最新記事

事故

台湾地震、倒壊マンションに隠されていた「手抜き工事」

現場のマンションの壁から見つかったのは食用油用の缶だった──

2016年2月9日(火)10時38分

2月7日、台湾南部で6日発生した地震で倒壊した高層マンションの14階に住んでいた若い夫婦は、以前から同マンションの安全性が疑わしいという手掛かりを得ていた。6日撮影(2016年 ロイター)

 台湾南部で6日発生した地震で倒壊した高層マンションの14階に住んでいた若い夫婦は、以前から同マンションの安全性が疑わしいという手掛かりを得ていた。

 だがそれも、今となっては手遅れとなってしまった。

 Chen Yi-tingさん(35)と夫のLin Wu-chongさん(38)は5年前、台南市の中心部にあるこの17階建てマンションの1室を購入したが、住宅ローンを借りる際にちょっとした問題が起きた。最初に訪れた銀行では、理由も告げられずにローン申請を断られた。結局はローンの組める別の金融機関を見つけることができ、夫妻は幼い娘と一緒にマンションに移り住んだ。

 だがChenさんの母親によると、建築がずさんなため、同マンションに入居する人からのローン申請は却下する方針であったと、最初の銀行と関係がある夫妻の友人の一人がまもなくして教えてくれたという。

 現在、夫妻は市内の別々の病院で集中治療を受けている。Chenさんは頭がい骨にひびが入り、Linさんは肺を損傷した。

 2人の7歳になる娘は帰らぬ人となった。

 「彼らのように市外から移り住んできた人たちには、以前に何が起きていたか見当もつかない」と、Chenさんの母親は集中治療室の外で待つ間に語った。

 「最初のデベロッパーが倒産して、次の業者が建物を完成させたことなど、当初は知る由もなかった。彼らが知ったのは、契約書にサインした後だった」

6日未明にマグニチュード(M)6.4の地震が発生してから、救出活動の現場は主にこの築20年のマンションだ。同マンションで少なくとも24人の死亡が確認され、今なお100人以上ががれきの下に取り残されている。

 人口約200万人の台南市で、全壊した主な高層ビルはこのマンションだけだ。

 61歳の母親は、地震が起きる以前から、マンションの住民が壁のタイルのはがれやエレベーターの不調、パイプの詰まりといったような数々の問題について、ずっと不満を訴えていたと話す。

 Chenさん夫妻は350万台湾ドル(約1230万円)でマンションを購入した。

 「私たちは単純だから、(最初にローンを断られても)何か他に理由があるとは考えなかった」と、母親は語る。

壁から食用油の缶

 台南市は、同マンションが合法的に建築許可を取得しており、今回よりもはるかに破壊的だった1999年の地震に耐えられたとしている。台湾中部を震源とする同地震では、2400人が死亡し、同国全土に被害をもたらした。

ニュース速報

ビジネス

全日空のエンジン部品不具合、国内線9月は15日まで

ワールド

トルコ軍、シリアへの越境攻撃を継続 市民ら35人死

ビジネス

正午のドルは102円前半、実需筋などの売りが上昇ス

ビジネス

前場の日経平均は366円高、円安好感で大幅反発

MAGAZINE

特集:世界が期待するTOKYO

2016-8・30号(8/23発売)

リオ五輪の熱狂は4年後の東京大会へ── 世界は2020年のTOKYOに何を期待するのか

人気ランキング

  • 1

    日本の貧困は「オシャレで携帯も持っている」から見えにくい

  • 2

    マイナス金利「量・質とも緩和余地ある」黒田日銀総裁

  • 3

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    日本のアフリカ市場出遅れ、問題は企業サイドに

  • 6

    イタリア中部、地震活動地帯でも歴史建造物と財政難で対策遅れる

  • 7

    ハードウェアも電力も使わずに動く、完全にソフトな「タコ型ロボット」

  • 8

    アメリカ海軍、ペルシャ湾でイラン艦艇に警告射撃 2日連続で異常接近

  • 9

    誘拐事件を繰り返し裕福な生活をしていた、アルゼンチン家族の闇

  • 10

    芥川賞『コンビニ人間』が描く、人畜無害な病理

  • 1

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 2

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 3

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 4

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    歯磨きから女性性器切除まで、世界の貧困解決のカギは「女性の自立」にある

  • 7

    NSAの天才ハッカー集団がハッキング被害、官製ハッキングツールが流出

  • 8

    日本の貧困は「オシャレで携帯も持っている」から見えにくい

  • 9

    イタリア中部地震、死者少なくとも159人 多くは休暇シーズンの観光客か

  • 10

    イタリア中部地震で37人死亡、市長「生き物の気配がしない」

  • 1

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 2

    中国衝撃、尖閣漁船衝突

  • 3

    戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

  • 4

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 5

    日銀は死んだ

  • 6

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 7

    【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(前編)

  • 8

    トランプには「吐き気がする」──オランド仏大統領

  • 9

    イチロー3000本安打がアメリカで絶賛される理由

  • 10

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

小幡 績

日銀は死んだ

STORIES ARCHIVE

  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月