最新記事

事故

台湾地震、倒壊マンションに隠されていた「手抜き工事」

現場のマンションの壁から見つかったのは食用油用の缶だった──

2016年2月9日(火)10時38分

2月7日、台湾南部で6日発生した地震で倒壊した高層マンションの14階に住んでいた若い夫婦は、以前から同マンションの安全性が疑わしいという手掛かりを得ていた。6日撮影(2016年 ロイター)

 台湾南部で6日発生した地震で倒壊した高層マンションの14階に住んでいた若い夫婦は、以前から同マンションの安全性が疑わしいという手掛かりを得ていた。

 だがそれも、今となっては手遅れとなってしまった。

 Chen Yi-tingさん(35)と夫のLin Wu-chongさん(38)は5年前、台南市の中心部にあるこの17階建てマンションの1室を購入したが、住宅ローンを借りる際にちょっとした問題が起きた。最初に訪れた銀行では、理由も告げられずにローン申請を断られた。結局はローンの組める別の金融機関を見つけることができ、夫妻は幼い娘と一緒にマンションに移り住んだ。

 だがChenさんの母親によると、建築がずさんなため、同マンションに入居する人からのローン申請は却下する方針であったと、最初の銀行と関係がある夫妻の友人の一人がまもなくして教えてくれたという。

 現在、夫妻は市内の別々の病院で集中治療を受けている。Chenさんは頭がい骨にひびが入り、Linさんは肺を損傷した。

 2人の7歳になる娘は帰らぬ人となった。

 「彼らのように市外から移り住んできた人たちには、以前に何が起きていたか見当もつかない」と、Chenさんの母親は集中治療室の外で待つ間に語った。

 「最初のデベロッパーが倒産して、次の業者が建物を完成させたことなど、当初は知る由もなかった。彼らが知ったのは、契約書にサインした後だった」

6日未明にマグニチュード(M)6.4の地震が発生してから、救出活動の現場は主にこの築20年のマンションだ。同マンションで少なくとも24人の死亡が確認され、今なお100人以上ががれきの下に取り残されている。

 人口約200万人の台南市で、全壊した主な高層ビルはこのマンションだけだ。

 61歳の母親は、地震が起きる以前から、マンションの住民が壁のタイルのはがれやエレベーターの不調、パイプの詰まりといったような数々の問題について、ずっと不満を訴えていたと話す。

 Chenさん夫妻は350万台湾ドル(約1230万円)でマンションを購入した。

 「私たちは単純だから、(最初にローンを断られても)何か他に理由があるとは考えなかった」と、母親は語る。

壁から食用油の缶

 台南市は、同マンションが合法的に建築許可を取得しており、今回よりもはるかに破壊的だった1999年の地震に耐えられたとしている。台湾中部を震源とする同地震では、2400人が死亡し、同国全土に被害をもたらした。

ニュース速報

ワールド

米大統領選のTV討論会、過去最高の1億人が視聴か

ワールド

北朝鮮の国連加盟資格、見直すべき=韓国外相

ビジネス

デンマーク海運大手マースク、競合勢買収に意欲=会長

ワールド

英国のEU離脱交渉、2年かからない可能性=ジョンソ

MAGAZINE

特集:進化する中国軍

2016-10・ 4号(9/27発売)

高学歴人材、最新鋭兵器、洗練された組織......。かつてのイメージを覆す人民解放軍の知られざる変貌

人気ランキング

  • 1

    討論初戦はヒラリー圧勝、それでも読めない現状不満層の動向

  • 2

    ロシアの最新型原潜、極東に配備

  • 3

    打倒ディズニーを掲げる中国のテーマパーク

  • 4

    「親を捨てるしかない」時代に、子は、親は、どうすべきか

  • 5

    米テレビ討論、クリントン「二重の負担」で不利

  • 6

    自治体のPR動画「ウナギ少女」がまるで変態ホラーだと騒ぎに

  • 7

    芸能人の「一日警察署長」も、容疑者を逮捕できます

  • 8

    戦略なき日本の「お粗末」広報外交

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    EUの新著作権法がもたらす「閉じたインターネット」

  • 1

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 2

    エジプトの過激派にナチスからの地雷の贈り物

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    X JAPANのYOSHIKI、ニューヨークでコンサートを行うと発表

  • 5

    中国機内誌が差別的記述、撤回しても消せない傍若無人ぶり

  • 6

    安楽死が合法的でなければ、私はとうに自殺していた

  • 7

    家事をやらない日本の高齢男性を襲う熟年離婚の悲劇

  • 8

    討論初戦はヒラリー圧勝、それでも読めない現状不満層の動向

  • 9

    ヨーロッパを追われアメリカに逃れるロマの人々

  • 10

    米テレビ討論、クリントン「二重の負担」で不利

  • 1

    金正恩「公式行事での姿勢が悪い」と副首相を処刑

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 4

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 5

    改めて今、福原愛が中国人に愛されている理由を分析する

  • 6

    蓮舫氏へ、同じ「元・中国人、現・日本人」としての忠言

  • 7

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬犠牲に

  • 8

    「スタバやアマゾンはソーセージ屋台1軒より納税額が少ない」オーストリア首相が猛批判

  • 9

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 10

    核攻撃の兆候があれば、韓国は平壌を焼き尽くす

 日本再発見 「東京のワンテーマ・ミュージアム」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

STORIES ARCHIVE

  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月