最新記事

旅行

かさばるスーツケースを、もしも折り畳めたら......

GPS内蔵と最新の機能を備えながら、使わないときは折り畳んでベッド下に収納できる次世代スマートスーツケース

2016年2月29日(月)15時49分
Social Design News

まだまだ進化する GPS機能付きだから、スマートフォンのアプリで居場所を追跡でき、ロストバゲージしたときも安心 Néit-Kickstarter

 移動距離が飛躍的に伸びている21世紀の"旅する社会"に必要なコンセプトは何か。いま世界中の各業界が、そんな角度から物事を考えている。

 さて、旅に荷物は付き物だ。それを運ぶためのスーツケースも、まだまだ進化の足跡を積み上げていって欲しい。

【参考記事】これが、旅のコストを下げる広告入りスーツケース

 今回ご紹介する次世代スマートスーツケース「Néit」(クリックすると、サイトに繋がります)は、GPS機能付が付いたデジタルなバッグでありながら、10秒以内に簡単に30%の容積にまで折り畳むことができる。

sdn160229-b.jpg
sdn160229-c.jpg

 家が狭くてスーツケースの収納場所に困るという都会暮らしの人を念頭に開発された Néit-Kickstarter

 その容量と収納の機能的関係性は常にトレードオフであった。大きなスーツケースを買えば、それをしまう場所も当然大きくなり、かさばってしまう。

 そんな問題を解決しようとしたのが、今回の折り畳み型スマートスーツケースというコンセプトだ。8センチほどのスキマがあれば、ベッドの下にもソファーの横にも収納することができる。また、あたかも衣類と同じようにつり下げておくことも可能である。

【参考記事】カギも番号も要らない「指紋認証」の南京錠

 現在、Kickstarterで150ユーロ(約1万9,000円)で購入ができる。スーツケースは頑丈さや軽量さ、またデジタルな機能性はもちろん求められるだろうが、それに加え、どれだけ薄く折り畳んで収納できるかという点も、今後は重要な選択要素に挙げられていきそうだ。


※当記事はSocial Design Newsの提供記事です
sdnlogo200.jpg


ニュース速報

ワールド

原油先物は下落、供給過剰や低水準の投資巡る懸念で

ビジネス

焦点:政府内で人づくり予算大幅増求める声、脱デフレ

ビジネス

アングル:通貨介入で膨れたスイスの外貨準備、いつ縮

ビジネス

寄り付きの日経平均は反発、1万9500円台回復 米

MAGAZINE

特集:プーチンの新帝国

2017-8・29号(8/22発売)

内向きのトランプを尻目に中東、欧州そして北極へと「新帝国」拡大を目指すプーチン露大統領の野心と本心

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    トランプ ─ 北朝鮮時代に必読、5分でわかる国際関係論

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    英ケンブリッジ大学がチャイナ・マネーに負けた!----世界の未来像への警鐘

  • 4

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 5

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 6

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 7

    北朝鮮問題の背後で進むイラン核合意破棄

  • 8

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 9

    バノン抜きのトランプ政権はどこに向かう?

  • 10

    有事想定の米韓軍事演習、北朝鮮「暗殺陰謀」と反発

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 3

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

  • 4

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 5

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 6

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 7

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 8

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 4

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を…

  • 5

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 6

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 7

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 8

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 9

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 10

    対北朝鮮「戦争」までのタイムテーブル 時間ととも…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月