最新記事

BOOKS

曖昧な君が代は「歌わない国歌にせよ」という提案

2016年1月5日(火)11時25分
印南敦史(書評家、ライター)

 では戦後、国民の「君が代」に対する考え方はどうだったのだろうか? このことについては1962(昭和37)年に行われた「朝日新聞」による世論調査の結果が引き合いに出されているが、そこで明らかになったのは「消極的な肯定」という国民の態度だ。


国民の多くは、「君が代」に対して「意味はよくわからないが、これでいい」という態度を取っていたらしい。(中略)なるほど「君が代」は法律によって国歌と定められていたわけではなかった。戦後の日本は民主国家なので、事実上の国歌に収まるためには国民の支持や同意も必要だろう。ただ(中略)戦後の日本でも「君が代」は事実上の国歌として通用し続けていたのではないかと思われる。政府も長らく慣習としてそのように扱ってきた。(222ページより)

 つまりはこうした"曖昧なバックグラウンド"があったからこそ、文部省と教職員らとの対立も深まったのかもしれない。ちなみに、「君が代」は1999年に「国旗国歌法」の施行により国歌として法制化されたが、それは国民に「君が代」の斉唱を義務づけたものではなかったこともあり、以後も論争は続くことになる。

 さて、こうしてまとめてみただけでも充分にややこしい「君が代」だが、では私たちは結局のところ、この歌とどう関わっていけばいいのだろうか? このことについて著者は、本書の最後で重要な提案をしている。

 大雑把にいえば、「君が代」は日本の国歌として受け入れ、しかし歌うことは強制せず、複雑な歴史を学んでいくべきだということ。なかでも注目すべきは、「君が代」を「歌う国歌」から「聴く国歌」に変えてはどうかという考え方である。


「歌う」という行為は、強制された時の屈辱感や抑圧感がとても強い。それは日本が急速に近代化する時には必要だったのかもしれないが、今やそんな時代でもないだろう。(中略)これに比べ、「聴く」という行為は、(一分程度であれば)強制されてもそれほど強い抑圧感はもたらさない。実際、多くの日本人にとって「君が代」はすでに「聴く国歌」となっている。(253ページより)

 たしかにそのとおりで、私も歌わされることには抵抗があるが、だからといって否定派だというわけでもなく、楽曲としての「君が代」は聴くたびに「いい曲だな」と感じる。ましてや右とか左とか、そういうことでもないように思える。

 思想信条以前に、そのような感覚は誰のなかにもあるのではないだろうか? だからこそ、感情的になったり、その結果としてなんらかの考え方を押しつけたりするのではなく、「私たちの歌」として個々人が大切にしていけばいいのではないかということだ。それは「決定的な答え」ではないかもしれないが、「ひとつの答え」ではあり、それが重要だと考えるのである。

<*下の画像をクリックするとAmazonのサイトに繋がります>


『ふしぎな君が代』
 辻田真佐憲 著
 幻冬舎新書

[筆者]
印南敦史
1962年生まれ。東京都出身。書評家、ライター。広告代理店勤務時代にライターとして活動開始。現在は他に、「ライフハッカー[日本版]」「Suzie」「WANI BOOKOUT」などで連載を持つほか、多方面で活躍中。

ニュース速報

ビジネス

象牙規制:国内取引残る日本、中国の「転向」で非難の

ビジネス

象牙取引:日米ヤフーに対応の差、日本の取引サイトに

ビジネス

中国経済は「新常態」に、ファンダメンタルズは変わら

ビジネス

アサヒ、欧州事業買収後もM&A先の研究・検討は継続

MAGAZINE

特集:トランプ・ワールドの希望なき幕開け

2017-1・24号(1/17発売)

ドナルド・トランプがついに米大統領就任へ──。「異次元の政治家」にできること、できないこと

人気ランキング

  • 1

    南シナ海の人工島封鎖で米中衝突が現実に?

  • 2

    北朝鮮が国家ぐるみで保険金詐欺、毎年数十億円を稼ぐ

  • 3

    トランプ大統領就任式ボイコット続出、仕掛け人のジョン・ルイスって誰?

  • 4

    ベーシックインカム、フィンランドが試験導入。国家…

  • 5

    トルコ航空貨物機、キルギスで墜落 少なくとも20人…

  • 6

    ナイジェリアを「金で買った」中国――「一つの中国」…

  • 7

    英メイ首相、EUの単一市場と関税同盟からの撤退表明へ

  • 8

    「南シナ海の人工島封鎖なら、米国は戦争覚悟すべき…

  • 9

    サイバー対策の責任者となるジュリアーニの、お粗末…

  • 10

    ダライ・ラマ制裁に苦しむ、モンゴルが切るインドカ…

  • 1

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 2

    トランプ当選初会見でメディアを批判 ツイッターなどSNS大炎上

  • 3

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 4

    「南シナ海の人工島封鎖なら、米国は戦争覚悟すべき…

  • 5

    トランプの娘婿クシュナーが大統領上級顧問になる悪夢

  • 6

    オバマ、バイデン副大統領に最後のサプライズで勲章…

  • 7

    ロシアのサイバー攻撃をようやく認めたトランプ

  • 8

    南シナ海の人工島封鎖で米中衝突が現実に?

  • 9

    ダライ・ラマ制裁に苦しむ、モンゴルが切るインドカ…

  • 10

    北朝鮮が国家ぐるみで保険金詐欺、毎年数十億円を稼ぐ

  • 1

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 2

    キャリー・フィッシャー死去、でも「2017年にまた会える」

  • 3

    オバマが報復表明、米大統領選でトランプを有利にした露サイバー攻撃

  • 4

    「知能が遺伝する」という事実に、私たちはどう向き…

  • 5

    トルコのロシア大使が射殺される。犯人は「アレッポ…

  • 6

    トランプ当選初会見でメディアを批判 ツイッターな…

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    日本の制裁措置に韓国反発 企画財政省「スワップ協…

  • 9

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 10

    安倍首相の真珠湾訪問を中国が非難――「南京が先だろ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本の観光がこれで変わる?
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月