最新記事

ハッカー

ISISがフェイスブックのザッカーバーグに報復宣言

ISIS Threatens Facebook's Mark Zuckerberg and Twitter's Jack Dorsey

フェイスブックとツイッターのアカウントを乗っ取って支援者に分配すると息巻くが

2016年2月26日(金)17時00分
ジャック・ムーア

名指しの脅迫 今週配信された動画に含まれていたザッカーバーグ(右)とドーシーのイメージ画像 ISIS MEDIA

 ISIS(自称「イスラム国」、別名ISIL)のハッカー集団が、今週配信した動画の中で、フェイスブックのマーク・ザッカ―バーグCEOとツイッターのジャック・ドーシーCEOを名指しして報復を宣言した。ソーシャルメディア各社が、ネット上でプロパガンダを行うISIS関連のアカウントを削除するなど対策を強化していることへの反撃だ。

顔写真に銃弾は虚勢?

 IT情報サイト「vocativ」によると、今週配信されたのは25分の動画で、この中にはザッカ―バーグとドーシーの顔写真に銃弾が撃ち込まれたイメージ画像もあった。「カリフ(イスラム指導者)の軍隊の息子たち」と自称するISISのハッカー集団は動画の中で、フェイスブック、ツイッターのアカウントを乗っ取り、ユーザーのプロフィール写真を勝手に変更し、ISIS関連のプロパガンダを配信すると宣言した。

【参考記事】グーグルが説く、ネット上のISIS封じ込め策

「お前たちは毎日、我々の多くのアカウントを閉鎖したと宣伝しているが、ならば言う。これがお前たちにできるすべてなのか? お前たちは我々と同等のレベルにさえ至っていない」というメッセージが動画中に表示される。「お前たちが1つアカウントを閉じれば我々は10のアカウントを開く。そしてお前たちのサイトを削除して、すぐにお前の名前を消してやる。これはアラーの思し召しでアラーは我々の言うことが真実だと知っている」

 ISISのハッカー集団は、これまでにフェイスブックのアカウント1万、フェイスブックのグループ150、ツイッターのアカウント5000を乗っ取り、「支援者に分配した」と主張している。

 先週発表された、ジョージ・ワシントン大学によるテロ活動の調査報告書によると、ISISの英語を使ったツイッターのプロパガンダは、テロ対策によってかなりのダメージを受けている。今月ツイッターが明らかにしたところによると、昨年中盤以降、ISIS関連のアカウント12万5000を削除したという。どのアカウントを停止するかどうかの判断は、人的判断と技術的な解析を総合して行われている。

「暴力的テロ活動の宣伝にツイッターを使用することを強く非難する」と、ツイッターは今月5日の声明で述べている。「こうした行動、またはいかなる暴力的恐喝も、ツイッターのサービス上では認めない」

新たな対ISIS連合も発足

 各ソーシャルメディアと同様、各国政府もオンライン上で行動を起こしている。イギリスのジョージ・オズボーン財務相は昨年11月、ISISの人員募集のネットワークと通信に対して電子攻撃を実行できるよう、イギリスのサイバーセキュリティ対策の能力向上を図っていると語った。

 ISIS側もこれまで多くのサイバー攻撃を実行しているが、その成功例は限られている。

【参考記事】アノニマスがISISへの一斉攻撃を呼び掛け

 ISISに対しては、国際的なハッカー集団アノニマスが、昨年末に「全面戦争」を宣言した。ISISはアノニマスのメンバーを「ばか」と呼び、先月パレスチナ系のハッカーグループ「アノンゴースト」と協調して、「ゴースト・カリフェート」という新しいハッカー組織を結成したことを明らかにした。

ニュース速報

ワールド

米上院共和党、予算決議案可決に必要な票党内で確保か

ワールド

カタルーニャ州、自治停止なら正式に独立宣言=関係筋

ワールド

協調減産9カ月延長、OPECで見解収れん=関係筋

ビジネス

ドル下落、低調な住宅着工統計受け=NY市場

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え中国にも圧力か?

  • 3

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為が危ない流行?

  • 4

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 5

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 6

    北朝鮮危機、ニクソン訪中に匹敵する米中合意の可能性

  • 7

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 8

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 9

    金正恩、中国共産党大会に祝賀メッセージ

  • 10

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 4

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 5

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 6

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 7

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 8

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 9

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 10

    北朝鮮がフィッシング攻撃、米電力会社が標的に

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月