最新記事

2016米大統領選

米予備選、最後の山場5州はトランプ3勝・クリントン4勝、ルビオは撤退

大票田のオハイオ州をケーシックが押さえ、トランプ阻止を目指す共和党主流派は安堵

2016年3月17日(木)09時04分

 3月15日、米民主・共和両党大統領予備選は5州で投票が行われ、複数の地元メディアの報道によると、フロリダ州の共和党予備選は実業家ドナルド・トランプ氏が勝利の見通しとなった。選挙のシールを付けた女性、フロリダの投票所で撮影(2016年 ロイター/Carlo Allegri)

米大統領選に向けた民主・共和両党予備選は15日、5州で投票が行われた。共和党は実業家ドナルド・トランプ氏がフロリダ、ノースカロライナ、イリノイの3州で大勝したが、大票田のオハイオ州は地元選出のジョン・ケーシック州知事が制した。

残るミズーリ州ではトランプ氏とテッド・クルーズ上院議員が接戦を演じており、MSNBCはトランプ氏が勝利と報道。開票がほぼ終わった時点で、トランプ氏がクルーズ氏を1600票上回っているもよう。

地元フロリダ州を落としたマルコ・ルビオ上院議員は支持者を前に、選挙戦から撤退すると表明した。

一方の民主党は、ヒラリー・クリントン前国務長官がフロリダ、ノースカロライナ、オハイオ、イリノイの4州で勝利。ミズーリ州は共和党と同様接戦となっており、開票率100%の時点でクリントン氏がバーニー・サンダース上院議員を約1500票上回っているという。

<共和党、三つ巴の戦いに>

トランプ氏は5州すべてでの勝利を目指していた。オハイオ州でケーシック同州知事が勝利したことで、トランプ氏の候補指名阻止を目指す主流派は安堵。共和党の指名レースは長期化しそうだ。

ただ、フロリダ州共和党予備選は勝者が代議員を総取りするため、トランプ氏は99人すべてを獲得。指名に向けて大きく前進した。

オハイオも勝者総取り形式で、同州のケーシック知事が66人獲得した。

共和党の候補指名レースは今後、トランプ氏、ケーシック氏、クルーズ氏による三つ巴の戦いになる。

代議員数は、クルーズ氏がトランプ氏に次ぐ2位となっている。

トランプ氏は、フロリダ州にある自身のリゾートクラブで演説し「共和党を結束させなければならない」とし、自身への支持を訴えた。

同氏の代議員数が指名に必要な過半数に達するには、今後の予備選・党員集会で配分が決まる約1100人のうち、54%程度の獲得が必要だ。アリゾナ州(58人)やニュージャージー州(51人)などが勝者総取りであることを踏まえると、達成不可能な目標とは言えない。

<民主党、クリントン氏「指名獲得に近づいている」>

民主党はクリントン氏のサンダース氏に対するリードが一段と拡大。きょうの予備選以前の段階で、代議員獲得数はクリントン氏がサンダース氏を200人以上、上回っていたが、今回の勝利で、クリントン氏は代議員数をさらに大幅に上積みすることになる。

クリントン氏は、代議員数のリード幅が300人以上に広がると指摘。党大統領候補の指名獲得に近づいていると強い自信を示した。

クリントン氏は、支持者らを前に演説し「米国を偉大たらしめているものを失うわけにはいかない」と述べ「経済的な不平等だけではない。あらゆる不平等や差別と戦っていく必要がある」などと主張した。

[パームビーチ(米フロリダ州)/ワシントン 15日 ロイター] -

ニュース速報

ビジネス

歳出最大97兆7100億円 18年度予算案、閣僚折

ビジネス

欧州委、オランダで家具小売イケアの税制措置を調査へ

ワールド

トランプ大統領、安保戦略で「中国とロシアは競争相手

ビジネス

欧州銀のM&A、仏銀が積極的な役割果たすべき=中銀

MAGAZINE

特集:静かな戦争

2017-12・26号(12/19発売)

電磁パルス攻撃、音響兵器、細菌感染モスキート......。日常生活に入り込み壊滅的ダメージを与える見えない新兵器

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

  • 2

    世界の「日本人ジョーク」に表れる、安倍首相の際立った存在感

  • 3

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 4

    ウクライナ紛争ではびこる性暴力

  • 5

    「日本のメスザルは性的意図でシカ相手に疑似交尾」…

  • 6

    このクジラの写真は、最大公約数的な海洋写真とは違う

  • 7

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    宇宙国家アスガルディア、人工衛星の軌道投入成功を…

  • 10

    集団レイプで受けた心の傷から肥満に苦しむ女性の回…

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 3

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 4

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 5

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 8

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 9

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 10

    算数が得意な富裕層の子どもと、家庭科が得意な低所…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 5

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 6

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月