最新記事

マイナス金利

スイス中央銀行総裁「一段のマイナス金利可能」

「外国為替市場に介入する用意も含め、すべての可能性を排除していない」と語る

2016年2月12日(金)10時43分

2月11日、スイス国立銀行(中央銀行)のジョルダン総裁は、欧州市場の動乱を受けスイスフランの安全通貨としての役割が再び高まる可能性があるとの警戒感を示し、中銀はすでにマイナス圏にある政策金利をさらに引き下げることができるとの見解を示した。写真は2014年11月、スイスのベルンで(2016年 ロイター/Ruben Sprich)

 スイス国立銀行(中央銀行)のジョルダン総裁は、欧州市場の動乱を受け、スイスフランの安全通貨としての役割が再び高まる可能性があるとの警戒感を示し、スイス中銀はすでにマイナス圏にある政策金利をさらに引き下げることができるとの見解を示した。

 スイスの中銀預金金利は現在マイナス0.75%。ジョルダン総裁はスイス誌ビランツのインタビューに対し、「われわれはかなり踏み込んだマイナス金利を導入している。現在、事態を注視しており、すべての可能性を排除していない」と述べた。

 そのうえで、マイナス金利の導入により新興国からのスイスへの資金流入が抑制できたとしながらも、「欧州で大きな波乱があれば、スイスフランが再度注目される可能性がある」と警告。スイス中銀はフラン相場を引き下げることを目的にマイナス金利を導入したとし、「外国為替市場に介入する用意はある」と語った。

 1ユーロ=1.20フランに設定されていたフラン相場の上限を前年1月に撤廃して以来、スイス中銀はフランの対ユーロでの上昇に悩まされてきた。

 ジョルダン総裁はフランは依然として過大評価されているとしながらも、フラン相場は次第に下落すると予想。「過大評価されていることは、1年前と比べてそれほど大きな問題ではなくなっている」と述べた。

 ただ、中銀はフランの対ユーロ相場の目標水準は定めていないと重ねて強調。フランを通貨バスケットに連動させる案も、相場の上限を再導入する案も再度否定した。

  

[チューリヒ 11日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

イタリア中部地震、一夜明け死者数247人に急増

ビジネス

ドル100円半ば、イベント前に「煮詰まり感」広がる

ビジネス

日経平均は小反落、FRB議長の講演控え様子見姿勢

ワールド

シリア政府軍が化学兵器使用、ISもマスタードガス=

MAGAZINE

特集:世界が期待するTOKYO

2016-8・30号(8/23発売)

リオ五輪の熱狂は4年後の東京大会へ── 世界は2020年のTOKYOに何を期待するのか

人気ランキング

  • 1

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 2

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 3

    イタリア中部地震で37人死亡、市長「生き物の気配がしない」

  • 4

    イタリア中部地震、死者少なくとも159人 多くは休暇シーズンの観光客か

  • 5

    イタリア中部M6.2の地震で少なくとも6人死亡、建物損壊で住民が下敷きに

  • 6

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    自衛隊、安保法制に基づく駆け付け警護など「集団的自衛権」の訓練開始

  • 9

    氷河を堰き止めている棚氷が崩壊の危機

  • 10

    リオ五輪閉幕、ブラジルを待ち構える厳しい現実

  • 1

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 2

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 3

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 6

    リオ五輪、英国のメダルラッシュが炙りだしたエリートスポーツの光と影

  • 7

    「ドーピング」に首まで浸かった中国という国家

  • 8

    リオ五輪でプロポーズが大流行 「ロマンチック」か「女性蔑視」か

  • 9

    希望のない最小の島国ナウルの全人口をオーストラリアに移住させる計画はなぜ頓挫したか

  • 10

    中国を捨てて、いざ「イスラム国」へ

  • 1

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 2

    中国衝撃、尖閣漁船衝突

  • 3

    戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

  • 4

    日銀は死んだ

  • 5

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 6

    【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(前編)

  • 7

    トランプには「吐き気がする」──オランド仏大統領

  • 8

    イチロー3000本安打がアメリカで絶賛される理由

  • 9

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 10

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
Newsweek特別試写会2016初秋「ハドソン川の奇跡
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

小幡 績

日銀は死んだ

STORIES ARCHIVE

  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月