最新記事

マイナス金利

スイス中央銀行総裁「一段のマイナス金利可能」

「外国為替市場に介入する用意も含め、すべての可能性を排除していない」と語る

2016年2月12日(金)10時43分

2月11日、スイス国立銀行(中央銀行)のジョルダン総裁は、欧州市場の動乱を受けスイスフランの安全通貨としての役割が再び高まる可能性があるとの警戒感を示し、中銀はすでにマイナス圏にある政策金利をさらに引き下げることができるとの見解を示した。写真は2014年11月、スイスのベルンで(2016年 ロイター/Ruben Sprich)

 スイス国立銀行(中央銀行)のジョルダン総裁は、欧州市場の動乱を受け、スイスフランの安全通貨としての役割が再び高まる可能性があるとの警戒感を示し、スイス中銀はすでにマイナス圏にある政策金利をさらに引き下げることができるとの見解を示した。

 スイスの中銀預金金利は現在マイナス0.75%。ジョルダン総裁はスイス誌ビランツのインタビューに対し、「われわれはかなり踏み込んだマイナス金利を導入している。現在、事態を注視しており、すべての可能性を排除していない」と述べた。

 そのうえで、マイナス金利の導入により新興国からのスイスへの資金流入が抑制できたとしながらも、「欧州で大きな波乱があれば、スイスフランが再度注目される可能性がある」と警告。スイス中銀はフラン相場を引き下げることを目的にマイナス金利を導入したとし、「外国為替市場に介入する用意はある」と語った。

 1ユーロ=1.20フランに設定されていたフラン相場の上限を前年1月に撤廃して以来、スイス中銀はフランの対ユーロでの上昇に悩まされてきた。

 ジョルダン総裁はフランは依然として過大評価されているとしながらも、フラン相場は次第に下落すると予想。「過大評価されていることは、1年前と比べてそれほど大きな問題ではなくなっている」と述べた。

 ただ、中銀はフランの対ユーロ相場の目標水準は定めていないと重ねて強調。フランを通貨バスケットに連動させる案も、相場の上限を再導入する案も再度否定した。

  

[チューリヒ 11日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ビジネス

必要ならイールドカーブの形状調整、副作用も配慮=中

ビジネス

CMEで18年1─3月期にTOPIX先物取引開始=

ワールド

米FTC委員長にシモンズ氏、トランプ大統領指名へ=

ワールド

欧州議会議長、EU離脱巡り英政府を批判 「コスト計

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え中国にも圧力か?

  • 3

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為が危ない流行?

  • 4

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 5

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 6

    北朝鮮危機、ニクソン訪中に匹敵する米中合意の可能性

  • 7

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 8

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 9

    金正恩、中国共産党大会に祝賀メッセージ

  • 10

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 4

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 5

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 6

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 7

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 8

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 9

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 10

    北朝鮮がフィッシング攻撃、米電力会社が標的に

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月