最新記事

サウジアラビア

イランと国交断交、シーア派指導者処刑で宗派対立悪化

在サウジのイランの全外交官や関係者に対し、48時間以内の国外退去を命じる

2016年1月4日(月)12時50分

1月3日、サウジアラビアはイランの首都テヘランのサウジ大使館襲撃を受け、イランとの外交関係を断絶した。写真はサウジアラビアのジュベイル外相。2015年12月撮影(2016年 ロイター/Jacky Naegelen)

 サウジアラビアは3日、イランの首都テヘランのサウジ大使館襲撃を受け、イランとの外交関係を断絶した。イスラム教スンニ派のサウジ王室と国民の大半をシーア派が占めるイランの関係は、サウジがサウジ王室に批判的だったシーア派の有力指導者ニムル師を処刑して以来、急速に悪化している。

 サウジのジュベイル外相は記者会見で、在サウジのイランの全外交官や関係者に対し、48時間以内の国外退去を命じたと明らかにした。

 サウジの断交発表を受け、イランのHossein Amir-Abdollahian外務副大臣は国営テレビに対し、サウジは外交関係を絶つことで「ニムル師処刑という大きな過ち」を隠すことはできないと非難した。

 オバマ米政権の当局者は「相違を乗り越えるには外交交渉と直接対話が引き続き不可欠だと考えている」とし、「地域の指導者に対し緊張緩和に向けて積極的に取り組むよう今後も要請していく」と述べた。

 テヘランでは3日、ニムル師の処刑に抗議する群衆がサウジ大使館を襲撃し、家具を破壊するなどした。

 イランの国営メディアによると、ロウハニ大統領は処刑を「非人道的だ」と非難した一方で、サウジ大使館と北東部マシャドのサウジ領事館を襲撃した人物の訴追を要請した。テヘランの警察当局者は火炎瓶や石で大使館を襲撃したとして複数の人物を逮捕したと述べた。検察当局者によると40人が身柄を拘束されている。

 イランの最高指導者ハメネイ師は、サウジの政治家らが「神の報復」を受けるだろうと非難した。

 シーア派が政府を主導するイラクでは、宗教・政治指導者らがサウジとの断交を求め、過激派組織「イスラム国」に対抗するため協力関係を構築しようとするサウジの取り組みを疑問視した。

  

[リヤド 3日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2015トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

イタリア中部地震、一夜明け死者数247人に急増

ビジネス

ドル100円半ば、イベント前に「煮詰まり感」広がる

ビジネス

日経平均は小反落、FRB議長の講演控え様子見姿勢

ワールド

シリア政府軍が化学兵器使用、ISもマスタードガス=

MAGAZINE

特集:世界が期待するTOKYO

2016-8・30号(8/23発売)

リオ五輪の熱狂は4年後の東京大会へ── 世界は2020年のTOKYOに何を期待するのか

人気ランキング

  • 1

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 2

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 3

    イタリア中部地震で37人死亡、市長「生き物の気配がしない」

  • 4

    イタリア中部地震、死者少なくとも159人 多くは休暇シーズンの観光客か

  • 5

    イタリア中部M6.2の地震で少なくとも6人死亡、建物損壊で住民が下敷きに

  • 6

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    自衛隊、安保法制に基づく駆け付け警護など「集団的自衛権」の訓練開始

  • 9

    氷河を堰き止めている棚氷が崩壊の危機

  • 10

    リオ五輪閉幕、ブラジルを待ち構える厳しい現実

  • 1

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 2

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 3

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 6

    リオ五輪、英国のメダルラッシュが炙りだしたエリートスポーツの光と影

  • 7

    「ドーピング」に首まで浸かった中国という国家

  • 8

    リオ五輪でプロポーズが大流行 「ロマンチック」か「女性蔑視」か

  • 9

    中国を捨てて、いざ「イスラム国」へ

  • 10

    希望のない最小の島国ナウルの全人口をオーストラリアに移住させる計画はなぜ頓挫したか

  • 1

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 2

    中国衝撃、尖閣漁船衝突

  • 3

    戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

  • 4

    日銀は死んだ

  • 5

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 6

    【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(前編)

  • 7

    トランプには「吐き気がする」──オランド仏大統領

  • 8

    イチロー3000本安打がアメリカで絶賛される理由

  • 9

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 10

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
Newsweek特別試写会2016初秋「ハドソン川の奇跡
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

小幡 績

日銀は死んだ

STORIES ARCHIVE

  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月