州の共和党予備選は実業家ドナルド・トランプ氏が勝利の見通しとなった。選挙のシールを付けた女性、フロリダの投票所で撮影(2016年 ロイター/Carlo Allegri)

米大統領選に向けた民主・共和両党予備選は15日、5州で投票が行われた。共和党は実業家ドナルド・トランプ氏がフロリダ、ノースカロライナ、イリノイの3州で大勝したが、大票田のオハイオ州は地元選出のジョン・ケーシック州知事が制した。

残るミズーリ州ではトランプ氏とテッド・クルーズ上院議員が接戦を演じており、MSNBCはトランプ氏が勝利と報道。開票がほぼ終わった時点で、トランプ氏がクルーズ氏を1600票上回っているもよう。

地元フロリダ州を落としたマルコ・ルビオ上院議員は支持者を前に、選挙戦から撤退すると表明した。

一方の民主党は、ヒラリー・クリントン前国務長官がフロリダ、ノースカロライナ、オハイオ、イリノイの4州で勝利。ミズーリ州は共和党と同様接戦となっており、開票率100%の時点でクリントン氏がバーニー・サンダース上院議員を約1500票上回っているという。

<共和党、三つ巴の戦いに>

トランプ氏は5州すべてでの勝利を目指していた。オハイオ州でケーシック同州知事が勝利したことで、トランプ氏の候補指名阻止を目指す主流派は安堵。共和党の指名レースは長期化しそうだ。

ただ、フロリダ州共和党予備選は勝者が代議員を総取りするため、トランプ氏は99人すべてを獲得。指名に向けて大きく前進した。

オハイオも勝者総取り形式で、同州のケーシック知事が66人獲得した。

共和党の候補指名レースは今後、トランプ氏、ケーシック氏、クルーズ氏による三つ巴の戦いになる。

代議員数は、クルーズ氏がトランプ氏に次ぐ2位となっている。

トランプ氏は、フロリダ州にある自身のリゾートクラブで演説し「共和党を結束させなければならない」とし、自身への支持を訴えた。

同氏の代議員数が指名に必要な過半数に達するには、今後の予備選・党員集会で配分が決まる約1100人のうち、54%程度の獲得が必要だ。アリゾナ州(58人)やニュージャージー州(51人)などが勝者総取りであることを踏まえると、達成不可能な目標とは言えない。

<民主党、クリントン氏「指名獲得に近づいている」>

民主党はクリントン氏のサンダース氏に対するリードが一段と拡大。きょうの予備選以前の段階で、代議員獲得数はクリントン氏がサンダース氏を200人以上、上回っていたが、今回の勝利で、クリントン氏は代議員数をさらに大幅に上積みすることになる。

クリントン氏は、代議員数のリード幅が300人以上に広がると指摘。党大統領候補の指名獲得に近づいていると強い自信を示した。

クリントン氏は、支持者らを前に演説し「米国を偉大たらしめているものを失うわけにはいかない」と述べ「経済的な不平等だけではない。あらゆる不平等や差別と戦っていく必要がある」などと主張した。

[パームビーチ(米フロリダ州)/ワシントン 15日 ロイター] -

ニュース速報

ワールド

ロシアのチュルキン国連大使、NYで執務中に急死

ビジネス

ポンド上昇、英上院はEU離脱交渉法案の審議開始

ワールド

トランプ米大統領、軍中将を大統領補佐官に指名 フリ

ワールド

ギリシャ改革案めぐる協議再開で合意=ユーログループ

MAGAZINE

特集:北朝鮮 暗殺の地政学

2017-2・28号(2/21発売)

異国の地マレーシアで殺害された金正男──。その死の背景には北朝鮮をめぐる地政学の変化があった

人気ランキング

  • 1

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

  • 2

    海上自衛隊、18年度から4年間で新型護衛艦8隻建造へ

  • 3

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 4

    金正男暗殺は10名が関与、4人は国外へ 現地警察が初…

  • 5

    金正男の暗殺事件で北朝鮮の男を逮捕 謎の男の正体…

  • 6

    トランプ初の単独会見は大荒れ けんか腰の大統領に…

  • 7

    トランプ大統領、スウェーデンの移民受け入れめぐる…

  • 8

    日本が危ない!? 福島原発の放射能フェイクニュース…

  • 9

    【写真特集】置き去りにされた被災者家族の願い

  • 10

    トランプ「メディアは国民の敵」、独裁につながる=…

  • 1

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 2

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

  • 3

    金正男クアラルンプール暗殺 北朝鮮は5年前から機会を狙っていた

  • 4

    北朝鮮独裁者、「身内殺し」の系譜

  • 5

    金正男の暗殺事件で北朝鮮の男を逮捕 謎の男の正体…

  • 6

    「線路立ち入りで書類送検」が他人事でなくなる侵入…

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    海上自衛隊、18年度から4年間で新型護衛艦8隻建造へ

  • 9

    一般市民まで脅し合う、不信に満ちた中国の脅迫社会

  • 10

    南シナ海、米中戦争を起こさず中国を封じ込める法

  • 1

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 2

    トランプを追い出す4つの選択肢──弾劾や軍事クーデターもあり

  • 3

    日本でもAmazon Echo年内発売?既に業界は戦々恐々

  • 4

    東芝が事実上の解体へ、なぜこうなったのか?

  • 5

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係…

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    ドナルド・トランプ第45代米国大統領、就任演説全文…

  • 8

    マティス国防長官日韓訪問に中国衝撃!――「狂犬」の…

  • 9

    トランプ、入国制限に反対の司法長官代行を1時間後…

  • 10

    アパホテル炎上事件は謝罪しなければ終わらない

グローバル人材を目指す

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「日本の新しいモノづくり」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月