最新記事

BOOKS

曖昧な君が代は「歌わない国歌にせよ」という提案

2016年1月5日(火)11時25分
印南敦史(書評家、ライター)

 では戦後、国民の「君が代」に対する考え方はどうだったのだろうか? このことについては1962(昭和37)年に行われた「朝日新聞」による世論調査の結果が引き合いに出されているが、そこで明らかになったのは「消極的な肯定」という国民の態度だ。


国民の多くは、「君が代」に対して「意味はよくわからないが、これでいい」という態度を取っていたらしい。(中略)なるほど「君が代」は法律によって国歌と定められていたわけではなかった。戦後の日本は民主国家なので、事実上の国歌に収まるためには国民の支持や同意も必要だろう。ただ(中略)戦後の日本でも「君が代」は事実上の国歌として通用し続けていたのではないかと思われる。政府も長らく慣習としてそのように扱ってきた。(222ページより)

 つまりはこうした"曖昧なバックグラウンド"があったからこそ、文部省と教職員らとの対立も深まったのかもしれない。ちなみに、「君が代」は1999年に「国旗国歌法」の施行により国歌として法制化されたが、それは国民に「君が代」の斉唱を義務づけたものではなかったこともあり、以後も論争は続くことになる。

 さて、こうしてまとめてみただけでも充分にややこしい「君が代」だが、では私たちは結局のところ、この歌とどう関わっていけばいいのだろうか? このことについて著者は、本書の最後で重要な提案をしている。

 大雑把にいえば、「君が代」は日本の国歌として受け入れ、しかし歌うことは強制せず、複雑な歴史を学んでいくべきだということ。なかでも注目すべきは、「君が代」を「歌う国歌」から「聴く国歌」に変えてはどうかという考え方である。


「歌う」という行為は、強制された時の屈辱感や抑圧感がとても強い。それは日本が急速に近代化する時には必要だったのかもしれないが、今やそんな時代でもないだろう。(中略)これに比べ、「聴く」という行為は、(一分程度であれば)強制されてもそれほど強い抑圧感はもたらさない。実際、多くの日本人にとって「君が代」はすでに「聴く国歌」となっている。(253ページより)

 たしかにそのとおりで、私も歌わされることには抵抗があるが、だからといって否定派だというわけでもなく、楽曲としての「君が代」は聴くたびに「いい曲だな」と感じる。ましてや右とか左とか、そういうことでもないように思える。

 思想信条以前に、そのような感覚は誰のなかにもあるのではないだろうか? だからこそ、感情的になったり、その結果としてなんらかの考え方を押しつけたりするのではなく、「私たちの歌」として個々人が大切にしていけばいいのではないかということだ。それは「決定的な答え」ではないかもしれないが、「ひとつの答え」ではあり、それが重要だと考えるのである。

<*下の画像をクリックするとAmazonのサイトに繋がります>


『ふしぎな君が代』
 辻田真佐憲 著
 幻冬舎新書

[筆者]
印南敦史
1962年生まれ。東京都出身。書評家、ライター。広告代理店勤務時代にライターとして活動開始。現在は他に、「ライフハッカー[日本版]」「Suzie」「WANI BOOKOUT」などで連載を持つほか、多方面で活躍中。

ニュース速報

ビジネス

寄り付きの日経平均は反発、1万9500円台回復 米

ビジネス

アングル:ECBの出口政策、テーパータントラム再燃

ワールド

相互に核の脅威と非難、軍縮会議で米朝応酬

ワールド

米、1100万ドル没収求め北朝鮮関連企業提訴 資金

MAGAZINE

特集:プーチンの新帝国

2017-8・29号(8/22発売)

内向きのトランプを尻目に中東、欧州そして北極へと「新帝国」拡大を目指すプーチン露大統領の野心と本心

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    トランプ ─ 北朝鮮時代に必読、5分でわかる国際関係論

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    英ケンブリッジ大学がチャイナ・マネーに負けた!----世界の未来像への警鐘

  • 4

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 5

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 6

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 7

    北朝鮮問題の背後で進むイラン核合意破棄

  • 8

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 9

    バノン抜きのトランプ政権はどこに向かう?

  • 10

    有事想定の米韓軍事演習、北朝鮮「暗殺陰謀」と反発

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 3

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

  • 4

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 5

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 6

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 7

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 8

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 4

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を…

  • 5

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 6

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 7

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 8

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 9

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 10

    対北朝鮮「戦争」までのタイムテーブル 時間ととも…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月