最新記事

BOOKS

曖昧な君が代は「歌わない国歌にせよ」という提案

2016年1月5日(火)11時25分
印南敦史(書評家、ライター)

 では戦後、国民の「君が代」に対する考え方はどうだったのだろうか? このことについては1962(昭和37)年に行われた「朝日新聞」による世論調査の結果が引き合いに出されているが、そこで明らかになったのは「消極的な肯定」という国民の態度だ。


国民の多くは、「君が代」に対して「意味はよくわからないが、これでいい」という態度を取っていたらしい。(中略)なるほど「君が代」は法律によって国歌と定められていたわけではなかった。戦後の日本は民主国家なので、事実上の国歌に収まるためには国民の支持や同意も必要だろう。ただ(中略)戦後の日本でも「君が代」は事実上の国歌として通用し続けていたのではないかと思われる。政府も長らく慣習としてそのように扱ってきた。(222ページより)

 つまりはこうした"曖昧なバックグラウンド"があったからこそ、文部省と教職員らとの対立も深まったのかもしれない。ちなみに、「君が代」は1999年に「国旗国歌法」の施行により国歌として法制化されたが、それは国民に「君が代」の斉唱を義務づけたものではなかったこともあり、以後も論争は続くことになる。

 さて、こうしてまとめてみただけでも充分にややこしい「君が代」だが、では私たちは結局のところ、この歌とどう関わっていけばいいのだろうか? このことについて著者は、本書の最後で重要な提案をしている。

 大雑把にいえば、「君が代」は日本の国歌として受け入れ、しかし歌うことは強制せず、複雑な歴史を学んでいくべきだということ。なかでも注目すべきは、「君が代」を「歌う国歌」から「聴く国歌」に変えてはどうかという考え方である。


「歌う」という行為は、強制された時の屈辱感や抑圧感がとても強い。それは日本が急速に近代化する時には必要だったのかもしれないが、今やそんな時代でもないだろう。(中略)これに比べ、「聴く」という行為は、(一分程度であれば)強制されてもそれほど強い抑圧感はもたらさない。実際、多くの日本人にとって「君が代」はすでに「聴く国歌」となっている。(253ページより)

 たしかにそのとおりで、私も歌わされることには抵抗があるが、だからといって否定派だというわけでもなく、楽曲としての「君が代」は聴くたびに「いい曲だな」と感じる。ましてや右とか左とか、そういうことでもないように思える。

 思想信条以前に、そのような感覚は誰のなかにもあるのではないだろうか? だからこそ、感情的になったり、その結果としてなんらかの考え方を押しつけたりするのではなく、「私たちの歌」として個々人が大切にしていけばいいのではないかということだ。それは「決定的な答え」ではないかもしれないが、「ひとつの答え」ではあり、それが重要だと考えるのである。

<*下の画像をクリックするとAmazonのサイトに繋がります>


『ふしぎな君が代』
 辻田真佐憲 著
 幻冬舎新書

[筆者]
印南敦史
1962年生まれ。東京都出身。書評家、ライター。広告代理店勤務時代にライターとして活動開始。現在は他に、「ライフハッカー[日本版]」「Suzie」「WANI BOOKOUT」などで連載を持つほか、多方面で活躍中。

ニュース速報

ワールド

印首相への貿易・投資分野での対応要請、米議員がトラ

ワールド

フィリピン特使、南部のIS系勢力と会談

ビジネス

タカタ会長は事業譲渡後に辞任、負債総額は再生手続き

ビジネス

タカタが民事再生法適用を申請、KSS・自動車各社が

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 2

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 3

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷蔵庫

  • 4

    イギリス高層住宅の外壁に可燃性素材 イングランド…

  • 5

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 6

    【動画】ISIS発祥の地ヌーリ・モスク最後の日

  • 7

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動…

  • 8

    中国の自転車シェアリング大手、世界へ拡大 7月には…

  • 9

    小池都政に「都民」と「民意」は何を求めているのか

  • 10

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 1

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 2

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 3

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 4

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍と…

  • 5

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 6

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 9

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 10

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月