最新記事

インド

デモや暴動広がり、モディ首相の指導力に疑問符

総選挙での圧勝から2年、決断力あるリーダー像は崩れつつある

2016年2月25日(木)10時53分

2月24日、大規模抗議デモや暴動が相次ぎ、インド各地に混乱が広がる中、同国のモディ首相は「沈黙は金」とばかりにだんまりを決め込んでいる。写真はニューデリーで1月撮影(2016年 ロイター/Adnan Abidi)

 学生逮捕に対する大規模抗議デモや、身分制度に絡む北部ハリアナ州での暴動が相次ぎ、インド各地に混乱が広がる中、同国のモディ首相(65)は「沈黙は金」とばかりにだんまりを決め込んでいる。

 与党・インド人民党(BJP)のある幹部は「彼(首相)は職務にまい進する真剣な政治家というイメージが人気の源泉だと考え、逐一これを説明する必要はないと思っている」と話す。

 別のブレーンは、今週開会する国会では予算審議を控えて対決ムードが強まり、首相の野心的な経済改革が一段と停滞しかねないため、最近の暴動については抑制した説明に終始するだろうと語った。

 モディ氏率いるBJPが、寡黙なシン前首相率いる国民会議派に圧勝した2014年5月の総選挙での、決断力あるリーダー像は崩れつつある。

 米カーネギー・エンダウメント国際平和研究所のアソシエイト、Milan Vaishnav氏は、首相の指導力に疑問が生じていると指摘。「モディ氏は決断が速いCEO(最高経営責任者)タイプの指導者だと思っていたが、必ずしも有能な為政者ではないかもしれない。その兆しが表れているとしたら問題だ、とすでに囁かれ始めている」と述べた。

 インドではここ数週間、政府を批判する集会を首都ニューデリーで開いた学生グループの指導者が逮捕されたことに対し、各地で数千人規模の大学生が抗議運動を繰り広げている。

 北部ハリアナ州では伝統的身分制度「カースト」での「ジャット」と呼ばれる多数派集団による暴動が起きた。被差別層に割り当てられる公職などの優先配分の拡大を求めて起こした抗議運動の参加者が暴徒化し、道路や線路を封鎖したほか、水の処理施設を占拠、デリーへの水の供給が遮断される事態となり、暴動鎮圧のため軍も出動した。

ニュース速報

ワールド

トランプ米大統領、対米黒字と軍事費に関しドイツを批

ワールド

韓国大統領、THAAD発射台追加搬入で調査指示 事

ビジネス

訂正:ギリシャ、「追加融資受け入れ見送り検討」報道

ワールド

2017年のスペイン経済成長率、2.7%以上に=ラ

MAGAZINE

特集:得する中国、損する日米

2017-6・ 6号(5/30発売)

北朝鮮問題で習近平を「忖度」するトランプ。世界はますます中国のペースに?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    なぜか再びアメリカで銀行がつぶれ始めた

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    駐米中国大使とも密通していたクシュナー氏

  • 4

    フィリピンが東南アジアにおけるISISの拠点になる?

  • 5

    内向型人間が自覚すべき、ストレスを感じる10のポイ…

  • 6

    トランプがドゥテルテに明かした、北朝鮮核ミサイル…

  • 7

    トランプ政権がルクセンブルク首相のゲイ・ハズバン…

  • 8

    北朝鮮の核攻撃に備え始めた米ハワイ州

  • 9

    アルツハイマー病による死亡率がアメリカで急増

  • 10

    ネガティブになりがちな内向型人間にも、10の強みが…

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱っている?

  • 3

    「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

  • 4

    アリアナコンサートで容疑者拘束、死者22人で不明者…

  • 5

    なぜか再びアメリカで銀行がつぶれ始めた

  • 6

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があ…

  • 7

    北朝鮮危機が招いた米中接近、「台湾化」する日本の…

  • 8

    最凶な露フーリガン対策でロシアが用意した切り札と…

  • 9

    1人の時間が必要な内向型、人と会って元気になる外向型

  • 10

    ドイツが独自の「EU軍」を作り始めた チェコやルー…

  • 1

    ディズニーランド「ファストパス」で待ち時間は短くならない

  • 2

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 3

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 4

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 5

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 6

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 7

    ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

  • 8

    「男と女のどちらを好きになるか」は育つ環境で決ま…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    習近平の顔に泥!--北朝鮮ミサイル、どの国への挑戦…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
ニューズウィーク試写会「しあわせな人生の選択」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月