最新記事

旅行

かさばるスーツケースを、もしも折り畳めたら......

GPS内蔵と最新の機能を備えながら、使わないときは折り畳んでベッド下に収納できる次世代スマートスーツケース

2016年2月29日(月)15時49分
Social Design News

まだまだ進化する GPS機能付きだから、スマートフォンのアプリで居場所を追跡でき、ロストバゲージしたときも安心 Néit-Kickstarter

 移動距離が飛躍的に伸びている21世紀の"旅する社会"に必要なコンセプトは何か。いま世界中の各業界が、そんな角度から物事を考えている。

 さて、旅に荷物は付き物だ。それを運ぶためのスーツケースも、まだまだ進化の足跡を積み上げていって欲しい。

【参考記事】これが、旅のコストを下げる広告入りスーツケース

 今回ご紹介する次世代スマートスーツケース「Néit」(クリックすると、サイトに繋がります)は、GPS機能付が付いたデジタルなバッグでありながら、10秒以内に簡単に30%の容積にまで折り畳むことができる。

sdn160229-b.jpg
sdn160229-c.jpg

 家が狭くてスーツケースの収納場所に困るという都会暮らしの人を念頭に開発された Néit-Kickstarter

 その容量と収納の機能的関係性は常にトレードオフであった。大きなスーツケースを買えば、それをしまう場所も当然大きくなり、かさばってしまう。

 そんな問題を解決しようとしたのが、今回の折り畳み型スマートスーツケースというコンセプトだ。8センチほどのスキマがあれば、ベッドの下にもソファーの横にも収納することができる。また、あたかも衣類と同じようにつり下げておくことも可能である。

【参考記事】カギも番号も要らない「指紋認証」の南京錠

 現在、Kickstarterで150ユーロ(約1万9,000円)で購入ができる。スーツケースは頑丈さや軽量さ、またデジタルな機能性はもちろん求められるだろうが、それに加え、どれだけ薄く折り畳んで収納できるかという点も、今後は重要な選択要素に挙げられていきそうだ。


※当記事はSocial Design Newsの提供記事です
sdnlogo200.jpg


ニュース速報

ビジネス

クリントン氏値下げ要請の医薬品、マイランが患者負担

ワールド

イタリア中部地震死者250人、懸命の救出作業

ビジネス

7月米耐久財コア受注、昨年1月以来の2カ月連続プラ

ビジネス

米利上げ、さほど遠くない将来に可能=ダラス連銀総裁

MAGAZINE

特集:世界が期待するTOKYO

2016-8・30号(8/23発売)

リオ五輪の熱狂は4年後の東京大会へ── 世界は2020年のTOKYOに何を期待するのか

人気ランキング

  • 1

    歯磨きから女性性器切除まで、世界の貧困解決のカギは「女性の自立」にある

  • 2

    イタリア中部地震、死者少なくとも159人 多くは休暇シーズンの観光客か

  • 3

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 4

    中国、月に有人基地建設を計画:強力レーダーで地球を観測

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    イタリア中部地震で37人死亡、市長「生き物の気配がしない」

  • 7

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 8

    TPP推進派はもうオバマだけ

  • 9

    イタリア中部M6.2の地震で少なくとも6人死亡、建物損壊で住民が下敷きに

  • 10

    トルコのクーデータ未遂事件後、「シリア内戦」の潮目が変わった

  • 1

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 2

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 3

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 6

    リオ五輪でプロポーズが大流行 「ロマンチック」か「女性蔑視」か

  • 7

    リオ五輪、英国のメダルラッシュが炙りだしたエリートスポーツの光と影

  • 8

    【動画】流血の男児映像が映し出す地獄とヒーロー

  • 9

    「ドーピング」に首まで浸かった中国という国家

  • 10

    NSAの天才ハッカー集団がハッキング被害、官製ハッキングツールが流出

  • 1

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 2

    中国衝撃、尖閣漁船衝突

  • 3

    戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

  • 4

    日銀は死んだ

  • 5

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 6

    【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(前編)

  • 7

    トランプには「吐き気がする」──オランド仏大統領

  • 8

    イチロー3000本安打がアメリカで絶賛される理由

  • 9

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 10

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
Newsweek特別試写会2016初秋「ハドソン川の奇跡
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

小幡 績

日銀は死んだ

STORIES ARCHIVE

  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月