最新記事

ハッカー

ISISがフェイスブックのザッカーバーグに報復宣言

ISIS Threatens Facebook's Mark Zuckerberg and Twitter's Jack Dorsey

フェイスブックとツイッターのアカウントを乗っ取って支援者に分配すると息巻くが

2016年2月26日(金)17時00分
ジャック・ムーア

名指しの脅迫 今週配信された動画に含まれていたザッカーバーグ(右)とドーシーのイメージ画像 ISIS MEDIA

 ISIS(自称「イスラム国」、別名ISIL)のハッカー集団が、今週配信した動画の中で、フェイスブックのマーク・ザッカ―バーグCEOとツイッターのジャック・ドーシーCEOを名指しして報復を宣言した。ソーシャルメディア各社が、ネット上でプロパガンダを行うISIS関連のアカウントを削除するなど対策を強化していることへの反撃だ。

顔写真に銃弾は虚勢?

 IT情報サイト「vocativ」によると、今週配信されたのは25分の動画で、この中にはザッカ―バーグとドーシーの顔写真に銃弾が撃ち込まれたイメージ画像もあった。「カリフ(イスラム指導者)の軍隊の息子たち」と自称するISISのハッカー集団は動画の中で、フェイスブック、ツイッターのアカウントを乗っ取り、ユーザーのプロフィール写真を勝手に変更し、ISIS関連のプロパガンダを配信すると宣言した。

【参考記事】グーグルが説く、ネット上のISIS封じ込め策

「お前たちは毎日、我々の多くのアカウントを閉鎖したと宣伝しているが、ならば言う。これがお前たちにできるすべてなのか? お前たちは我々と同等のレベルにさえ至っていない」というメッセージが動画中に表示される。「お前たちが1つアカウントを閉じれば我々は10のアカウントを開く。そしてお前たちのサイトを削除して、すぐにお前の名前を消してやる。これはアラーの思し召しでアラーは我々の言うことが真実だと知っている」

 ISISのハッカー集団は、これまでにフェイスブックのアカウント1万、フェイスブックのグループ150、ツイッターのアカウント5000を乗っ取り、「支援者に分配した」と主張している。

 先週発表された、ジョージ・ワシントン大学によるテロ活動の調査報告書によると、ISISの英語を使ったツイッターのプロパガンダは、テロ対策によってかなりのダメージを受けている。今月ツイッターが明らかにしたところによると、昨年中盤以降、ISIS関連のアカウント12万5000を削除したという。どのアカウントを停止するかどうかの判断は、人的判断と技術的な解析を総合して行われている。

「暴力的テロ活動の宣伝にツイッターを使用することを強く非難する」と、ツイッターは今月5日の声明で述べている。「こうした行動、またはいかなる暴力的恐喝も、ツイッターのサービス上では認めない」

新たな対ISIS連合も発足

 各ソーシャルメディアと同様、各国政府もオンライン上で行動を起こしている。イギリスのジョージ・オズボーン財務相は昨年11月、ISISの人員募集のネットワークと通信に対して電子攻撃を実行できるよう、イギリスのサイバーセキュリティ対策の能力向上を図っていると語った。

 ISIS側もこれまで多くのサイバー攻撃を実行しているが、その成功例は限られている。

【参考記事】アノニマスがISISへの一斉攻撃を呼び掛け

 ISISに対しては、国際的なハッカー集団アノニマスが、昨年末に「全面戦争」を宣言した。ISISはアノニマスのメンバーを「ばか」と呼び、先月パレスチナ系のハッカーグループ「アノンゴースト」と協調して、「ゴースト・カリフェート」という新しいハッカー組織を結成したことを明らかにした。

ニュース速報

ワールド

イラン、シェア拡大容認されれば協調する意向─石油相

ビジネス

GPIF、4─6月期の運用損5.2兆円 2期連続の

ビジネス

日経平均は続落、ポジション調整売りに押される

ビジネス

ドル100円半ばでこう着、イエレン待ちで動意欠く

MAGAZINE

特集:世界が期待するTOKYO

2016-8・30号(8/23発売)

リオ五輪の熱狂は4年後の東京大会へ── 世界は2020年のTOKYOに何を期待するのか

人気ランキング

  • 1

    歯磨きから女性性器切除まで、世界の貧困解決のカギは「女性の自立」にある

  • 2

    イタリア中部地震、死者少なくとも159人 多くは休暇シーズンの観光客か

  • 3

    麻薬撲滅を注力のフィリピン、密輸問題で中国大使に説明求める

  • 4

    イタリア中部地震、一夜明け死者数247人に急増

  • 5

    中国、月に有人基地建設を計画:強力レーダーで地球を観測

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 8

    リオ五輪閉幕、ブラジルを待ち構える厳しい現実

  • 9

    イタリア中部地震で37人死亡、市長「生き物の気配がしない」

  • 10

    トルコのクーデータ未遂事件後、「シリア内戦」の潮目が変わった

  • 1

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 2

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 3

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 6

    リオ五輪でプロポーズが大流行 「ロマンチック」か「女性蔑視」か

  • 7

    リオ五輪、英国のメダルラッシュが炙りだしたエリートスポーツの光と影

  • 8

    【動画】流血の男児映像が映し出す地獄とヒーロー

  • 9

    「ドーピング」に首まで浸かった中国という国家

  • 10

    NSAの天才ハッカー集団がハッキング被害、官製ハッキングツールが流出

  • 1

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 2

    中国衝撃、尖閣漁船衝突

  • 3

    戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

  • 4

    日銀は死んだ

  • 5

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 6

    【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(前編)

  • 7

    トランプには「吐き気がする」──オランド仏大統領

  • 8

    イチロー3000本安打がアメリカで絶賛される理由

  • 9

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 10

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

小幡 績

日銀は死んだ

STORIES ARCHIVE

  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月