最新記事

【2016米大統領選】最新現地リポート

<ニューハンプシャー州予備選>左右のポピュリストを勝たせた米政界への怒り

共和党はトランプがトップに復活し、中道路線のケーシックが2位に浮上。民主党は負けたヒラリーが次回に起死回生を図る

2016年2月10日(水)16時10分
冷泉彰彦(在米ジャーナリスト)

有権者の怒り 共和党トランプ、民主党サンダースという左右双方の「アンチ・ワシントン」代表が支持を集めた Mike Segar-REUTERS

 9日に予備選が実施されたニューハンプシャー州は、1日に党員集会が開催されたアイオワ州と同様に、人口が少なくしたがって大統領選の代議員数も少ない。しかしその予備選は、共和党と民主党、両党の最終候補選びだけでなく、11月の大統領選本選をも左右すると言われている。

 その理由は3つある。

 1つ目は、先週のアイオワが中西部の典型的な「保守州」である一方、ニューハンプシャーは北東部の「リベラル州」であること。このため、両党ともに有権者の中のリベラル寄りのグループが「どんな選択をするか?」というトレンドが見えてくる。

 2つ目は、アイオワの結果を受けて各候補がどう行動し、有権者がどう判断をするかという結果から、選挙全体の「軌道修正」が行われる。つまり、アイオワで勝った候補も、ニューハンプシャーで負ければ勢いが止まるし、反対にニューハンプシャーを「逆転へ向けた再スタート」にすることもできる。

 3つ目は、このニューハンプシャーが「準オープン予備選」を採用していること。つまり支持政党を登録していない有権者も、投票所で「即席の支持政党宣言」をすれば投票できる。従って純然たる無党派層も「今回は共和党のレースで1票を行使しよう」ということが可能になる。このため政党支持者に加えて、無党派層の動向が結果に反映される。つまり11月の本選のシミュレーションという意味合いがある。

 こうした特性から、ニューハンプシャー州予備選は「予備選序盤戦の方向を決める」ものだと言われ、州民もそれを誇りにしている。事実、歴史上多くのドラマがこのニューハンプシャーで生まれている。例えば、76年のカーターの勝利、92年のクリントンの2位浮上、2012年のロムニーの勝利などは、その後の予備選勝利へのターニングポイントとなった。

 では、今回はどんな「ドラマ」があったのだろうか?

 まず民主党では、アイオワでヒラリー・クリントンに対して「ほぼ互角」にまで猛追したバーニー・サンダースが注目された。そうは言っても、サンダースにとっては、今回のニューハンプシャーは事実上の地元である。長い間、隣のバーモント州でバーリントン市の市長、そして同州選出の無所属上院議員として活動してきた評判は有名で、今回も事前の世論調査では支持率でヒラリーに10〜15%の大差をつけていた。「勝利は当然」というのが下馬評だった。

ニュース速報

ビジネス

ドイツ銀救済案、独政府などが準備 和解金不足に備え

ビジネス

英中銀、いずれ追加刺激策が必要に=シャフィク副総裁

ビジネス

ECBの緩和策は下限に近い、他の政策による補完必要

ビジネス

韓国、タカタ製エアバッグ搭載車11万台を新たにリコ

MAGAZINE

特集:進化する中国軍

2016-10・ 4号(9/27発売)

高学歴人材、最新鋭兵器、洗練された組織......。かつてのイメージを覆す人民解放軍の知られざる変貌

人気ランキング

  • 1

    討論初戦はヒラリー圧勝、それでも読めない現状不満層の動向

  • 2

    ロシアの最新型原潜、極東に配備

  • 3

    打倒ディズニーを掲げる中国のテーマパーク

  • 4

    自治体のPR動画「ウナギ少女」がまるで変態ホラーだと騒ぎに

  • 5

    「親を捨てるしかない」時代に、子は、親は、どうすべきか

  • 6

    米テレビ討論、クリントン「二重の負担」で不利

  • 7

    国際競争力ランキング、スイスが8年連続首位 日本は8位に後退

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    芸能人の「一日警察署長」も、容疑者を逮捕できます

  • 10

    戦略なき日本の「お粗末」広報外交

  • 1

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 2

    エジプトの過激派にナチスからの地雷の贈り物

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    X JAPANのYOSHIKI、ニューヨークでコンサートを行うと発表

  • 5

    中国機内誌が差別的記述、撤回しても消せない傍若無人ぶり

  • 6

    安楽死が合法的でなければ、私はとうに自殺していた

  • 7

    討論初戦はヒラリー圧勝、それでも読めない現状不満層の動向

  • 8

    家事をやらない日本の高齢男性を襲う熟年離婚の悲劇

  • 9

    ロシアの最新型原潜、極東に配備

  • 10

    米テレビ討論、クリントン「二重の負担」で不利

  • 1

    金正恩「公式行事での姿勢が悪い」と副首相を処刑

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 4

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 5

    改めて今、福原愛が中国人に愛されている理由を分析する

  • 6

    蓮舫氏へ、同じ「元・中国人、現・日本人」としての忠言

  • 7

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬犠牲に

  • 8

    「スタバやアマゾンはソーセージ屋台1軒より納税額が少ない」オーストリア首相が猛批判

  • 9

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 10

    核攻撃の兆候があれば、韓国は平壌を焼き尽くす

 日本再発見 「東京のワンテーマ・ミュージアム」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

辣椒(ラージャオ、王立銘)

スマホに潜む「悪魔」が中国人を脅かす

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

STORIES ARCHIVE

  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月